無料アクセス解析

コフトゥン、ブヤノワ・コーチからゴンチャレンコ・コーチの下に移籍

コフトゥンがブヤノワからゴンチャレンコに移籍するというニュースです。




テーマ: フィギュアスケート | ジャンル: スポーツ

エレーナ・ラジオノワ:誰になりたいかって?アーティストと、本物のレディ!(2)身長が9cm伸びて

昨日アップしたラジオノワのインタの続き、完結編です。引き抜きの話なんてあったんですね(しかも、本人が知らないのに言うという…)。前回も書きましたが、記事の内容もさることながら写真が素晴らしいので、リンク元も見てみてください。

(1)日本人が私を掴んでる
(2)身長が9cm伸びて

* * *

エレーナ・ラジオノワ:誰になりたいかって?アーティストと、本物のレディ!


http://www.sovsport.ru/gazeta/article-item/778145
イネッサ・ラスカゾワ

続き

「ママは、厳しい批評家」


(ソチでのロシア選手権の際、7cm身長が伸びたとおっしゃっていましたね。)

お正月のあともう2cm伸びて、全部で9cm。すごく多いように見えるけど、技術的には悪くなってないし、身体の協調もまったく問題ないの!それに、コーチのインナ・ゲルマノヴナ・ゴンチャレンコも、私のことをとても細かいところまで感じてくれていて、そのおかげでこんな急速な成長も、まったく痛みなしで耐えることができた。


(細かいところまで感じてくれるのですか。つまり、ほとんどテレパシーのレベルまで?)

ええと、何か課題があるときとかでも、例えば、こうかな、コーチは、「ああ、それは今あなたに言おうとしてたことなのよ」と言ったりとか。起きていることについて、私はコーチの反応をあらかじめわかっていて、コーチも私の反応をわかってくれている。コーチとはどんなことでも話し合える。インナ・ゲルマノヴナ(・ゴンチャレンコ)はコーチで、私は教え子、なんていう壁はないみたい。コーチに慣れすぎて、もう2人目のママだと実際に思っている。本当のママよりもコーチの方がかなり多い時間を過ごしてるしね。練習は朝8時から夕方5時までだから!


(つまり、あなたにはママが2人いるのですね。お2人はおたがいにどう違いますか?ママそれぞれがそれぞれの役割があるとか。)

ママはママで、産みの親で、いつも支えてくれて、理解してくれて、本当のことを言ってくれる。コーチは自分の世界で働いてて、結果が必要だって知っている。コーチの立場はより厳格だけど、それは当然のこと。でも、ママが個人的に氷の上で見たいことを語り始めることもある。私にいろいろ注意したりとか。


(つまり、ママも批評家となるときがあるんですね。)

ええ、批判することもある。それは、私がより良くなれるよう臨んでるから。ママは私に軽やかであってほしいの。軽やかな、美しい滑り。ママはカロリーナ・コストナーの滑りが好きで、私にも美しく軽いジャンプ、軽い滑り、美しいスピン、素晴らしい柔軟性を持って欲しいと願ってる。つまり、私がただ理想的であることを夢見てるの。


(ママの期待がプレッシャーになることはないということですか?)


いえ、ママはただ自分の意見を声に出して言っているだけ。それはママの考え方で、私に聞いてほしいと思っている。ママはこうも言ったりする。「あなたはなるべきものになる」って。ママには、「レン、これとかあれとかも、やった方がいいんじゃない」って聞こえるらしいの。


「ソトニコワは私の友だちだと思ってる」


(フィギュアスケートを愛さずに、良い滑りはできるのでしょうか。)

そうじゃないと思う。自分についてだけど、フィギュアスケートは、私の人生で、毎日やるのが楽しいことで、それなしでは生きていられないもの。休みの時でも、2週目になるともう、リンクに立ちたくなる。希望がなければ、何もうまくいかないし、それはフィギュアスケートだけじゃないけど。


(しかし、親御さんがあなたをリンクに連れてき始めた一番最初のころは、おそらくすべてがちょっと違っていたのでは?)

最初は、私は足が曲がっていたから、足を真っすぐにするためにフィギュアスケートをやらせたの。パパのアイディアだった。それで、私が初めて大会に出たんだけど、ママは反対だった。まだこんな小さいのに、それにリンクはこんなに寒いのに、って思ったみたい。でも、それで優勝したの!それで、その後はうまく行き始めた。


(あなたには女子スケーターで本当の友人がいますか?エリザヴェータ・トゥクタムィシェワは、競争と友情は一緒にはありえないと思っているようですが。)

いえ、そうは思わない。私は、例えば、アデリナ・ソトニコワは友人だと言える。


(コーチであるインナ・ゴンチャレンコからあなたのことを引抜くという話があったという噂がありますが、本当ですか?)

誰がそんなことを?


(コーチがインタビューでそうおっしゃっていました。)


それ、初めて聞いた。私を引き抜きたいだなんて、全然知らない。


(お2人は13年もの関係があるわけですが、もしそんなことがおこったとして、実際にコーチを変えるなんて想像できますか?)

全然想像できない。何の問題もないのに、どうして変える必要がある?何かよりよいものを探しても、ただ悪くなってしまう。それに、インナ・ゲルマノヴナ(・ゴンチャレンコ)は、私のためにたくさんのものを犠牲にしている。


(何をですか?)

個人的なことだから、それは言えない。

(終わり)


テーマ: フィギュアスケート | ジャンル: スポーツ

エレナ・ラジオノワ:リプニツカヤとも、ソトニコワとも戦っていく

アメリカからロシアへと戻ってきたラジオノワとゴンチャレンココーチのインタビューがありましたので、紹介します。空港で荷物がなかなか出てこなくて疲労困憊してるところのインタビューみたいです。日本からのおみやげにはすごく感激していたようですね、スケアメの話よりそっちの話を楽しげに話してました。

* * *

エレナ・ラジオノワ:リプニツカヤとも、ソトニコワとも戦っていく


http://www.sovsport.md/gazeta/article-item/756016
イネッサ・ラスカゾワ

ただ戦争がなくなることを祈る
(レーナはスケートアメリカのショートでリーザ・トゥクタムィシェワに譲りましたが、すべてを決するフリーで、突然落ち着きましたね。その落ち着きはどのようにやってきたのでしょうか?)
(ラジオノワ)どのように、なんて、ちゃんとは言えない…。たぶん、やってきたと言うよりは、なくなった、という感じ。どうしても私が相いれなかった状況がなくなったということ。それで落ち着いたの。だいたい、最初からただ良い滑りをしたくて、クリーンに滑りたくて、順位なんて全然考えてなかった。

(昨年もスケート・アメリカから始まりましたが、そのときは浅田真央とアシュリー・ワグナーに負けました。)
(ゴンチャレンコ)いえ、そういうわけじゃない。昨年、レーナは浅田真央に負けたというよりも、スケートアメリカでまず華麗なデビューを飾ったということ。デビューで、一番若い出場者なのに、すぐにトップ3に分け入って、しかも、簡単に想像できるように、ライバルほどに名が知られていなかった。アメリカは私たちにとって良いスタートであって、成功だった。それでまた今回は素晴らしい演技ができるよう願いながらアメリカに行ってきた。実際は、スケジュールがあまり都合がいいものではなかった。最初「なにもできない」日が2日続いて、3日目にやっと環境に順応できたから、ショートの日はあまり良くない体調で臨むことになった。フリーはこういった状況を克服できて、何ができるかということを見せられた。

(レーナ、ラフマニノフという深い音楽で数べっていますが、そういった真剣なテーマを避けて子供を続けていたいとは思わなかったのでしょうか?)
(ラジオノワ)いえ、私は自分の感じてることを表現してる。戦争への反対とか…戦争が最終的に終わって、皆が幸せになれるようにと願っている。

(ウクライナでの先生を近く感じているのですか?親戚がいらっしゃるとか?)
(ゴンチャレンコ)もっと大きな意味でですよ。


「ゾンビ」の服を着たたくさんの日本の人形
(レーナ、以前は詩を書いていましたが、その後なぜかやめてしまったようですね。)
ただもう時間がなくて。でも読むのはとっても好き。今はフォンビジンの「未成年」を読んでる。

(スケートアメリカで優勝して、自分でも書きたいというインスピレーションや気持ちは戻ってきませんでしたか?)
まだ家にも着いてないから!フライトは大変だったし…「インスピレーション」なんて状況じゃない。

(アメリカではぬいぐるみで埋め尽くされたようですが、ホテルにおいて来なくてはいけなくなりましたか?それともスーツケースに全部入りました?)
全部持ってきたけど、まだ全然見てないの。ぬいぐるみ1つでも捨てようとする手は上がらない。あ、やっぱり違った、とってもかわいい大きな熊があったのをよく覚えてる!

(観客の反応をどう感じましたか?シカゴで、そこをホームにしているアメリカ・チャンピオンに勝利しましたが。)
(ラジオノワ)ネガティブなものなんか感じなかった。温かく迎えてくれて、グレイシー・ゴールドに比べても全然悪くなかった。でも、どこでも自国のスケーターの方が好きだってのはだいたい普通のこと。その意味で例外は日本だけ。日本では組織だったファンクラブがあって、日本人から素晴らしいプレゼントを貰ってるの。私のために枕まで縫ってくれたんだから。あと音符とか、十字架とか、私のコスチュームの人形とかも。特に、去年のエキシプロにちなんだ「ゾンビ」のコスチュームの人形が多くて、日本人にとっても気に入ってもらったみたい。私自身も好きなナンバーだけど。

(順位については考えたくないのかもしれませんが、代表の枠は3つしかないのに、そこに入ることを願っている女子、しかもその完全な権利がある女子の数はゆうにあふれています。そのことについてもまったく考えていないと?)
(ゴンチャレンコ)レーナにはそういったことを必ずしも考えなくていいと私は思う。そういったことを考えなければいけないのはむしろコーチ。私はもちろん考えている。スケーターは縁起をかつぐものだから、ご存知でしょう…。だから、そういった質問に対してはあまり答えたくないんです。

(ラジオノワ)いえ、どうして?競争は激しいけど、それを恐れたりしない。ただ、練習するだけ。


フィギュアスケートに友人はいない
(個人的な関係というのは影響がありますか?例えば、リーザ・トゥクタムィシェワはあなたを祝福する力を見つけましたが。)
ええ、おめでとうと言ってくれた。リーザとは普通に交流してる。

(でも、こういった状況で友人になるのは難しいのでは?)
フィギュアスケートに友人はいない。

(それは避けられないと?)
わからない。多くの女子、一緒に練習したり出演したりする女子とはいい関係にあるけど、友人というのはたくさんというのはありえない。時間が確認してくれるでしょう。

(今シーズンはエレナ・ラジオノワのシーズンになるはずだというイリヤ・アヴェルブフのインタビューを読みましたか?)
いえ、まだ読んでない。でもみんなと戦う気分あある。ユリヤ・リプニツカヤとも、アデリナ・ソトニコワとも。リーザ・トゥクタムィシェワとも。競争がなければスポーツもない、そうでしょ?

テーマ: フィギュアスケート | ジャンル: スポーツ

【プロフィール】 カユモワ / アルスウ

Каюмова Алсу Ринатовна
カユーモワ アルスウ (リナートヴナ)

2014/8/27 作成

関連記事(タグ)
http://moscowm.blog61.fc2.com/?tag=%E3%82%AB%E3%83%A6%E3%83%A2%E3%83%AF

誕生日:1999年7月12日
出身:モスクワ
身長:166cm
所属:CSKA(モスクワ)
コーチ:インナ・ゴンチャレンコ
振付師:エカテリナ・チホノワ、エレナ・マスレンニコワ
以前の指導者:ラリサ・フォミチョワ、ナタリヤ・ガヴリロワ
以前の振付師:アンナ・ビリビナ、イリナ・タガエワ
タイトル:ロシア・スポーツ・マスター

略歴
2003年 スケートを始める
CSKAでラリサ・フォミチョワに指導を受ける
2007-12年 ナタリヤ・ガヴリロワに指導を受ける
2010年からロシア代表チームメンバー
2012年4月 CSKAのインナ・ゴンチャレンコのチームに戻る

出場大会
【2014/15】
2014/8 JGPSスロベニア

【2013/14】
2014 ロシア・チャンピオンシップ 6位(153.53)
2014 ロシア・カップ・ファイナル 6位(153.15)
2014 ロシア選手権 14位(144.83)
2013 NRW杯(ジュニア) 2位(139.88)
2013 ロシア・カップ第3戦 2位(164.45)
2013 ロシア・カップ第2戦 3位(154.29)
2013 JGPSメキシコ 7位(127.56)

【2012/13】
2013 ロシア・カップ・ファイナル 5位(158.25)
2013 ロシア・チャンピオンシップ 14位(149.56)
2013 ロシア選手権 9位(163.51)

関連記事
・2014/6 新プログラム
fskate.ru記事

テーマ: フィギュアスケート | ジャンル: スポーツ

ゴンチャレンコ:「煮えたぎった鍋に飛び込むのは恐ろしいけど、私たちはそこで煮こまれている」(後):振付チームと新プロについて

ちょっと間が空いてしまいましたが、ラジオノワのコーチであるゴンチャレンコ・コーチのインタビューの後半部分を紹介します。最後のコーチ論の段落については割愛しました。コーチを育てるためにも支援が必要だという内容です。

前篇はこちら

* * *

インナ・ゴンチャレンコ:「煮えたぎった鍋に飛び込むのは恐ろしいけど、私たちはそこで煮こまれている」
http://fsrussia.ru/intervyu/114-inna-goncharenko-strashno-prygnut-v-kipyashchij-kotel-no-my-tam-varimsya.html

(続き)

(振付の作業は誰が手伝っているのですか?)
今回の合宿では、カーチャ・チホノワが新しい振付師として参加している。それから、ステップとダンスエレメンツの専門家としてセルゲイ・ヴェルビッロ。私たちのチームのコーチであるデニス・レウシン。すでに述べたとおり、イリヤ・アヴェルブフがレーナ・ラジオノワのプログラムの1つを振りつけてくれた。その他のスケーターの振付はエレナ・スタニスラヴォヴナ・マスレンニコワ。

彼女については詳しくお話ししたい。協力関係はすでに8年になる。エレナ・スタニスラヴォヴナ(・マスレンニコワ)は素晴らしいスペシャリスト。知的でしっかりしていて、頭もよく、明確かつ繊細なセンスを持ってる。経験と革新的なアイディアをうまく組み合わせてくれる。娘のワレリヤ・ランスカヤは劇場・映画女優。下の娘のナースチャもとても才能ある女の子。お分かりのとおり、エレナ・スタニスロヴォヴナ(・マスレンニコワ)はいつも劇場に通っていて、新作にも目を通している。最新の傾向や潮流にも通じている。ここから彼女の振付の多様性が生まれている。レーナ・ラジオノワのエキシプロで最高だったゾンビはみんなにとても愛されたけれども、これもマスレンニコワの仕事。

エレナ・スタニスラヴォヴナ(・マスレンニコワ)とは共通する部分が多くて、見方も似ている。でも重要なのは、私たちはお互いに補完しあっていること。時折彼女は私の嵐のような幻想を消して、必要な方向に流れを向けてくれる。

私たちが残念ながら唯一直面している問題は、エレナ・スタニスラヴォヴナ(・マスレンニコワ)がテレビ番組の「氷河期」※でも仕事をしていてとても忙しいということ。そのせいで、彼女はプログラムを振りつけて、その後半年はいなくなってしまう。その作業は最後まで持って行かなくては行けなくて、理解してくれる振付師が必要になる。

※有名人や素人がアイスダンス・ペアのプログラムで滑る番組

(それで何か問題でも?)
問題というのは、最初の構想を維持しながら振付作業を終わらせることができる振付師が必要だということ。マスレンニコワがプログラムを振付して、そこには良かれ悪かれ一定のアイディアが入っているのだけれども、それは私たちが表現したい構想でもある。しかし、振付師はよく自分自身の見方や考え方を持っていて、それにしたがってすべてを変え始めることがよくある。振付の段階からそういった振付師を呼んでくるよう努力していた。話を尽くして、説明してみせて。でも結局最後には全く違ったプログラムができあがってしまう。

今回はカーチャ・チホノワを招待した。すべて問題なくいくことを願う。カーチャ自身も全てに入り込むことが面白いようだ。

(新しいプログラムの作業で一番難しいことは?)
この仕事では捨てていいことがない。まったくすべての部品が重要な役割を演じている。でも、音楽の選択がコーチにとってとても重要な仕事で、それがときおり創造の苦悩へと変わってくる。この活動範囲でサポートしてくれるようなスペシャリストを見つけるのは本当に難しい。エレナ・スタニスラヴォヴナ(・マスレンニコワ)とか、音楽の録音・アレンジをしてくれるフィリップ・チョルノフのような。彼もとても才能のある人で引っ張りだこ。映画やテレビ、演劇の音楽を書いている。空いている時間を捻出するのが難しい。こういったクリエイティブな人たちはみな夜型で、夜に仕事をしているから、私たちと時間が合わない。コーチは朝早くからリンクに立っているから。でも合わせないといけない。

(シナリオの選択にはどうかかわっているのでしょうか?例えば、小さなスケーターに大人っぽいプログラムを組むときなど。)

どこに基準があるというの?ダーニャ・ベルナジネルは「ロミオとジュリエット」のミュージカル音楽で作ったプログラムを滑っている。ダーニャは14歳。でもロミオは何歳だった?それから、実際のシェークスピア作品がこの振付に何パーセント残っている?現代のポップ・カルチャーの言語への翻訳と言った方が近いでしょう。

フラメンコは真剣なテーマ。でもスペインでは3歳から子供が踊っている。タンゴは情熱のダンスと言われている。けれどタンゴは同時に民衆の踊りでもある。例えば、ロシアの「カリンカ」で、イリーナ・ロドニナとアレクサンドル・ザイツェフが演技をしていたけれども、その時には彼らはすでに経験あるタイトルをとっていたスケーターとなっていた。今はこの音楽を4歳のスケーターを選んでいる。「触らないで!まずは偉大な人たちのレベルにまで育ってからね」なんて言うの?そんなばかみたいな論理。

音楽がコーチとスケーターの心に響くかどうか、これが一番大切な基準。音楽が感情や苦しみ、思いを表現することを導き助けてくれるのなら、それを選んで滑ればいい。20歳になっても、例えばチャイコフスキーの作品を理解できなかったり、正しくない理解をしたりする人もいる。でも、何が正しいと言えるのだろうか?創造ではそんな質問に答えがないことがよくある。

(あなたは「ニューウェーブ」のコーチで、教え子とともに成熟のステージを通過しているところともいわれています。この先簡単になるのか、それともより難しくなるのか、どう思われますか?)
この先より悪くなって難しくなるとは思ったけど、簡単になるなんて全然思えない。煮えたぎった鍋に飛び込むのは怖いけど、私たち自身が飛び込んで煮こまれている。でも、問題ないとも思う。願いと目標があるのなら、そんな問題には注意を向けなくてもいい。

(後略、終)

テーマ: フィギュアスケート | ジャンル: スポーツ