無料アクセス解析

ロシア記事:ロシアのスケーターは進化しているが、フロアを支配するのは違う者だ(前)羽生・フェルナンデス

引き続き、GPFに関するロシア記事のご紹介。サンクト・ペテルブルク・フィギュアスケート・アカデミーのコーチ兼振付師であるワレンチン・モロトフのコメントです。

* * *

ロシア記事:ロシアのスケーターは進化しているが、フロアを支配するのは違う者だ


http://rsport.ru/blog_simonenko/20141218/795604655.html
ワレンチン・モロトフ

グランプリファイナルの男子シングルは、予想し得ない結果となった。あんなグランプリシリーズでの失敗から羽生結弦は「復活」し、以前のオリンピック・レベルにまで戻ってくるなんて期待していた人は少なかろう。しかも、彼1人で日本男子シングルの評判を維持しなくてはならなくなったなんて。日本の町田樹と無良崇人が、大差でメダル争いから降りてしまったのだから。

羽生がショパンの音楽に乗せて見せたショートプログラムのような成熟を見れるとは思っていなかった。彼が伝統的なクラシックを現代的なアレンジとリズムにしないで滑っていたのは思い出せない。このプログラムではピアノだけが響き、それが素晴らしかった。結弦はこの音楽の中に溶け込み、感情のあらゆる波、あらゆる起伏を滑りこなしている。技術面において、プログラムはとても賢く作られている。4Tと3Aには最難度の入りで、力を温存せず体力的にも精神的にも全力を尽くしてるのが見て取れる。

「オペラ座の怪人」の音楽で滑るフリープログラムでは、ジャンプへの難しい入り方が簡単な入り方から続いているのが見られる。特に、羽生のフリー最初の4Sへはとても簡単な入りだ。次のジャンプも簡単なステップから実行されており、体力の消費を増やさないようにしている。羽生はフリーでも、ショートで見せたような音楽性を見せている。それに加え指摘したいのは、以前の力の抜けた、ぞんざいなスケーティング・スタイルから結弦はやっと抜けたようだ。彼には張り詰めた線が現れた。ジャンプを着氷してからも背中と腕をキープしようとしている。

羽生のフリーでのステップシーケンスはレベル3で「+2」のGOEだった。レベル4には、明らかに体幹の動きが足りていない。ステップシーケンスは、ウォームアップとスケーティングのデモンストレーション、そしてジャンプを後半に移すために前半に置かれている。以前の記事でも書いたが、北米的なプログラムの見せ方を指摘したい。つまり、ジャッジへの強力なアピールだ。単純なスリーターンの後でさえ、振りや目線すべてがジャッジ席に向けられている。その他に私の目に写ったのは、3Lzでの転倒の後に羽生があんなに大きな笑顔を見せたのは無駄だということだ。プログラムはすべて悲劇的なイメージで流れていたのに、ここで彼はその感情から外れてしまった。

ハヴィエル・フェルナンデスはショートプログラムで、素晴らしく音楽的なスタートから、難しい入りとスリーターンからの4Sを見せた。このステップは、この場合、ジャンプ前のリズムを捉えるために行われている。ハヴィエルは、このスリーターンがリズミックな入り方となり、またプログラムにバラエティをもたらすものとなるスケーターの1人である。3Aも難度をあげた入り方をしている。イーグル、スリー、モホーク後のバックスケーティングから。

ショートプログラムのステップシーケンスで、フェルナンデスは、ジャンプでのミスの後で印象が飛んでしまったように思える。しかし、このミスがなくても、ハヴィエルはまだプログラム全体を通じてきちんと体力をコントロールできていないのではないか。ステップ自体は音楽的に、彼のショー・スタイルで振り付けられている。彼のコーチであるブライアン・オーサー譲りの「特製」トウ・ステップが素晴らしく入れ込まれている。それに加え、独特で派手なダンス・ストップが、記憶に残るように、明らかに観客に向けてなされている。しかし、彼がそれを3回ともフェンスの3辺に向けてやったのを見て驚いた。エキシであれば、そんなトリックは観客へのアプローチという意味で説明できるが、競技プログラムでのこのような構成は、映画「ジョン・カーター」のエピソードを思い起こさせた。そこでは、「どうやって観客を惹きつける?」という質問に対し、「大猿を放そう」と答えられた。その1分後、「どうやって観客を惹きつける?」という質問に対し、「2匹目の大猿を放そう」と答えられるのだ。私には、フェルナンデスのやり方はまさにこのシリーズだと思えた。

(続く)

テーマ: フィギュアスケート | ジャンル: スポーツ

ソトニコワ・ユーロ代表発言をめぐるスキャンダル - スケ連コメント

今週末のロシア選手権に怪我のため欠場することを発表しているアデリナ・ソトニコワが、ユーロまでに怪我を治したいと発言したことについて、さまざまな憶測が流れています。リプニツカヤのコーチであるトゥトベリゼコーチは明らかに反対の意思を表明しているようです。

この件について、ラケルニク・スケート連盟副会長がコメントしています。コメントを含めた解説記事を紹介します。

* * *

また「非公開テストスケート?」ソトニコワ発言をめぐるスキャンダル


http://www.sovsport.md/gazeta/article-item/767406
イネッサ・ラスカゾワ

アデリナ・ソトニコワは記者に対し、ユーロに向けて足首の怪我を治したいと無邪気に話した。Sovsport.ruは、アデリナ発言のネット炎上の一義的でなく、ときに攻撃的な反応の原因を追求した。

グランプリファイナルの優勝者(ロシアでは10年ぶり)であるエリザヴェータ・トゥクタムィシェワ、グランプリファイナル準優勝でシリーズ2回の勝者であるエレーナ・ラジオノワ、ワールド準優勝で現行のユーロ金メダリスト、国別対抗戦のオリンピック金メダリストであるユリヤ・リプニツカヤ、そしてもう1人のグランプリ・ファイナル出場者であるアンナ・ポゴリラヤ。しかも、これはリストのはじめの方だけだ。誰を消せばいい?

リプニツカヤは、「代表の座をかけて同じ場所に15人はいる!」と言っていた。エリザヴェータ・トゥクタムィシェワがバルセロナで記者に尋ねられ確認したように、ロシア選手権の戦いは、ユーロでも見られないようなものになる。そこへの出場をかけた戦いだというのに。生きるための戦いではなく、デスゲームだ。

しかし、フィギュアスケート連盟が、健康上の問題でこの戦いにまだ参加できていないアデリナ・ソトニコワを送ると決めたら、誰かをリストから削除しなくてはいけなくなる。

では、誰を?3位になったものか。明らかになっている通り、代表選考のルールはソチ・オリンピックの頃から変わっていない。ロシア選手権の優勝者および準優勝者は必ず代表に選ばれる。

それでは、3位になったスケーターはどうなるのか。どのように、そしてどんなパラメータでそのスケーターとアデリナ・ソトニコワが比べられるのか。

こういった質問を、尊敬すべきジャッジであり、ロシア・フィギュアスケート連盟の副会長、ISUシングル・ペアスケーティング技術委員会のアレクサンドル・ラケルニク委員長に投げかけた。

「ええ、ロシア選手権の銅メダリストがストックホルムの欧州選手権に出場できず、アデリナ・ソトニコワにその権利が与えられるという状況はまったくあり得る。ここには何の矛盾も違反もない。代表選考ルールは十分にはっきりと言っている。代表の最初の2枠はロシア選手権の上位2名で、3つ目の枠はコーチ協議会の推薦による。アデリナ・ソトニコワはオリンピック金メダリストであり、同意してくれると思うが、オリンピック金メダリストは、一定の敬意に対する権利を持っている。」


(こんな激しい競争の中では、ちょっとしたミスの代償が高くつく可能性が高いです。たとえば、3位になるのが、やはりオリンピック金メダリストであるユリヤ・リプニツカヤだった場合はどうなるのでしょうか?)


ユリヤ・リプニツカヤは、団体戦の金メダリストだ。団体戦というのは、ちょっと違うもの。個人戦でのオリンピック金メダリストは、2人だけ、正確には3人だけだ。ペアのヴォロソジャル・トランコフ組と、アデリナ・ソトニコワ。


(つまり、アデリナ・ソトニコワの方が好まれると?)

もしリプニツカヤがロシア選手権で3位になったとしたら、つまりそれは彼女の準備状況がそんなに良くないということを意味する。理解いただきたいのは、ユーロに弱いスケーターを送るという課題は我々にはないということだ。我々の課題は1つだけ、ストックホルムで我が国を代表するのに値するスケーターを送るということだ。この視点で、アデリナ・ソトニコワには優位性がある。彼女しか持っていないタイトル、ソチ・オリンピックでの彼女だけの功績が。このタイトルが彼女により大きな権利を与えているが、しかし同時により大きな義務を前提としている。

アデリナは、目的意識を持ち、野心的な女子だ。だから、ユーロに出て、そこでひどい滑りをすることは、彼女自身が誰よりも欲していないことだろう。アデリナを誰かと比べることはできない。1月に、アデリナとコーチのエレーナ・ブヤノワとの面談がある。彼女たち自身が限りなく誠実に自身の準備状況、コンディションについて評価するだろう。このアデリナとエレーナ・ブヤノワとの面談は、新年の祝日の後、1月12日以降に行われる。今はこのテーマに関する議論は時期尚早だと考える。今日は土曜日だが、数日前にアデリナは怪我後初めてリンクに入ったばかりだ。これ以上、今話すことはあるか?

テーマ: フィギュアスケート | ジャンル: スポーツ