無料アクセス解析

ソチオリンピック国別対抗ポイント:ワールド2013時点の数字

ワールド2013、競技は終了しました。いろいろ感想はあるのですが、それはツイッターに書いてしまったのでここは淡々とソチ・オリンピックの国別対抗戦ポイント集計を公表していこうと思います。

上位20位までのワールド2013終了時の国別ポイントです。
図2

黄色はワールドでポイントが取れなかったので欧州選手権/四大陸選手権でポイントを獲得したもの。青は、それでも取れなかったのでジュニアワールドでポイントを獲得したものです。

このポイント数で上位10カ国が出場権を得ます。ポイントはあと2013-2014シーズンのGPS/GPFで加算されます。

というわけで、日本はポイント的には出場可能な順位(8位)にいます。GPSでも稼げるとおもいますし、10位前後のライバルにポイントで負ける要素はあまりないので、この条件ではほぼ出場可能。

もう一つの条件が厄介。最低3種目出場しなくては行けないのですが、現時点で枠がとれているのは男女シングルのみ。アイスダンスでリード組が今回枠が取れずネーベルホーン行きとなりました。もちろんリード組が枠を取れると確信しているけど、万が一枠が取れなくても、ミニマムさえクリアしていれば国別追加枠の権利がありますので(種目別で枠を持っていない国の中で、上位10カ国に1枠与えられるもの)、出場という意味ではまあ大丈夫かと。

追加枠は各国1枠だけなので、この3種目規制のために韓国、スペイン、カザフ、チェコ、ウズベク、オーストリアは、ネーベルでもう1種目で枠を取らないとミニマムクリアしても出場出来ません。そういう意味では、10カ国ってなかなか集まらないような気もして来ました。

フリーに進むためには上位5カ国に入らなければならないので、こっちはちょっと日本はきつそうですね。カナダ、アメリカ、ロシアの3強は崩せる気がまったくない(笑)。フランス、イタリア、ドイツ、中国も1種目弱いところがありますが他の3つはそこそこ強い。日本は男女シングルは強いですがペア・アイスダンスと2種目弱いので、男女シングルSPが神演技で1位を取ってもフリーに残れるかどうか・・・。

それよりも、個別種目に出る人しか国別に出られない(追加枠除く)ので、国別でSP/FS→次の週に個別種目SP/FSと演じなければいけないタイトスケジュール。特にペアと男子シングルは日程が過密なので、特に1枠しかない種目だとバランスが重要になってきますね。うまく戦略的にやってほしい。

テーマ: フィギュアスケート | ジャンル: スポーツ