無料アクセス解析

自主練習:サルコウ

自主練習に行ってきました。
この前習ったサルコウ・ジャンプのおさらいのためですが、一通りステップも練習。

【練習メニュー】
・FI/FO/BOサークル
・フォア/バッククロスロール
・スリーワルツ
・スリーNo.7
・片足スネーク
・ダブルスリー(FO/FIスタート)
・1S
・1T

サルコウは、事前に安藤美姫とNancy Kerriganのサルコウの動画で予習。





ケリガンの動画は、LFO→LBIへのスリーターンから、安藤美姫はモホークからのサルコウ。スリーターン→サルコウを練習しているので、ケリガン動画を主に参考に。スリーターン後、一度しっかりとLBIエッジに乗ってから、LBIサークルの中心方向に重心を移し(よく見ると、左足にしっかりと体重を乗せた結果、ちょっと外側に出る感じ)、上半身はサークルの中心に残したまま左足が円を描いて後方に滑走して、右足と右手は弧を描きながら後方から前方に出し、左足が進行方向の真後ろくらいに来たときに踏切。あとはスリージャンプと同じ。

実際に練習してみると、スリーターン後、最初は重心が左足の後ろの方にあるのが徐々に前に行く感覚。逆にいれば、左足が体の前から後ろに来たときに踏切。これが、「右足と右手が前にでてくる感覚」か。

踏切は、左足のかかとからエッジを踏み込んで、つま先側に重心を移動させながらトウで前方向にジャンプ。着地はスリージャンプと同じ。

私がイメージするサルコウの滑走図はこちら。
サルコウの図1


感覚が変わったら更新します。

結局、サルコウらしきものは跳べて、片足で着氷できるようになった。失敗することはほとんどないかも。
が、十分に跳べてない。スリージャンプのような滞空時間がないんですよね・・・。前に比べたら確実に跳べているのですが。どうやったら氷にちゃんと力を加えられるのか、引き続き要研究ですな。

サルコウの練習をみっちりやった副産物として、右足でのバック片足スネークがかなり上手くなった!スケートの上達ってこういう風に進むんだ、と実感。

テーマ: フィギュアスケート | ジャンル: スポーツ