無料アクセス解析

ISI Freestyle 1 Ural Quadrille 初めてのプログラム

日本に帰ってきてからは、週1程度で主に川越に出没しておりました。
4月に香港に行くことになったので、ぼちぼちこのブログも再開しようかと。

先日、ISIのテストを受けました。
アルファ→ベータ→ガンマ→デルタと受けてきて、プログラムを滑るFreestyle 1。
最初に規定のエレメンツの個別試験があり、その後そのエレメンツを入れた1:30のプログラムを滑ります。

Freestyle 1のエレメンツは、
・FIピボット
・フォア・スパイラル
・BO/BIセミサークル
・ハーフフリップ(フリップの踏切でジャンプして半回転、左足トウをついてRFIで出る)
・スリージャンプ

ピボットが苦手。しかしこれは何とかなる。
問題はBIセミサークル。結局エレメンツの試験でフラフラしてしまいましたが、BOセミサークルとの平均で点数をつけてくれたのか、なんとか及第点をいただきました。スリージャンプは満点!

で、後半のプログラム。


初めてプログラムを作ってもらいました。曲はロシア民族音楽のUral Quadrille。iTunesで見つけたもの。
ロシアっぽい感じで、と振付をお願いしましたが、1分半にセミサークル×2を含む5つの要素を入れ込むと、時間がほとんどなくなってしまいました。前半のアウトモホークのステップと最後の足替えシット滑走くらい。

各要素の解説;
・マイム
・ハーフフリップ:これはまあまあ
・Tストップ:止まりきれず
・FIピボット:左足トウを刺せず完全に失敗しとる・・・
・アウトモホークの4ステップ
・Tストップ
・BOセミサークル:焦ったせいか手の位置を間違えている
・BIセミサークル:右足滑走のときフラフラ。左足はまだ良い方。
(このあとつまづく)
・スリージャンプ:エレメンツの試験のときはうまくできたが、ここでは全然跳べてない
・フォア・スパイラル:まあまあ。足は精一杯上げてこんなもんです。
・両足スピン:うまく回れずに「やばい、止まっちゃう!」とヒヤヒヤしたところ。入りで軸が作れてませんね、はい。
・ランジ:思ったより腰が落ちてない
・足替えシット滑走:コサックダンスのイメージ。ここだけは失敗しちゃいけないと必死。
・マイム2

とりあえずピボットはちゃんと足を立てて刺す、と。
あとフリーレッグを張る、伸ばす。雑な印象を受けるのは背中が丸まっているのとフリーレッグが張っていないせいか。滑走足のダウン→アップも足りないので、特にセミサークル後からスリージャンプまでのところがスピードも出ずもっさりとしてしまいました。

と、反省点は多いのですが、思ったよりちゃんとできたと思います。最初に通しでやったとき、全然できなかったので。
これが今の実力。まだまだやりたいことはたくさんあるので、練習にはげみます。

テーマ: フィギュアスケート | ジャンル: スポーツ