無料アクセス解析

アルトゥル・ガチンスキー「羽生の滑りはシーズン初めで「緩み」があるように見える」

羽生のオータムクラシックの演技を見たガチンスキーがコメントをしていますので紹介します。記事タイトルでは批判しているようにも見えますが、「もっと凄いことができる」と期待する内容ですね。



アルトゥル・ガチンスキー「羽生の滑りはシーズン初めで「緩み」があるように見える」
http://rsport.ru/figure_skating/20161017/1110922984.html
2016/10/17 / R-Sport / アナトリー・サモフヴァロフ

羽生のプログラムを見たけれど、それほど強い印象を受けたとは言えない。彼の滑りに歓喜するほどにはならなかった。僕には、滑りに緩みがあるように見えた。そう、羽生は難しいエレメンツに続けて面白いことをしている。ジャンプの後もスピードがあるし、続けて面白いステップを入れている。でも、それはもうだいぶ前から、羽生がシニアで滑り始めたばかりの頃から僕の目には映っていた。

(アレクセイ・ミーシン・コーチがR-Sportに対し、ガチンスキーが以前は今の羽生よりも質の良い4Loを跳んでいたと発言したことに対し、)

それについては、僕を傍から見ていた人に判断してもらった方が良い。そうかもしれないけど、アレクセイ・ニコラエヴィチ(・ミーシン)のインタビューを読んだときは自分自身が驚いた。おそらく冗談で言っているわけではないだろう。カナダで羽生はとても素晴らしい4Loを、クリーンに、自信を持って跳んだ。羽生は以前から4Loを跳んでいて、エキシで何度も跳んでいたことがある。凄いことだよ!フィギュアスケートの将来は、ループやルッツ、フリップに留まらず、もっと凄いことになるというアレクセイ・ニコラエヴィチ(・ミーシン)の意見には同意するけど。

テーマ: フィギュアスケート | ジャンル: スポーツ

パニン記念:女子SP:1トゥクタムィシェワ2アルテミエワ3アフストリースカヤ | Home | フィンランディア杯2016観戦情報まとめ

コメント

コメントの投稿


非公開コメント