無料アクセス解析

セルゲイ・ヴォロノフ:強い人たちが私を取り巻いてる。裏切れない。

NHK杯で2位に入り、ファイナルへ初出場を決めたセルゲイ・ヴォロノフのインタビューがありましたので、紹介します。

インタビューで言っていましたが、大会前に何かショックなことがあったようですね。完璧な演技ではありませんでしたが、こんな状況でよくやった、という気持ちのようです。村上大介の優勝にも何か感じるところがあったようなコメントもしています。

ヴォロノフはいつも哲学的なコメントを残しますが、今回も文脈がわからない、難解なコメントが多く苦労しました。変なところもありますが、なるべくコメントをそのまま伝えられるようにしました。もしコンテクストがわかる方がいらっしゃったら教えて下さい。

NHK杯FSの記事は↓
GPS日本男子FS(映像):1村上2ヴォロノフ3羽生4無良

* * *

セルゲイ・ヴォロノフ:強い人たちが私を取り巻いてる。裏切れない。


http://fsrussia.ru/intervyu/531-sergej-voronov-menya-okruzhayut-silnye-lyudi-kotorykh-ya-ne-mogu-podvesti.html
タチヤナ・フレイド


(セルゲイ、フリーにはどんな気持ちで臨みましたか?)

私にとって一番重要だったのは、チームを裏切らないこと。みんなが私のことをとても心配してくれていることを知っている。エテリ・トゥトベリゼも、セルゲイ・ドゥダコフも、最近チームに入ってみんなとたくさん練習しているダニール・グレイヘンガウスも。とても協力体制がとれているチームが全身を仕事に捧げているのだから、私がたるみを与えるわけにはいかない。

でも、今日一番大事なのは、自分自身に勝利したということだ。何か超絶したことをしたわけじゃなく、ただ自分にとってなんらかの境界を踏み越えたということ。あの偉大なタチヤナ・アナトリエヴナ(・タラソワ)の父であるアナトリー・タラソフ・コーチと、ホッケー選手のワレリー・ハルラモフについてのいい映画があるんだけど、そこで正しい物事について語られてるんだ。人は、実際にできることよりも小さいことしかできないと思ってしまうと。私たちの誰もがそうで、私も例外ではない。でも今日は、とある状況はあったけれども、自分を圧倒することができた。それについては言いたくない。リンクに入る前にただ全てを忘れるよう自分に指示を出して、エレメントからエレメントと滑るようにした。勝利は勇気ある者を好む。私はリスクを取って、そして自分にとって全てが最高の形で収まった。


(トゥトベリゼ・チームに移ってから、別人のように練習しはじめましたね。なぜでしょうか?)

強い人たちに囲まれてるから。エテリ・ゲオルギエヴナ(・トゥトベリゼ)は強い人間だ。セルゲイ・ワシリエヴィチ・ドゥダコフも。彼はジャンプの練習を見てくれている。ダニール・グレイヘンガウスはジャンプとスケーティング。そんな人たちに囲まれ、彼らの外からの意見を聞いていれば、すぐにうまく行き始める。

もしかすると、アスリートとしての若さが去り、成熟が訪れると、多くのことをちょっと違う風に受け止め始めるというところに理由があるのかもしれない。大会についてもそうだ。この先15年も滑ることはないとわかっている。スケートをするために一定の時間しか与えられていない。それがどれだけかは考えない。その時間ができる限り長く続くよう祈る。今のところスケートから歓びを得ているから。身体が許す限り、続けたいという意欲はある。


(それはつまり、進歩もあるということですね。初めてグランプリ・ファイナルに進出することになりましたが、どういった意味を持つのでしょうか?)
ファイナルへの出場のために戦うこともできるとわかっていた。でも、そんな考えは自分から追い出すようにした。そういった思いが頭のなかに入り込んできて、内側から食べ尽くされるんじゃないかと怖かったから。何も考えないようにしたけれど、難しかった。

私にとってファイナルとは?ファイナルにはまだ出場していない。今はただ練習を続けるだけ。モノトーンで難しい練習を。トゥトベリゼも言っていた。これはお祭りだけど、残りはすべてモノトーンでルーチンの、時には心地がよくない練習だと。しかし、世界で最高のやつらとともに表彰台に立っている、その瞬間のために、生きる価値もあるんだ。自分もその中の一人だっていう意識は、最高にクールだね。

どんな人がスポーツ、特にフィギュアスケートをやっているのか、わからないなあ。たぶん、頭のおかしい奴か、ロマンティックな人か、誰だろう?その質問に答えるのは難しい。でも、私たちはみんなどこかしら普通じゃない人間だ。自分の虚栄心や野心を満たすためにリスクに向かっている。私たちは他人の注目を捕まえていて、その世界の一部であることを幸せに思う。そんな人たちの中にいられて幸せだ。いつもうまくいくわけではないとしても、そんな空気が自分のなかにある。


(ここでの演技から、あなたが本当に満足しているように見えました。)

一仕事だった。精神的にも。このことはあまり広めたくない。でも、そんなに簡単に空から降ってくるものなんてない。


(あなたの彼女も日本に来て、大会を見ていたようですね。フリーの前に会いましたか?)

いや、でもSMSを送ってくれたよ。「頭でいろいろ考えてるんだろうけど、全部捨てなよ。滑らなくちゃ」と。強い人たちに囲まれてるといったとおり、トゥトベリゼや彼女のジアーナ、お母さん、おばあちゃん…。


(だいたい女性ですね。)

それが何か?女性は男性より強いこともある。男性はもちろん強い性だけれど、よく言われるように、女性は首で男性が頭だと。首が向く方に頭も向く。


(インタビューのはじめに戻りましょう。結果を待つときに何を思っていましたか?)
最後の数分がいちばんつらかった。滑りよりも難しかった。インタビューもまるで夢の中のようだった。もう今は自分にはなにもかかっていない、できることすべてをしたとわかっていたから。


(表彰台に立って何を感じましたか?)
1週前にモスクワで表彰台に立ち、今回は大阪だ。言葉では伝えられない感情だよ。村上大介も表彰台に立って、国歌を聞きながら泣いていたのもそうだ。

ハヴィエル・フェルナンデスやミハル・ブレジナ、村上、無良、羽生といったスケーターの中にいることは、なにか特別なことなんだよ。こいつらみんな、世界のフィギュアスケートのエリートなんだから。

今のところ、大きな大会で自分の名誉としてロシアの国歌を聴けていない。でも、偉大な歴史と偉大な人々を持つ偉大な国を代表して演技をしていると知っているし、この偉大な国のほんの一部として、国のために何かできるなら、立派な国民だということになる。感傷で言ってるわけじゃない。


(今後の予定は。)

家に帰るよ。家までの遠い道のりをね。今はちょっと休まなくちゃいけない。日本滞在を楽しもうと思う。僕の最も好きな国の一つ。日本でこんな風に受け入れてくれたことに対して、日本のファンにも感謝したい。これもまた観客に対するある意味責任だよね、これだけの観客が来て、私たちを応援してくれるのだから。気持ちいいことだ。

日本は古くからの文化を持っていて、いつも興味を持っていた。ここではとても快適だ。時差を除けばね。


(大阪でもう何か見ましたか?)
いや、街の中心地をちょっと散歩しただけ。でも明日どこか行くためにちょっと時間を作れれば。

テーマ: フィギュアスケート | ジャンル: スポーツ

GPS日本男子FS(映像):1村上2ヴォロノフ3羽生4無良

NHK杯男子FSは抜け大会になってしまいましたね。その中でほぼパーフェクトな演技を見せた村上がPBを30点更新してフリー1位、総合優勝を果たしました。いやー、凄い。

ファイナルには、コフトゥン、町田、フェルナンデス、無良、ヴォロノフ、羽生の6人が進出することになりました。アボット残念…。

* * *

NHK杯男子FS1位
村上大介
4S,4S+2T,3A+2T,3A/ 3Lz,3Lo,3F,3S
166.39=86.53+79.86

SP3FS1総合1 246.07
すごいすごいすごい!3連入れない計算もOK
改めて見なおしても素晴らしい、村上。プロトコルもマイナスなしで美しいし、PCSも結構もらえてる~
http://www.isuresults.com/results/gpjpn2014/gpjpn2014_Men_FS_Scores.pdf (PDF)


NHK杯男子FS2位
セルゲイ・ヴォロノフ
4T+3T,3A+2T,3T,2Lz/ 3A,3S,3Lo+2T+2Lo,2A
157.72=80.34+77.38

SP4FS2総合2 236.65
ミスはあっても崩れないのが強い。プロトコルもマイナスなし!ヌメヌメ衣装と編曲には慣れないが…。ルッツミスったのは悔しいだろうなあ。ファイナルおめ!

ヴォロノフインタビュー
セルゲイ・ヴォロノフ:強い人たちが私を取り巻いてる。裏切れない。


NHK杯男子FS3位
羽生結弦
2S,3Tfall,3F/ 3Lz2Tタノ,3A3T,1A1Lo3S,3Lo,3Lz
151.79=70.31+82.48-1

SP5FS3総合4 229.80
やっぱり万全じゃないけど、ファイナルおめ!4T→3Tになって、3Lz, 3A3T入ったとき、やばいやばいザヤ警報と思ったけどアクセルがシングルになって逆にホッとしたというか…>羽生 最後のルッツを2Lzか2Aにする余裕は羽生にあっただろうか。やっぱり調整不足なんだろうなあ。スピンのレベルも取れてないし…最後のスピンのレベルが取れないのはよくあるけど、前半もだからねえ。


NHK杯男子FS4位
無良崇人
4T148.16=67.88+80.28

SP1FS4総合3 234.44
ジャンプはちょっとアレだったけど、PCS出てる。いつのまにか無良は大丈夫っていう安心感ができてたから、ちょっと驚いた。作品としては評価されてるということだろう。ファイナルおめ!

テーマ: フィギュアスケート | ジャンル: スポーツ

ロシア記事:どうして、最悪の脳震盪のあとも羽生結弦はリンクへ(そしてファイナルへ)向かい続けるのか。

スケート記者であるエレナ・ヴァイツェホフスカヤ記者によるNHK杯SP後の記事が掲載されていましたので紹介します。タイトルはレオノワですが、メインは羽生について。羽生部分について、以下に翻訳を掲載します。

* * *

レオノワ - シックできらめくパーソナルベスト


http://winter.sport-express.ru/figureskating/reviews/51308/
エレナ・ヴァイツェホフスカヤ

(前略)

どうして、最悪の脳震盪のあとも羽生結弦はリンクへ(そして、もちろんファイナルへ)向かい続けるのか。

(中略)

日本での大会が始まる前、オリンピック金メダリストである羽生結弦に対して多くのさまざまな言葉が発せられた。重傷を負ったスケーターにとって、まったく意味を持たないこのオリンピック後のグランプリシリーズは必要なのかと。その答えは明らかに思われる。スポーツを端から見ていれば常識についていくらでも好きなようにあれこれ言える、というところにだけ矛盾があるのだ。現場では、それが氷上でも、リングでも、体操の床の上でも、アスリートにとってはすべてがこれ以上ないくらい単純だ。できるか、できないかだけ。

このことを理解すれば、多くのことが説明可能となる。克服する能力がある人々は、自分を守る人よりも、常により多くの共感を観衆に呼び起こすことは言うまでもない。

日本大会の前に行われた記者会見で羽生は、自分のことを心配してくれた人たちを安心させようとできる限りの努力をしていた。上海で起きたことについて、こうコメントした。

「実際に深刻な怪我でした。歩くことさえ難しいときもありました。しかし今は、普段の状態に近づいていると感じています。もちろん、現状が理想的とは言えません。怪我のために持久力が落ちてますし、そのために一時的に両プログラムの難度を下げざるを得ませんでした。でも、医師が滑るのを許可してくれたのが重要です。グランプリファイナルに出場したいという僕の希望に敬意を払ってくれました。大阪でその権利を求めて戦う決意で一杯です。」

テーマ: フィギュアスケート | ジャンル: スポーツ

エリザヴェータ・トゥクタムィシェワ:尊敬するアスリートはいない。唯一の例外は…

NHK杯ががっつり開催されていますが、それにでていないリーザのインタがありましたので紹介します。

* * *

エリザヴェータ・トゥクタムィシェワ:イメージから外れてはいけない


http://lenta.ru/articles/2014/11/27/tuktamysheva/
アナスタシヤ・ロシチナ


(小さい子どものころからアデリナ・ソトニコワと比べられてきました。嫌になりませんでしたか?)

強いライバルがいるのは良いこと。ジェーニャ・プルシェンコとアレクセイ・ヤグディンみたいな感じ。ライバル心がなければ、彼らもあんな成績は残せなかったと思う。競争があるときは、より良くなるための意欲が生まれ、より熱心に練習をしはじめる。初めてロシア選手権に出たのは10歳のときだったけど、そのときからすべてが始まった。小さな女の子が3回転を跳ぶというのは、スケートの新たな段階だった。その後でアデリナが現れて、ジャンプでは問題があったけど素晴らしい滑りをした。私たち2人から、小さな女の子が難易度の高いコンビネーション・ジャンプを跳ぶ時代も始まったと言える。今、ジュニアグランプリでロシア女子が勝ち続けているのも、まさにこのため。


(アデリナと同じコーチの下で練習したいと思いますか?)

いえ、それは精神的負担が大きすぎる。あまり注意を払ってもらえないといってコーチを憎むことにもなりかねない。2人の素晴らしいスケーターに同じだけの時間を割くことは不可能。私は子どものことから、コーチがいつも見てくれていて、いつも隣にいてくれるのに慣れてしまっている。コーチが見ていないなら、なんでやるの?誰かが見ていてくれて、褒めたり怒ったりされることが私には必要。誰かのためにジャンプを跳ぶのは嬉しいこと。自分のためでも楽しいけど、いいジャンプができたときにコーチが見てくれていると2倍嬉しい。


(近しい人が観客席にいてくれることが必要ですか?それともリンクサイドにコーチがいれば十分でしょうか。)

具体的に誰かのために滑ることなんてめったにない。普段は、近しい人が観客席で見ることはない。両親に見られるのはずっと好きになれなかった。観客席に誰かが座っていることはそんなに重要じゃない。良い評価をしてもらえるようにジャッジのためには滑るけどね。


(最近の上海での大会ではユリヤ・リプニツカヤに勝ちました。いったいどうやってそれができたのでしょうか。)

ただ戦って勝てるということを見せただけ。ユーリャは最高のコンディションじゃなかったって言われてるし。バルセロナでのグランプリファイナルではみんなが自分の場所にいられることを願う。


(世界的に有名なスケーターと一緒に表彰台に上るなんてこと、子どもの頃から考えていましたか?)

タイトルのためとか、表彰台に上るためとかでフィギュアスケートを始めたわけじゃない。楽しいから、自分のために、エネルギーをぶちまけるために滑り始めたの。5歳のときには、常に何かしてないと、跳んだり、走ったりしてないといけなかった。だから、私がフィギュアスケートをやりたいと知った時両親は大喜びだった。「どうぞ滑ってくれ!」って言われたくらい(笑)。


(5歳の子どもはまだ将来については考えません。フィギュアスケーターとしてのキャリアを決めた、もう引き返せない地点というがあったと思いますが、それはあなたが決められたことなのでしょうか?)
辞めたい時期もあった。つらいエピソードというのは、どのスケーターも経験しているものだとは思うけど。でも少し経ってから、フィギュアスケートなしじゃ生きられないってわかる。耐えなくちゃいけないって意識する。確かに、コーチとたくさんの時間を過ごしていて、家族や友だちとはあまり時間を過ごせない。9歳か10歳のとき、周りのみんなは遊んだりはしゃいだりしているのに、私は他の街に行ってなくちゃいけなかったり、何週間も大会に出なくちゃいけなかっったり。壊れずに成功できたことは嬉しい。


(家族のサポートはどれだけ重要ですか?)
家族や親戚はいつも私のことを信じてくれてはいたけど、こんなに真剣だなんてずっと思ってなかった。彼らにとってはスケートは常に趣味であって、私は自分のために滑り続けてるんだって。


(あなたのプログラムの多くは似たテーマです。イメージを変えたいという希望はありませんでしたか?例えば、きれいな衣装で叙情的な音楽で滑るとか。)
それも美しいかもしれないけど、私は叙情的なものより、よりアーティスティックなものを選びたい。私にはイメージが必要なの!2012/13シーズンは恋愛の経緯について振り付けしてもらった。音楽も素晴らしくて、私もきれいに滑れていたけど、自分のじゃなかった。きらめきがなかったの。


(あなたのイメージとは?)

フィギュアスケートって、何?つらい仕事。劇場やバレー、体操と同じ。プログラムの技術的な部分を遂行するだけじゃない。踊って、ジャッジや観客と「遊ぶ」能力がなくちゃ。イメージから外れてはいけない。観客と遊んでいないのにスケーターに高い点数が出るのは理解できない。スケーターがプログラムにも、観客にも身を捧げてるのを見るのが一番楽しいと思う。私にエネルギーをもらった、燃やしてくれたって言われると、やってきたことが無駄じゃなかったんだっていう最高の証明になる。


(模倣をするお手本はありますか?)
いいえ。私が感動したり、お手本にしたりする人は全然いなかった。唯一の例外は、ウサイン・ボルト。みんな彼のことが好きだよね。秀でたアスリートはたくさんいるけど、彼は特別。


(どうして彼は特別なんでしょうか。)
あんなに早く走るためには、たくさん練習しなくちゃいけない。筋肉の1つ1つを鍛えないと。端から見てると、彼はなんでもとても簡単にやれちゃうみたい。でも深く入り込んで考えると、それは大変な作業。ウサインはこんなことを言ってた。「大会全部を勝ち続ける必要はない。大切なのは、重要な大会に怪我なしで臨むことだ」って。


(あなたにとってもそんなアプローチが可能でしょうか?例えば、ある大会では負けたとしても、シーズンの重要な大会では勝つとか。それとも、優勝それぞれが自分の力に対する自信をくれるものでしょうか。)
毎大会に勝って、重要な大会に向けて休むことかな。陸上選手とフィギュアスケーターのキャリアを比較したら、スケーターは全部負けてもいいからオリンピックで100%の演技ができればいい。

テーマ: フィギュアスケート | ジャンル: スポーツ

GPS日本女子SP(映像):1ゴールド2レオノワ3村上4宮原8加藤

NHK杯、女子は神演技続出でしたね!

* * *

NHK杯女子SP1位
グレイシー・ゴールド
3Lz+3T/ 3Lo,2A
68.16=36.53+31.63

ジャンプでは意外と加点をもらってなくて、きちんと決めてくると70点に乗るね ステップ前のチチチチがかわええ


NHK杯女子SP2位
アリョーナ・レオノワ
3T+3T/ 3F,2A
68.11=36.61+31.50

すごいコンボ!でも、このプロ、アリョーナ以外にこんなにうまくできる人いないって思わせてくれるくらい素晴らしい演技。後半2A前のイーグルから2Aの後のスピンの入りまでの流れが素晴らしい。アリョーナのSP点数、ラジオノワ・リーザ・リプよりも上だね。


NHK杯女子SP3位
村上佳菜子
3T+3T<,3F/ 2A
64.38=33.38+31.00

冒頭の回転不足はジャッジ厳しいのう… 3FのGOE-はコネクティングステップがない扱いか ステップは素晴らしい、高評価も納得。レオノワと村上は点数的にはほとんど互角のプロだね、70点くらいが完成バージョン。


NHK杯女子SP4位
宮原知子
3Lz<+3T/ 3F!, 2A
60.69=31.27+29.42

回転不足とエッジ、厳しい…。キャメルは最初の基礎ポジションの回転が足りなかったね。でも表現とかすごくうまいと思うんだけどなあ・・・PCSもっとくれ。レイバックの加点スゴ。


NHK杯女子SP8位
加藤利緒菜
3Ffall/ 3Lo+2T,2A
50.87=28.07+23.80-1

ちょっと硬くなったかな?ステップのあたりとか上半身の振りつけがちょっと甘い感じ。でも素敵プロ。

テーマ: フィギュアスケート | ジャンル: スポーツ