無料アクセス解析

GPF:女子FS(タラソワ解説):1メドヴェデワ2宮原3ポゴリラヤ4オズモンド5ソツコワ6ラジオノワ

GPF2016、女子SPに続き女子FSです。タラソワ解説付き(簡易版)。



2016GPF


GPF女子FS
1 メドヴェデワ 148.45
2 宮原知子 143.69
3 ポゴリラヤ 143.18
4 オズモンド 136.91
5 ソツコワ 133.05
6 ラジオノワ 119.83
http://www.isuresults.com/results/season1617/gpf1617/SEG004.HTM
プロトコル:http://www.isuresults.com/results/season1617/gpf1617/gpf1617_Ladies_FS_Scores.pdf

GPF女子総合
1 メドヴェデワ 227.66
2 宮原知子 218.33
3 ポゴリラヤ 216.47
4 オズモンド 212.45
5 ソツコワ 198.79
6 ラジオノワ 188.81
http://www.isuresults.com/results/season1617/gpf1617/CAT002RS.HTM


1 エヴゲニヤ・メドヴェデワ

3Fタノso 3Lz!タノ/ 3Lo 3Fタノ3T 2Aタノ2Tタノ2Tタノ 3S3T 2Aタノ
148.45=74.23+74.22
SP1FS1総合1 227.66

タラソワ「この演技をするのが、彼女にとって簡単なわけではない。コンビネーションをリカバーしたのは偉い。そのための準備をしているんでしょう。サルコウはいい、クワドできるんじゃないかしら。彼女のプロが最強だということに疑問はない。誰とも比べられないほど。大きな差がある」


2 宮原知子

3Lo 3Lz3T 3F143.69=73.24+70.45
SP3FS2総合2 218.33

タラソワ「彼女を含めたくさんの日本人がフィギュアスケートに喜びをもたらしてくれることに感謝。回転不足も、1つ以外はなかったと思う。彼女は誰にも負けたくなかった。こんな小さな女の子に、これだけの力が。勝つためにはちょっと日本人の要素が必要だと思う。ずっと黙っているのに、いきなりエネルギーに満ちる。そして、エレメンツごとに闘ってる。彼女がこんなにクリーンにジャンプを跳ぶのを見たことがなかった。すごく集中してた。ジャンプが少し高くなって、回転不足がかなり減った。彼女は感知し得ない高みまでストレッチできる。それがすぐにスピンやスパイラルに反映されてる。特にスピン。」


3 アンナ・ポゴリラヤ

3Lz3T 3F! 2A/ 3Lz1Lo3S 3Lo2Tタノ 3Lo 2A
143.18=73.52+69.66
SP4FS3総合3 216.47

タラソワ「どのエレメンツも闘ってた。昨日バスから出てきたところで、「本当に疲れた」と言っていた。私は明後日には休めるから、と。それでもすべてやりきった。良い滑りでした、最高のではないけれど。」


4 ケイトリン・オズモンド

3F3T 2A2T 3Lz/ 3Lo 3F 2S1T2Lo 2A
136.91=66.85+70.06
SP2FS4総合4 212.45

タラソワ「とても力強い。音楽の解釈が素晴らしい。プログラムが素晴らしく、一体となっていた。ものすごいスピードとものすごいジャンプで通り抜けた」
(評価が低い解説員と口論)


5 マリヤ・ソツコワ

3Lz3T 3F/ 3Lo 3F<1Lo3S< 3Lz 2A2T両タノ 2A
133.05=66.77+66.28
SP6FS5総合5 198.79

タラソワ「ジュニアからいきなりGPF。大きな功績。(つなぎを)もう少し足せる。彼女が心で滑ってるのが好き。自分が楽しんで滑って、それを贈り物にしている。今年の一番の新人。滑るごとに力をつけて、今回が一番の滑りだと思う。」


6 エレーナ・ラジオノワ

3Lz倒< 3F/ 3Lz3T< 3LO1Lo3Sso<< 2A 3S 2A
119.83=55.50+65.33-1
SP5FS6総合6 188.81

タラソワ「演技途中で構成を変えた、転んだから。最初のコンビネーションがでプロが損なわれて、でもその後調整してきた。ルッツ2本にコンビネーションがつけてるから、リカバリーしようとしたけど。とても難しい構成。彼女にとって今シーズンはとても大変。でもしょうがない。練習するしかない」

テーマ: フィギュアスケート | ジャンル: スポーツ

GPF羽生結弦EX+フィナーレ:タラソワ解説「彼はこの音楽に込められたものを本当に表現できる」 | Home | GPF宇野昌磨FS:タラソワ解説「彼の細胞の1つ1つが音楽を感じている」

コメント

コメントの投稿


非公開コメント