無料アクセス解析

スケーター年齢順のロシア女子リスト

ロシア・ジュニア選手権2015を目前に控えて、主なロシア女子のスケーター年齢順のリストをつくってみました。引退した選手や移籍した選手も参考までに入れています。

間違いや、この人も入れてほしいというものがあったら教えて下さい。

ロシアジュニア選手権2015 日程・出場者リスト
ロシア女子スケータープロフィール一覧

* * *

-1990/1991
1990/11/23 レオノワ/アリョナ


-1992/1993
1992/12/20 マカロワ/クセニヤ
1993/03/11 アルテミエワ/マリヤ


-1993/1994


-1994/1995
1994/07/19 ビリュコワ/ソフィヤ


-1995/1996
1995/07/28 シェレペン/ポリナ
1996/03/16 オフチャロワ/アンナ
1996/04/02 アガフォノワ/ポリナ
1996/04/12 コロベイニコワ/ポリナ


-1996/1997
1996/07/01 ソトニコワ/アデリナ
1996/09/09 ゴスヴィヤニ/ニコリ
1996/12/17 トゥクタムィシェワ/エリザヴェタ


-1997/1998
1997/09/01 スタヴィツカヤ/マリヤ
1998/04/10 ポゴリラヤ/アンナ
1998/06/05 リプニツカヤ/ユリヤ
1998/06/22 ペルヴーシキナ/ジアナ


-1998/1999
1999/01/06 ラジオノワ/エレナ


===== 2014/2015シーズンシニア =====


-1999/2000
1999/07/12 カユモワ/アルスウ
1999/11/19 メドヴェデワ/エヴゲニヤ
2000/01/06 ユシチェンコ/エリザヴェタ
2000/01/18 オゴレリツェワ/ナタリヤ
2000/02/09 サハノヴィチ/セラフィマ
2000/04/05 プロクロワ/アレクサンドラ
2000/04/12 ソツコワ/マリヤ


-2000/2001
2000/07/14 コンスタンチノワ/スタニスラワ


===== 2014/15シーズンジュニア =====


-2001/2002
2001/07/11 ツルスカヤ/ポリナ
2001/07/20 ベズルコワ/ヴィクトリヤ
2002/02/14 フェジチキナ/アリサ
2002/05/05 ミトロファノワ/エカテリナ


-2002/2003
2002/07/30 サモドゥロワ/ソフィヤ
2002/12/02 グバノワ/アナスタシヤ
2002/08/25 ヌグマノワ/エリザヴェタ


テーマ: フィギュアスケート | ジャンル: スポーツ

セルゲイ・ヴォロノフ:ユーロでメダルを獲れなかったら(3)GPS日本大会で最下位になって引退を考えた

ヴォロノフインタの続きです。次がラストかな?


(1)ユーロ不調の理由
(2)五輪を2度耐えて、すべてのことに対して哲学的に対処するようになった
(3)GPS日本大会で最下位になって引退を考えた
(4)ペテルブルクでまともに接してくれたのはプルシェンコだけだった
(5)チャンや小塚が見たら、どうおもうかなあ

* * *

セルゲイ・ヴォロノフ:ユーロでメダルを獲れなかったら。太陽が消されなかったら。


http://rsport.ru/interview/20150201/803590355.html
マリヤ・ヴォロビヨワ/アンドレイ・シモネンコ

続き

(日本でのグランプリ大会で最下位になって、引退したいと思ったと昨年おっしゃっていました。そんな考えはよく訪れるものなのでしょうか。)

実際は違う。まあその時は感情的に言ってしまった。気分が極めて悲観的だったから。帰ってきて2日は、これ以上無理だ、もう続けたくないという思いで生きていた。わかってほしんだけど、そのときの練習量は半端じゃなかったし、新しいコーチ(エテリ・トゥトベリゼ)に移ったあとの一番つらい時期を乗り切ったところだったんだ。全然若い奴らと一緒になって練習して、何もかもがすごく大変だったのに、いきなり最下位だからね!もちろん、何もかも投げ出したくなったよ。チームと近しい人達のためだけに、結論を変えたんだ。そうさせてくれなかった。その時に引退していたらどうなったと思う?今だって爪を噛んで、もし…だったら、なんてことを考えるんだ。

テレビの前でポテチと炭酸を持ってソファに座って、結論をだすのはとても簡単だ。他のスポーツについてだったら、自分だってそんな状況で批判することはできる。しかし違う場所に立てば、すべては変わるものだ。膝が震えないのは誰か見る必要がある。


(フィギュアスケートは自分の仕事であると、なんども繰り返されています。しかし、これは良いことですが、その仕事から今、実際に何らかの、感じられる見返りを受けとりはじめています。ご自身の生活の糧を得る何か追加的な機会について考えたりしませんか?)

まず、フィギュアスケートはこれまでも、そして今も私の時間のすべてを占めている。第2に、最初に自分に問わなければいけない。この人生で自分は何ができるのか?おおまかに言って、今はただ滑ることだけだ。この大会でも、インタビューで話すのがうまいと誰かが言っていたけど、それでパン代を稼げるわけじゃない。今のところ私にはメインの仕事がある。しかし、活動の種類が変わるときがいつかやってくると理解している。もちろん、そのことについてはもう今も考えている。しかし何か具体的なことは、今のところ考えていない。コメンテイターとしての仕事、テレビでの仕事は好きだけど、それではあまりにも抽象的だ。


ペテルブルクで私にまともな態度をとってくれたのは、プルシェンコだけだった



(インターネットであなたについての専門家の発言はいろいろと簡単に見つかります。たとえば、5年ほど前、当時のロシアスケート連盟会長であったワレンチン・ピセーエフはこう言っていました。「スケーターの誰にも文句はない。ヴォロノフを除いてだが」と。今はあなたが報道を読んでいることは知っていますが、そのときは読まれていましたか?)


もちろんそれもすべて見たし、読んだ。怒ったし、恨んだよ。でも自分に何が残った?人格攻撃か?以前は子どものように怒ったが、ワレンチン・ニコラエヴィチ(・ピセーエフ)にはその批判に対して感謝している。今となっては、彼が私のことをそんなに批判しなかったら、誰にも何も証明しようとしなかったかもしれない。ミスをすると、最初は縮こまって、怖がって、このせいで大変なことになると思っていた。そんなことがあってから、最終的に、すべて無駄じゃなかったとわかる。


(以前は練習に対して免罪符を出していたのでは?たとえば練習を最後までやりきれないこともありましたか?連盟会長のそんな発言が出てきたのは目的がないわけではなかったでしょう。)

練習を最後までやらないことなんて、それは今もある。ただ誤解してほしくないんだけど、オフィスでだって人は仕事を最後までやらないこともある。ただ、今の準備状況では、システムがあるから、結果に影響することはないというだけ。あの頃について言うのは、正直、過去を汚すのは嫌いなんだ…。良いこともあれば、悪いこともある。汚いシーツに潜り込んでも意味はない。今、これだけたくさんの面白くて前向きなことがあるから、そっちを議論する方がはるかに大切だ。昔あったことはすべて、そのまま残しておけばいい。すべての状況は、それにあったタイミングというのがある。

(続く)

テーマ: フィギュアスケート | ジャンル: スポーツ