無料アクセス解析

フィギュアスケートGP ロステレコム杯 雑感

11/19~21に行われたフィギュアスケートGPロステレコム杯を見てきました。1ヶ月前から発売になった、その発売日にネットで購入した真ん中1列目。金曜日のSPは、仕事があったので夜の女子シングルとアイスダンスしか見られませんでしたが、その他はフルで見れました。眼福眼福。モスクワに住んでいて、このくらい良いことがないとね。

ちろちろとツィッターでつぶやいていたのをまとめて、コメントつけただけの手抜き記事ですが、以下のとおり。

【SP】
・最初からレベルが高くてビックリ。3T-3Tといえど三回転三回転にみんな挑戦して降りてくるのだからすごい。特にビリュコワザワツキー。衣装は黒が流行?
・ロシアの新星?ソフィア・ビリュコワがかわいい。レオノワマカロワが調子悪い中一人気を吐いていた感じ。でもフリップとルッツは3回転跳べないのかも。
Sofia Biryukova

マカロワレオノワは調子悪そう。特にレオノワ。3T-3Tやめちゃったのね。
・安藤、腰に張った湿布?が痛々しかった。大丈夫かなぁ。練習では3Lz-3Loをばんばんきめてたけど、本番では3Lzでバランス崩して残念。でもジャンプの高さがすごい。ロシア人の中の安藤ファン多し。300円で買ったプログラムで特集されているのは、外国人では安藤のみ。去年は浅田だったけど。選手紹介で「安藤はロシア語を話す」とい言っていて、ロシア人大喜び。キスクラでもスパシーバって言ってたね。
Ando Miki Yagudin Plyuschenko
安藤とヤグディンとプルシェンコ。つーかヤグとかプルとかジョニとか出てないのに。プルは見に来てたけど。

・鈴木のステップは近くでみると圧巻。手拍子も。音楽と非常にマッチしている。・
・去年は観客も日本人が多いなと思ったが、今日はロシア人の方が多かった。・ロシアでは少なくとも女子シングルよりアイスダンスの方が人気ありそう。
・SPは見てると本当に短い。曲のつなぎが唐突。曲の間を自然につながなくても良いらしい。
・アイスダンスのコンパルが好きだったらしい。なくて残念。アイスダンスはエレメントが全然わからない。ツィズル、ステップ、リフトくらいか、わかったの。後アイスダンスは歌入りの曲使っても良いのね。
・ハビエル・フェルナンデスが道とロシアアニメNu Pogodi!の曲を使っていて笑える件(良い意味です)。カマキリw生で見たかった。しかしコレオグラフ・ステップシーケンスじゃないのにこれをやるのがすごい。コレオでやったら結構加点もらえるのでは?



【FS】
・観客のロシア人率高し。去年は日本人が多かったのに。あと去年より確実に客が入っている。2階席はガラガラだけど・・・。やはり、AKBとミクに客を取られたか。
・いつもあまり美味しくないゆでトウモロコシが美味しかった。ロシア初。
・カフェは並ぶので、食料持参した方が良さそう。
・長久保コーチがやたらカメラマンのお気に入りだった件。
・大自爆大会。難しい氷?結局四回転誰も成功させてないの?
・町田のループすっぽ抜けが自分の目の前だった。転んだ音が聞こえてくる気がするくらい激しい転倒。あれで最後まで滑ったのがすごい。


・羽生はコンボ違反か。それにしても細かった。
ベルネルが4回転回避してまとめて優勝した、そんな自爆大会男子。
・ペア、高橋小さい。何歳?ペアの方がアクロバティックで怖い。
・ロシア杯、川口・スミルノフ組のFSがやっぱり一番印象に残っている。月の光、衣装、演技どれもマッチして迫力あった。最後のリフトがノーカウントだったのが悔やまれるけど、素敵プロでした。


・マルケイ、ルッツがすげー高い。
・安藤のテーピングが昨日より広がっていて、演技のあとも押さえていて痛々しかったけど、なにこの安定感。2A+3Tが入らなかった以外は全てしっかり、スピンも今回はレベル取ったみたいだし。素敵でした。Spとのメリハリもついて。3Lz+2Loの2Loが高くて3Loかと思ったくらい。3Lzもすごい高い。
・鈴木はステップがすごかった。スピード感がちがう。あそこで3Lzはコンボ大丈夫かしらとおもったら1Lzだから大丈夫なのね。しかし、安藤とはまさにこの分の差でした。
・アイスダンスは、8組中3組が怪我で棄権、てどれだけ危険?食中毒か?ロシア組の危険はなかったし。・日本人観客はやっぱり女子シングルで帰っちゃう人多いね。スケート習っていると、アイスダンスが一番参考になると思う。

【EX】
・仲良く談笑の図。近かった。
Wier Plyuschenko Ando
嬉しい優勝のベルネルとアボットチャン。

Ando Suzuki Wagner
安藤・鈴木・ワグナー。

・表彰式のあとはける出口が目の前で、選手たちを間近に見れた。おめでとうの声がかけられて良かった。
・安藤のExは素敵すぐる。
・SPでもFSでもEXでもなくて、ラストの1芸のところでベルネルが4T着氷した件。


・おまけ。モロゾフ動画

テーマ: フィギュアスケート | ジャンル: スポーツ

20101122 スケートレッスン@ゴーリキーパーク

20101122 スケートレッスン@ゴーリキーパーク
ループジャンプの練習を中心に。スピンに光が見えてきました(またか・・・)。
【レッスンメニュー】
・FOセミサークル×3→スリージャンプ
・フォアクロスロール
・スリーNo.7→サルコウ
 右手より右足が先に前に出る・・・?
・ツィズル
 軸足側にまっすぐ体重を乗せるように意識したらかなり良くなった。
・リットベルゲル・ターン(とコーチは言っていた)
 RBO→スリー→RFI→モホーク→LBI→クロス→RBO~
 なんとRBOでフリーレッグを前で交差させてアウトエッジ側を滑らせるというループジャンプ前の基本姿勢が自分は保てていないことが判明。ジャンプの直前だけその体勢を作れるのだが、その前が無理。どうやってやるんだろ?要練習。陸の上だと簡単なんだけど。
・ループジャンプ
 その前の準備姿勢で右足がへとへとに。コーチに行ったら反対周りでLBOからのリットベルゲル・ターンをやれといわれたが、これがまたできない。ループ自体は相変わらず成功率5割くらい。
・アップライトスピン
 入りで腰が引けている。それを防ぐために、入りのLFOの時に、腰を突き出してランジのような形で入るよう言われた。確かに、前回に比べたら格段に軸が取りやすいようだ。

テーマ: フィギュアスケート | ジャンル: スポーツ

フィギュアスケートGP ロシア杯 2010 メモ

ロシア杯見所メモ プロトコル集
全員分じゃなくてすみません。

以前の記事で、「ロステレコム」が抜けたのではと書きましたが、抜けてませんでした。すみません。

【男子シングル】 ISU Entry List
-Patric CHAN (CAN) Skate Canada SP4位 FS1位 総合1位 (239.52)
-Tomas VERNER (CZE) Cup of China SP3位 FS3位 総合3位(214.81)
-Yuzuru HANYU (JPN) NHK Trophy SP5位 FS4位 総合4位 (207.72)
-Tatsuki MACHIDA (JPN) Cup of China SP7位 FS6位 総合5位 (200.95)
-Artur GACHINSKI (RUS) Skate Canada SP7位 FS7位 総合7位 (204.08)
-Jeremy ABBOTT (USA) NHK Trophy SP2位 FS3位 総合2位 (218.19)

【女子シングル】 ISU Entry List
-Miki ANDO (JPN) Cup of China SP3位 FS1位 総合1位 (172.21)
-Akiko SUZUKI (JPN) Cup of China SP2位 FS2位 総合2位 (162.86)
-Alena LEONOVA (RUS) Cup of China SP5位 FS3位 総合3位 (148.61)
-Ksenia MAKAROVA (RUS) Skate Canada SP2位 FS2位 総合2位 (165.00)
-Ashly WAGNER (USA) NHK Trophy SP4位 FS6位 総合5位 (143.73)
-Agnes ZAWADKI (USA) Skate Canada SP3位 FS6位 総合6位 (154.35)

【ペア】 ISU Entry List
-Narumi TAKAHASHI / Mervin TRAN (JPN) NHK Trophy SP3位 FS4位 総合3位 (155.66)
-Yuko KAVAGUTI / Alexander SMIRNOV (RUS)

*以前の記事で、「ロステレコム」が抜けたのではと書きましたが、抜けてませんでした。すみません。

テーマ: フィギュアスケート | ジャンル: スポーツ

20101115スケートレッスン@ゴーリキーパーク フォアストローク矯正

半月ぶりのレッスン。久々の上に、飲み会の後のマンツーマンレッスンという厳しい状況でした。
あまりお酒が強くないので、ビール1杯とシャンパン1杯でほろ酔い手前。

それにしても、アップをしないでいきなりレッスンだと、本当に滑れない。酔っぱらってるというのもあるのだろうけど。スピンをやらなかったのは、コーチには酔っているのがバレていたのかも。
一番辛かったのは、フォアストロークの矯正。全然体重を滑走足に乗せられなかった。

【レッスン・メニュー】
・サーペンタインでフォアクロス
・片足スネーク 無理に力をかけない
・バッククロス(反時計回り) LBIに体重がきちんと乗せられていないと言われて、ひたすらぐるぐると回った。
・ワルツ・スリー 腰を残す
・スリー・ジャンプ 酔っぱらっているせいかうまく跳べない。1度だけちゃんと跳べたがあとはタイミングが狂って後ろにのけぞってしまったり、両足着地になったり。着地のチェックをキープするよう注意。
・RBOからのスリーターン~ループ・ジャンプ しっかり腰を落としてからターン・ジャンプをしないとその後の体勢が崩れる。
・ジャクソン(LFO→RBO→LBI)~ワルツ・スリー~サルコウ ジャクソンがうまくできん。フォアアウトで踏み出す時に体勢を逆側にするのが怖い。
・ジャクソン両側 踏み出すときに両手を踏み出す側に流すバージョン。怖さ2倍。
・スリーNo.7 通常バージョンはOK、腕組みバージョンで肩・腰が上下しすぎないよう注意される。
・ツィズル インサイド2回転はひざを曲げた状態でスタートして伸びる。1回転ごとに進行方向真っすぐ前をみるようにする。アウトサイドは、軸足、軸足側の腰、軸足側の肩が一直線にブレードに体重をかける感じでまっすぐと。左足は形になるが右足が微妙。あいかわらずスリーターンと区別が付かない。
・クロスロール(フォア・バック) 両肩、腰の両側の四角形は崩さず、手足だけを動かす
・フォアストローク フリーレッグ側の腰が開く癖があり、開かないよう気をつけると体重がうまく滑走足に乗せられない。フィギュアスケートでは両肩・腰両側の四角形をキープして滑らなくてはいけないとのことなのでかなり厳しいです。これは要練習。

テーマ: フィギュアスケート | ジャンル: スポーツ

スケート靴の修理:かかとのねじ穴

1時間も練習すると、右足のシューズのかかと側のねじが2本とも緩くなってきてしまうという問題を抱えています。ジャンプの着氷の衝撃によるものかな、と思っていたのですが、この前ジャンプの練習に入る前のステップの練習を30分くらいやった段階で少し緩んでしまいました。

ねじが緩むと当然エッジがずれてしまいます。
というわけで、変な癖がつく前に修理ができないかとコーチにその方法を聞いてみました。

「ねじが緩むんですが」
「ねじ穴に布のきれっぱしを入れて瞬間接着剤を垂らしてねじを締めなおせ」

あら簡単。
というかこんなんで良いのでしょうか。ちなみにブレードの研磨については、
「週1~2回しか練習がないんだから3年は研磨の必要はない」とのご意見。

他に頼るものもないのでそのとおりやってみました。

ねじを外します。
IMG_1704.jpg

布の端を切ったものを入れるというか置きます。今回は、籐かご?の飾りについていたリボンの端っこをしゃきしゃきと切ってみました。
IMG_1705.jpg

そこに瞬間接着剤を垂らして・・・
IMG_1706.jpg

再びねじを締める、と。微妙にエッジがずれているように見えますが、そうかもしれませんし、そうじゃないかもしれません。
IMG_1707.jpg

反対側も同様。
IMG_1708.jpg

これで1日置いてみました。

翌日、レッスン前の事前自主練習をしましたが、30分練習してもまったくねじの緩みはなく、レッスン1時間、事後練習30分を経過してもまったく問題ありませんでした。ただ、右足踏み切りのループジャンプの調子が悪かったのは気になりますが、通常のスケーティング・ステップは全くいつもどおり。これ、対処療法としては大成功と言えるのではないでしょうか?すごい適当ですが。

自分ではそんなにぞんざいにスケート靴を扱っているつもりはなかったのですが、ネットで探してみても似たような症状の方は見つからなかったので、もしかしてこれでも乱暴な扱いなのではないかと心配になる日もありますが、私は元気です。

一つ発見。
かかと側のねじは指側のねじに比べて2倍くらい長い。この機会にねじも新しくしようと、指側のねじの交換のために買ってきた予備を使おうとしたら、見事なまでに使えませんでした。スケート靴もよく眺めると(よく眺めなくてもか)シークレットになっていないけどスケートしているということでカモフラージュになっているシークレットシューズなんですな。