無料アクセス解析

エヴゲニー・プルシェンコ:このフリーには、僕の人生全てがある!/フリーは180点超

怪我のあと、これまで鳴りを潜めていたプルシェンコが、ラトビア・リガで行われたボルボ・カップで復帰しました。復帰第1戦となった今回の大会で、ショート82.34、フリー180.91、合計263.25で優勝しました。

特にフリーでは4回転、3A2回を決めて、ISUのランキングポイントが付く大会で180点超えを出してきたことに驚愕。なお、今季のこれまでのフリーの世界最高は、ネーベルホルンで織田が出した175.64。

エヴゲニー・プルシェンコ:ボルボ杯FS1位180.91=88.71+92.20 http://youtu.be/p6ni6gOLbrU  4T,3A,3Lo,x,3A+3T,3Lz+2T+2Lo,3Lz,2S,2A 総合1位263.25

プログラムはThe Best Of Pluschenkoということで、彼の過去のプログラムの盛り合わせになっています。曲のアレンジがなかなか斬新で、プルシェンコが怪我のあとに4回転や3Aをきっちり決めてきたことよりもそちらの方に驚いてしまいました。ジャンプがしっかり決まっていたから、逆にプログラムが気になったということだと思います。

フリー後にインタビューをしていましたので、抄訳を紹介します。
やはり、このプロはまだ最終形ではないようですね。

* * *

エヴゲニー・プルシェンコ:このフリーには、僕の人生全てがある!
マリヤ・ヴォロビエワ
http://www.team-russia2014.ru/article/figur/12509.html

もちろん、今日リンクに出るときは不安だった(微笑)。でも、今日は昨日ほどではなかった。今朝の練習で4回の4回転のうち3回がうまくいっていたからね。それで自信が持てたんだ。全体としては立派に滑れたと思う(微笑)。自分自身に証明することができた。今日はプログラムをだいたい全て滑れた。

(昨日、「心の奥の何処かでスポーツに戻ってきたんだと感じた」と言っていたが、今日はその感覚はよりはっきりとしたのか)
今日はそれを100万%認識したよ(微笑)。でも、12回も手術を受けてきたから、占いみたいなことはこれまでとおり言いたくない、現実に生きているんだ。もちろん将来を占ったりすることはあるけど、スポーツでは生きているのは今日だけだ。練習するのがつらい、大会で滑りたくないと思う時もある。でも今日はおかげさまで邪魔するものは何もなかった。4回転には満足しているし、滑りきれた難しいプログラムにも満足。何よりも嬉しいのは、疲れていないということ。最後のステップでは、微笑みながら、感情的に滑っていた。実際は、大会前に気管支炎にかかってしまって、ほら、ずっと咳をしてるでしょ?でもそれはもう過ぎたこと。いずれにせよ演技を終えた。

(アレクセイ・ミーシン・コーチは、リガで「エコノミー・バージョン」を見せると言っていたが、まさか今日のは「エコノミー」ではないでしょう?)
今日のフリーは80%、ほとんどマックスだった。跳びたかった2つめの4回転はしなかった。アレクセイ・ニコラエヴィチ(・ミーシン)は、練習でも大会前のウォームアップでも、2つ目の4回転は跳ばなくていいと言っていた。様子を見て考えろと言われた。最初の4回転のあと、ぎりぎりまで2つ目を跳ぶつもりだったけど、ジャンプのわずか3秒前に頭のなかで何かが変わって、自分に言ったんだ。「今日は完全なプログラムはやめにしよう」ってね。オリンピックでは絶対に必要になる4回転2回を入れない、という意味で。

(次に観客が演技を見られるのはどの大会か)
僕のために応援して心配してくれているみんなに感謝したい。それが僕に力をくれているんだ!今日、大会に出る前にホテルの近くを散歩していると、「すみませんが、スケーターの方ですか?」と女の子に声をかけられた。僕はそうだと答えたんだ(微笑)。「もしかしてプルシェンコ?ここで何をしてらっしゃるんですか?」と彼女はさらに聞いてきた。みんなが応援してくれて、心配してくれていること、そのことに心からありがとうと言いたい。この後のこと?回復、プログラムの強化。プログラムはもっと滑りを詰めないといけないし、同時にコンディションを整え、痩せつつ筋肉を鍛えないと。することはたくさんあるよ!

(モスクワのGPSに向けて準備するのか)
本当のことを言うと、今のところ僕が考えているのは、明日ペテルブルクに戻ってハンティングにでかけようかっていうことだけなんだ(笑)。その後のことは少しずつ準備をしていくよ。もう何度も言っているけど、重要なのは4回目のオリンピックに出て3位以内の表彰台に上ることだからね。

(アレクセイ・ミーシンはこのシーズンにThe Best Of Pluschenkoプロを提案した。これまでの最高の振り付けを一つのプログラムで今日初めて滑ってどう感じた?)
このフリープログラムには、僕の人生すべてがある。もちろん、プロ全部を一つにいれこむことはできない。10分くらい滑っていいというのならできるけどね(微笑)!でも僕らはなんとかやろうとしてみた。まだ最後まで詰め切れてない材料だし、プログラムの最終形ではない。でも今日は心を込めて滑っていた。この振付が本当に好きだし、無駄にこういった部分部分を選んでいるわけではないからね。

(ジェーニャ、今はまだコンディションのピークではないと思うが、ピークまではまだ遠いのか)
本気で言ってる?そんなに遠くないよ(微笑)。でもやることが一杯待ってるよ!


テーマ: フィギュアスケート | ジャンル: スポーツ

プルシェンコインタ×2「4回転は入っていないけど、僕は幸せ」、麻酔注射4本射って出場

なんか手術したりしてたみたいですが、わたしは元気です。

走行しているうちに、NHK杯は始まるわプルシェンコは復帰するわでてんやわんやですが、まずはプルシェンコのインタ2本を紹介します。

プルシェンコ、麻酔注射を4本も射って出てるんですね…。それでも腰に不安はない、幸せだと言ってくれるところが嬉しいですし、4回転も3-3もなしできちんとした評価がされていたのは嬉しいですね。映像は遠くからなのでまだよくわかりません…。

* * *

エヴゲニー・プルシェンコ:今日は心の奥のどこかで感じた。またスケートに戻ってきたんだ!

http://www.team-russia2014.ru/article/figur/12471.html

今日はプログラムを感情を込めて滑ることができなかった。感情はどこかずっと遠く低い所にあった。でも僕には具体的な目的があった。ただジャンプやその他の技術的なエレメンツをするということだけ。

(この大会の日を終えてどんな感情を覚えた?)
今日、朝の練習を終えて更衣室に座って、振り付けのダヴィド・アヴドゥイシュに言ったんだ。「ねえ、この大会は、僕が11歳か12歳のときのような青春自体に戻ったみたいだよ」ってね。ペルミに行った時、キーロフで滑った時みたいな。今日、8-9歳の子供のとなりで着替えながら、リガじゃなくてなんか子供の大会にいるみたいに思えたんだ(笑)。でも、僕がここに来たのは、子供や強いライバル来そうためではなくて、自分自身と戦うためだ。不安、痛みを克服し、10ヶ月の回復期間を経て、ジャッジや観客、ファンの前でどう滑るのかを思い出さなければいけないからだ。リンクに出るときにファンの口から聞こえる「ロシア、前へ!」っていうような激励に応えるのが重要。興奮させてくれるし、僕にとっては重要な意味があるんだ。この大会は、僕の復帰の道で重要な段階。今日は楽しんで滑れた。名前が呼ばれた時に思わず笑みが出たくらいだから!心の奥のどこかで感じたんだ。小さいとはいえ、またスケートに戻ってきた、また大会に戻ってきたんだって。でも一番大切な、4回目のオリンピックという目標に到達するためには、小さいところからはじめないと。

(今、あなたは幸せ?)
もちろん!大会に向けて練習していた時、グリゴリー・レプスの「俺は幸せだ」って歌を聞いてたんだ。で、実際に幸せだったよ!

* * *

エヴゲニー・プルシェンコ:4回転はまだ。でもそれでも僕は幸せだ!
http://www.sovsport.md/news/text-item/657571

ご覧のとおり、まだ4回転は入れていない。自分の感情に意識的に沿っていたから、スピンも理想的には行かなかった。緊張に対処するのはそんなに簡単じゃなかったけど、自分の名前を呼ばれた時は、自分が微笑んでると感じた。今日は1日中レプスの「俺は幸せだ!」を聞いていた。僕は本当に、いずれにせよ幸せだ。今だから本当のことを言うけど、今日うまくかどうかなんて全く自信がなかったんだ。プログラムはもちろんまだ滑りきれていない。もちろんまだ最初の大会だから滑りきれるはずもないんだけどね。

(腰は不安じゃなかった?)
自分でも驚いているんだけど、最近は不安はないんだ。今日1日で4本の麻酔注射を射ってはいるんだけどね。練習の飴に2本、演技前に2本。でもちょっと保険をかけ過ぎた。余計だったかもしれないけど、必要だと僕らは計算したんだ。

* * *

ちなみに、グリゴリー・レプスの「俺は幸せだ!」はこんな歌です↓

テーマ: フィギュアスケート | ジャンル: スポーツ