無料アクセス解析

アンナ・ポゴリラヤ:医者に転んじゃダメって言われた

リプニツカヤのインタはロシアぶろぐ(仮)さんですでに訳されていたので、ポゴリラヤのインタを紹介します。

浅田やコストナー、リプニツカヤの素晴らしい演技の影に隠れてしまった感はなきにしもあらずなのですが、ポゴリラヤも演技をまとめてPBを6点更新して66点という素晴らしい点数を出してくれました。顔も少し変わってきたような感じがします(化粧が変わった?)。

なのに、インタビューはまだ素直さがでていてすごく可愛らしく感じますね。GPS優勝経験のある、すでにトップスケーターの仲間入りをしている選手なのに、オリンピックではユーリャを応援してた!って、なかなか言えないことだと思うんですよね。

というわけで、どうぞ。

* * *

アンナ・ポゴリラヤ:医者に転んじゃダメって言われてる


http://www.team-russia2014.ru/article/figur/16584.html

(アンナ、演技のあとに観客が立ち上がったのを見て驚かなかったですか?)
もうただ単に驚くような感じ。だから、フリーを前にして嬉しさを通りこして落ち着きと自信を感じた。

(リンクに出る前は緊張しましたか?)
他の大会と同じか、少ないくらい。

(それはなぜ?)
わからない。言えるのは、ロシア選手権の方がもっと緊張してたということ。

(ものすごい観客の数については?)
ジャッジの方を見てて、上の方は見てなかった。

(練習ではルッツに問題があったようですが、今日の調子はどうでしたか?)
他のエレメンツもそうだけど、50:50。できないかもしれないという感覚はあった。私は鉄の女じゃないから。

(でもルッツは良い出来でしたね)
でもよくこんな感じになるけど。

(ワールドと福岡のGPFの間がだいぶ空きましたが、そのときのアーニャ・ポゴリラヤと今日の彼女は違う人間のようです。その間に何がありましたか?)
怪我があって。転んじゃいけないみたい。転ぶと、足の筋肉がまた剥離するって。お正月のあと、1月2日の練習でそれが起きちゃった。エッジが欠けてて。たぶん、最後の練習の後にタイルを踏んじゃったみたいで、それがエッジの問題の原因だった。

(それが怪我の原因にもなったのですか?)
そう、練習でショートをかけてたんだけど、ステップで5回位転んでしまって。ただ単にエッジが滑って、転びに転んでそのせいで怪我になっちゃった。その後お医者さんが、私が転倒することを禁止したんだけど、それが強い動機になったというのはある。モチベーションになって、プラスに働いたの。今は怪我はまったく影響がない。お医者さんはとてもよくしてくれた。何があったかって?筋肉の部分剥離。でも怪我は複数の筋肉の部位に及んでた。

(ロシア・カップ・ファイナルは怪我のあとの最初の大会だったのですか?)
そう。すごく良い滑りができた。それでもっと自信ができた。

(ロシア・カップ・ファイナルではワールド出場について何か言われていましたか?)
ううん。落ち着かなくなるから早くには言わなかった見たい。たぶん、そのせいで、ワールドに出場するとちゃんと知ったときも、とても落ち着いていられた。

(オリンピックはどんな思いで見てましたか?)
ただ単純に応援してた。自分が出る時よりも胃がキリキリした。

(特に誰を応援してましたか)
ユーリャ。もちろん他のみんなも。でも他の人たちはユーリャほどじゃないけど。

(彼女の成功にはうれしかったですか?)
もちろん、もっと成功しても良かったと思う。でも、それでもユーリャには金メダルがある。国別対抗戦のだけども、リプニツカヤはオリンピック金メダリストだから。彼女は言うまでもなく大変だったと思う。ユーリャはまだちっちゃいからしょうがない。彼女の立場にいたら、チーム対抗戦でみんながみんなちゃんと滑れるとは思わない。なのに、彼女はきちんとやりとげた。

テーマ: フィギュアスケート | ジャンル: スポーツ

タチヤナ・タラソワ:浅田とコストナーがミスしないと誰も勝てない

昨日の女子シングルは素晴らしい大会でしたね!浅田、鈴木、コストナーの滑りは永久保存版でした。リプニツカヤやポゴリラヤも良い滑りを見せてくれて、とても堪能しました。

私の感想はこんな感じ



タラソワ・コーチのリプニツカヤについてのコメントが出ていたので、紹介します。

* * *

タチヤナ・タラソワ:浅田とコストナーがミスしないと誰も勝てない


http://news.sportbox.ru/Vidy_sporta/Figurnoe_katanie/w/spbnews_NI444754_Tatiyana-Tarasova-Asadu-i-Kostner-mozhno-pobezhdati

ユーリャ(リプニツカヤ)は非常に良い滑りを見せた。できることすべてをやりきってね。エレメンツはすべてクリーンだった。彼女はとても大きな可能性と強い性格をもった、真面目で若いスケーター。オリンピックでできなかったフリップのクリーンな着氷を見せられた。

しかし、彼女は素晴らしいスケーターを相手にしている。浅田真央もカロリーナ・コストナーも、自身のミニ・スペクタクル(SP)の中で完璧だった。彼女たちがミスをしなければ、競争するのは難しいことでしょう。もう10年以上もフィギュアスケート界で勝ち続けていて、非常に高い芸術レベルで滑っているのだから。

リプニツカヤにとっては今回が初めてのワールドだけど、彼女たちにとっては最後のワールドなのです。そう考えると、リプニツカヤのショートの結果は素晴らしいものだと思う。

(リプニツカヤに金メダルのチャンスはありますか?)
全員にチャンスはある。転ぶ人もいるだろうし、ミスをする人もいる。プログラムは、スポーツと芸術が交じり合っている。音楽に素晴らしく浸透し調和したレベルで滑っている。スケーターの創造的な潜在力は、コーチや振付師、それからスケーター自身の精神によって完全に開花されている。

スケーターの音楽を聴く能力というのは、非常に稀な才能で、年月をかけてとても能力の高い人たちにやってくるものだ。リプニツカヤは今、この素晴らしいスケーターたちと同じレベルに立っている。彼女にはまだとても長い道のりがまっていて、創造性の完全さと技術的な完全さを追求するために練習を続けなければならない。浅田真央とカロリーナ・コストナーは巨人だ。彼女たちに勝つのは、彼女たちがミスをしたとき。リプニツカヤも勝ったことがある。

テーマ: フィギュアスケート | ジャンル: スポーツ