無料アクセス解析

アレクサンドル・サマリン:この銅メダルは、この先もっと練習しなくてはならないという指標

ジュニアワールド2017で3位となったアレクサンドル・サマリンのインタビューを紹介します。



アレクサンドル・サマリン:この銅メダルは、この先もっと練習しなくてはならないという指標


http://www.fsrussia.ru/intervyu/2887-aleksandr-samarin-moya-bronza-pokazatel-togo-chto-vperedi-mnogo-raboty.html
タチヤナ・フレイド / ロシアスケート連盟公式サイト / 2017/3/17

自分のチーム、愛するスヴェトラーナ・ソコロフスカヤ・コーチ、アレクサンドル・ウスペンスキー・コーチ、それとコレオのマルガリータ・ロマネンコに感謝したい。私を支えてくれて、良い影響を与えてくれる人みんなに感謝します。それから、良い結果を残せたみんなにおめでとう。今日はみんな高いレベルの滑りを見せてくれました…。

そう、ジュニアワールドに出場したこの4年間で、初めて表彰台に上りました。ジュニアワールドでのこの結果が嬉しいとは言えません。でも、銀が続いていた記録をこの大会の銅で終わらせたのは嬉しいです。これから、白紙でシニアに移行できます…。

ジュニアのスケートレベルは最近かなり上がりました。台北では、ほぼすべてのスケーターが、違ったより良い成績を残しました。シニア男子のレベルも伸びており、ジュニアはより経験がありタイトルも取っているようなトップ選手たち追いかけているからです。シニアのレベルが上がれば上がるほど、ジュニアももっと練習するようになります。そのうちシニアに移行して、強力なライバルたちと競わなくてはならなくなるからです。このため、ジュニアも前に進まされているのです。

来シーズンはオリンピックシーズンで、いちばん大事な目標は誰にでもわかっていることだと思います。ワールドのあとは違った練習が待っています。コンポーネンツとプログラムのニュアンスについて、もっと真剣に取り組まなければなりません。そのために、私はこの大会で負けたのですから。この課題に対処できれば、私のプログラムは新たな色合いがきらめくことでしょう。

銅メダルは、この先もっと練習しなければならないという指標です。1位じゃないということは、練習期間注に最後までやりきれなかったということです。もっと練習して、集中して練習して、何かを変え、大事なものを掘り起こしていかないといけません…。

テーマ: フィギュアスケート | ジャンル: スポーツ

台湾フィギュアスケート観戦:関連情報メモ(チケット、交通、宿、食事) | Home | ドミトリー・アリエフ:自分のジュニア時代に良いピリオドを打てた

コメント

コメントの投稿


非公開コメント