無料アクセス解析

欧州選手権2017:女子SP(タラソワコメント付):1メドヴェデワ2ポゴリラヤ3コストナー4ソツコワ5ルカヴェリエ6トス

欧州選手権2017、女子SPです。タラソワのコメント付き。

(参考)
欧州選手権2017:女子SPインタ:メドヴェデワ、ポゴリラヤ、ソツコワ




テーマ: フィギュアスケート | ジャンル: スポーツ

カロリーナ・コストナー:ドーピング事件の後、私はここサンクトペテルブルクで、氷上に救いを見つけた

カロリーナ・コストナーがロシアのスポーツチャンネルのインタビューに答えたものが掲載されていたので紹介します。




テーマ: フィギュアスケート | ジャンル: スポーツ

プルシェンコだけじゃない、王者の帰還【ロシア記事】(1)浅田真央

Gazeta.ruに掲載された掲題の記事を、3回にわたって紹介します。第1回は浅田真央です。

※ミーシン・コーチの毒舌はデフォルトです。

プルシェンコだけじゃない、王者の帰還【ロシア記事】(1)浅田真央
プルシェンコだけじゃない、王者の帰還【ロシア記事】(2)パトリック・チャン
プルシェンコだけじゃない、王者の帰還【ロシア記事】(3)エヴゲニー・プルシェンコ
プルシェンコだけじゃない、王者の帰還【ロシア記事】(4)順番を待っているのは



テーマ: フィギュアスケート | ジャンル: スポーツ

コストナー、1年4ヶ月の資格停止処分に メダルは剥奪されず

カロリーナ・コストナーのドーピング補助の件について報道がありましたのでイタリア語→ロシア語→日本語でどこまで正確かはわかりませんが紹介します。

* * *

コストナー、1年4ヶ月の資格停止処分に メダルは剥奪されず


http://rsport.ru/figure_skating/20150116/799994153.html

ソチ・オリンピック銅メダリストのカロリーナ・コストナーは、同国人で、過去のボーイフレンドであった2008年オリンピック50km競歩金メダリストのアレックス・シュヴァーツァーのドーピング事件に関し、資格停止処分を受けたが、メダルは剥奪されないとGazzetta dello Sport紙が伝えている。

金曜日に、コストナーに対する1年4ヶ月の資格停止処分が発表された。資格停止処分は金曜日に開始されている。検察側は以前、コストナーに対し4年3ヶ月の資格停止処分を求めていたが、そのわずか後に資格停止期間を2年3ヶ月に変えていた。

臨時ドーピング検査を避けるため、コストナーにドーピング検査官に嘘をついてもらうなど数回助けてもらったとシュヴァーツァーが公表してから、コストナーはシュヴァーツァー事件の担当に2度の取り調べを受けていた。

シュヴァーツァーは2012年ロンドン・オリンピック前に禁止薬物を使用したとして逮捕され、代表から外されている。その結果、2016年1月29日まで3年半の競技出場停止処分と、執行猶予付きで8ヶ月の禁固処分を受けた。

コストナーは2014年冬季オリンピック銅メダリストで、2012年ワールド金メダリスト、5回のユーロ金メダリスト(2007、2008、2010、2012、2013)である。コストナーはイタリアで初めてジュニアワールドのメダルを獲得し(2013銅)、グランプリファイナルで優勝(2011/12シーズン)、ユーロとワールドの金メダルを獲得している。

***

コストナーの資格停止処分に関し弁護士はスポーツ仲裁裁判所に控訴


http://rsport.ru/figure_skating/20150116/799998188.html

イタリアのカロリーナ・コストナーの弁護士であるジョヴァンニ・フォンタナは、コストナーの同国人であり過去のボーイフレンドであった2008年オリンピック50km競歩金メダリストのアレックス・シュヴァーツァーのドーピング事件に関連しコストナーが資格停止処分を受けた件で、ローザンヌのスポーツ仲裁裁判所に控訴すると発表したと、Gazetta dello Sport紙は伝えている。

「我々は言うまでもなく控訴する」とフォンタナは発言した。

コストナー自身は「公平さを獲得するまで、最後まで道のりを歩むつもり」と話している。

(後略)

テーマ: フィギュアスケート | ジャンル: スポーツ

カロリーナ・コストナー:WADAの検査官に嘘をついたけど、シュヴァーツァーがドーピングしてるなんて知らなかった

カロリーナ・コストナーが、ボーイフレンドのアレックス・シュヴァーツァーのドーピング検査の件で虚偽の申告をしたとして資格停止処分が検討されていることについて、ロシアSport.ruがイタリア紙のインタビューのAFP翻訳を引用して伝えていますので紹介します。

翻訳の4乗なのでどこまで正確かわかりませんが、ご参考まで。

* * *

カロリーナ・コストナー:WADAの検査官に嘘をついたけど、シュヴァーツァーがドーピングしてるなんて知らなかった


http://www.sports.ru/others/figure-skating/1025426702.html

アレックスがドーピングをしてるなんて知っていたら、すべてを告白するよう説得したでしょう。彼の健康のためにも。共犯で責められていることはただただひどいこと。私はドーピングしたことは絶対にないし、シュヴァーツァーをそれで助けたこともない。彼の検査で陽性が出るまでそのことを全く知らなかった。ドーピングしていた人よりも長い期間の資格停止処分を私が受けるなんて、そんなことありえていいわけ?

(WADAの検査官に嘘をついた件について)
どう返事をすべきか決めるまで数秒しかなかった。私はアレックスにお願いされて嘘をついた。でも彼を隠そうとしたことなんて絶対ない、だって彼が何をしているのか全然知らなかったんだから。

(イタリアで禁止されている高圧カプセル※でシュヴァーツァーが寝ていたのを見た件について)
彼は呼吸を手助けするものと説明してくれた。そのときは彼に会えたことが嬉しかったから、そんなことを議論するので時間を失いたくなかった。もちろん、そのことを思い出してみると、そんな風に彼のことを信用してはいけなかったと思う。でもそのカプセルを見ても、ドーピングと結び付けられないでしょう。


※高圧カプセルか低圧カプセルかはわかりませんが暫定的に高圧カプセルとしています

テーマ: フィギュアスケート | ジャンル: スポーツ