無料アクセス解析

プルシェンコは5回目のサイクルに進む(後)新プロ/ガチンスキー、ヴォロノフ、メンショフ/これからのこと

プルシェンコのロングインタ、後編をお届けします。新しいプログラムの話(競技用?)、ガチンスキーやヴォロノフ、メンショフさんについてのコメント、日本人の指導?の話やこれからについて語っています。

良い意味でも悪い意味でも、率直な話し方ですね。前回に続いてミーシン愛に撃たれました(笑)。

* * *

プルシェンコは5回目のサイクルに進む(前)羽生は今でも僕が崇拝の的だと言ってくれる
プルシェンコは5回目のサイクルに進む(中):ミーシンは僕の2人目の父親

* * *

プルシェンコは5回目のサイクルに進む


http://www.rg.ru/2014/07/16/plushenko-poln.html
ニコライ・ドルゴポロフ

(続き)

(そこをもう少し詳しく)
アレクセイ・ニコラエヴィチ(・ミーシン)が合宿から戻ってくる。そして8月には新しいプログラム、フリーとショートの振付に取り掛かる。

(わかった、どうなる?)
バフタン・ムルバニゼと振付をするか、少なくともプログラムの輪郭は作ることに決めた。

(彼はグルジア代表で、エレーナ・アナトリエヴナ・チャイコフスカヤの下で指導を受けていた。パンクすることもあったようだが。彼のことはみなヴァーハと呼んでいたね)
彼は今コーチとして開花したところだ。彼が以前何をしていたかは重要じゃない。スケーターとしては偉大でも、コーチとしては…ということもある。スケーターとしてはほんの二流でも、コーチとしては素晴らしい場合もある。ヴァーハは僕の親しい友人で、子供の頃から仲良くしてる。昨年スケーターの多くに素晴らしいプログラムを振りつけていて、フットワークのキャンバスが良い。アレクセイ・ニコラエヴィチ・ミーシンとも一緒に仕事をしている。仕事をしているだけじゃなくて、褒めてもいる。ムルバニゼはアメリカから戻ってきて、エストニアに住んでいる。今はミーシンと一緒にが祝に言っている。それから、もしかすると僕もコーチをしてみるかもしれない。

(誰に?)
ロシア人からのオファーがある。日本も、男女シングル選手を指導してもらいたいようだ

(若い非凡な才能たちを?)
若い人たちも。日本にはただもう独特なとしか言えない12歳の女の子がいるんだ。次々と3Loや3Tを跳んで、その他多くのこともやっている。ジャンプはもう非現実的なくらい。

(ジェーニャ、いったい君は誰のためにジャンプを跳んでいるんだ?)
もちろん、自分のため、祖国のため、家族のため、ミーシンのためだ。連盟のためにも。それから両親。あなたはオリンピックの後いつも僕に対して言っていたね。他に注意を向けるな、注意を向けるな、治してボルトを抜けと。でも僕は多くの人に失望してしまった。否定ばかりが僕に対して向けられてたから。今日は正直に話してるよ。

(今のが正直な気持ちだと)
そう。アメリカから人が来て、アメリカのためにすべらないかと言っていた。

(本当に?)
嘘じゃないよ!冗談でもなく、皮肉でもなく、率直に言われたんだ。アメリカのために滑ってくれ、ロシアは君を評価しないと。

(評価しないって?もしかするとそんな人もいるかもしれない。でも、みんなじゃない。)
もちろん、みんなじゃない。もちろんこのアメリカの件は断った。それからもう1つ、僕にとって嬉しくて悪い気がしなかったのは、ウラジーミル・ウラジーミロヴィチ・プーチン大統領が僕にこう言ってくれたことだ。すべてわかってるから、早く治療して、回復して欲しいと。これが僕にとっては大切なことだった。それに加えて、親しい人たち、友人たちが僕を裏切らなかったこともある。

(裏切りを予期していたのか?)
人生には何でも起こりうるからね。友達は僕の後を最後まで追いかけてくれて、それが重要なんだ。僕はロシアのために滑ってきたし、今でも滑っている。これからもここロシアに住む。

(ジェーニャ、今回私たちの間にある捨てようにも捨てられない感傷を何とか捨てても、君がここで悪くない暮らしをしていて、やることがたくさんあるということは指摘しないといけない。)
ええ、少なくはない。そして今、ロシアのスケーターや日本のスケーターを指導するという大きな可能性も開けてきている。

(面白そうなのか?取り掛かるつもり?)
後で絶対取り掛かる。でも今は疲れていて、休みたい。10月には中国のゴルフのチャリティ大会に招待された。去年はキャサリン・ゼタ・ジョーンズがプレイしたんだ。

(あのハリウッドで有名な女優で、マイケル・ダグラス夫人の?)
それ以外誰がいるって?今年はデビッド・ベッカムも来るって。

(彼はまだイングランド代表としてサッカーをしてた方がいいんじゃないか?ジェーニャ・カフェルニコフは来ないの?確か仲良くしてたよね?)
彼とは良い関係だよ。ゴルフを一緒にする予定はあるけど、まだできてない。僕がゴルフを始めてまだ1年半だし。

(カフェルニコフに勧められた?)
いやいや、自分でやろうと思った。ちょうど半月板の手術をしたところで、医者に走ったり動いたりを禁止されてたんだ。ノヴォゴルスクで休んでたんだけど、隣のクルキノには素晴らしい9ホールがある。ボールがそんな風にと飛んできたんだ。一体何で今までやらなかったんだろう?アメリカでよく練習をしていただいぶ前から始めるべきだった。ゴルフに恋しちゃったよ。

(でも時間が掛かるし嫌だな。どうやって耐えてるの?)
耐えてるわけじゃない。楽しんでるんだ。ホール間を移動するのにあのクルマはめったに使わない。クラブを持って歩いてるよ。

(あの高い道具を揃えて買ったんだろ?)
ええ、いっぱいある。どうしてもクラブセットを選びきることができなくて。

(どうして?)
みんな違うから。スケート靴と同じ。

(わかった、困らせてるみたいだ。結論に近づこう。君は今年は出ない。ロシアのスケーターでは誰がうまくいきそうだと思ってる?)
みんながどんな風に準備を進めてるかは知らない。ガチンスキーがしっかりするのかもわからない。シェフィールドでのユーロの争いを覚えてる。彼はショートで僕の上を行った。素晴らしい滑りだった。フリーも素晴らしかった。そのとき僕が勝ったのは苦労の末だった。でもそれから彼には何か起こってしまって。

(大恋愛だって話だけど)
僕にだって恋愛はある。それは僕を鼓舞するばかりだった。新しい息吹きを与えてくれて、快感に酔いしれ引っ張られるばかりだった。でもアルトゥルには何かが起こった。もし全部もとに戻れば…。彼がスケーティングやムーブメントの練習を始めたと知っている。彼も概ね立派に滑れるかもしれない。
(今はタチヤナ・アナトリエヴナ・タラソワの下でCSKAが練習してると?)
でも僕は、スケーター2人のことで本当に嬉しく、幸せに思っている。セリョージャ・ヴォロノフとコースチャ・メンショフ。セリョージャは随分前から知っている。彼はなかなか自分に打ち勝つことができなかった。いいヤツなんだ。コースチャも。セリョージャはコーチを変えて、エテリ・ゲオルギエヴナ・トゥトベリゼがしっかりと支えているようだ。メンショフにも去年はただ単に驚かされた。ユーロで立派に滑って、僕と同じように30を越えているのに、初めて表彰台に上ったんだ!マクシム・コフトゥンについては何が言える?彼も驚くべきスケーターだ。ショートもフリーも安定して滑るようになったら、ワールドで3位になるのは現実的だし、トップ5に入るかもしれない。それからはなるようになるだろう。

(君はファイターだけど、彼は?)
成長してるし、努力してる。みんな努力してる。でなかったらなぜこんなことをするんだ?でも今、新しい時代のスケーターが現れてくる。4回転ばかりの時代だ。それが何を意味するか。最初の4回転を跳んで、休む。2回めの4回転を跳んで、休む。プログラムの時間を短縮するんじゃなくて、逆に伸ばしたほうがいいんじゃないかって思う。1年前、プログラムを短くするっていうアイディアが出てきたけど、何のために?それが今回否決されて良かった。たわごとだ。

(たわごとかそうでないかは別として、君は5回目のオリンピック・サイクルに向かうんだろ。)
僕?僕は行くよ。

(終わり)


テーマ: フィギュアスケート | ジャンル: スポーツ