無料アクセス解析

台湾フィギュアスケート観戦:関連情報メモ(チケット、交通、宿、食事)

台北でのフィギュアスケート観戦に関する関連情報を覚え書き程度にまとめておきます(ほぼ自分用)。他にお役立ち情報や知りたいことがあれば、ツイッターかブログのコメントまでお願いします。可能であれば追記していきます。



●チケット

・例年無料。昨年までの4CCでは会場でのチケット引取だったが、今回はセブンイレブンでの発行になり、手数料が1日につき30元。端末操作は中国語だけだけれどもオフィシャルウェブサイトの説明を見ればさほど難しくはない。

・数ヶ月前から予約開始になる。オフィシャルやツイッター等に情報が流れてくるのでこまめにチェック。

・昨年の4CCまでは、ブロック指定で席の指定はなく、席は種目ごとで早い者勝ちだったが、今回のジュニアワールドは席まで指定されている。昨年までは、種目ごとに入れ替え制で、種目が始まる30分~1時間前の開場に合わせてゲートで待ち、開場とともに走って良席を確保していた。

・前の方の席はすぐ予約が入るが、その後ろの席も悪くない割に結構長く席が残っていたりする。土日、エキシが人気で早めに埋まる感じか。結構空きがあるので、直前や、現地でも入手できるかもしれない。また、予約が無料のため実際に必要な数より多く予約している人もいるので、知り合いやつツイッターでチケットの有無を聞いてみたら割と手に入りやすいと思われる。


●交通

・桃園空港 → 市街地
 地下鉄開通(2017/2)したのでアクセスが楽に。
 80元

・地下鉄が便利。
 Easy Card(悠々カード)があると便利(SUICAみたいなの)
 駅やセブンイレブンで積み増し可能。

・会場の台北アリーナはTaipei Arena(台北小巨蛋)駅からすぐ


●宿

・オフィシャル:Sunworld Dynasty Hotel
 台北アリーナの斜向い。早めに予約すればそんなに高くない(1部屋1万円以下、2-3人で宿泊すればかなり安い)。

・安く済ませるなら、地下鉄緑線で一本の西門当たりにゲストハウス、ホステル等の安宿多数。今回泊まったのは部屋は狭い個室、シャワートイレ共同で一泊1800円程度。ドミトリーならもっと安くて条件良いものもあり。

・地下鉄が便利なので、少し離れていてもそんなに問題なさそう。


●大会中の食事

・会場付属のセブンイレブンは改装中(2017/3)。道路向かい側(北側)にセブンイレブン2軒あるが、道路を渡るのに時間がかかる。地下鉄駅にミスドあり。

・会場内にカフェ、会場外側にモスバーガーとカフェあり。この外側のカフェ、コーヒーのんだけど微妙でした(個人的な感想)。

・会場斜向いのオフィシャルホテル近くのショッピングセンター1Fにメゾンカイザー(パン屋)、B2にフードコート的なものがある。種目間に1時間ほど空きがあるときでも、だいたい間に合う。またオフィシャルホテル1Fのカフェでも食べられる。オーストリアの選手が横で食べてました。

・毎日終わりの時間が22時頃と遅いが、24時間営業の飲茶等もあったり、繁華街は夜遅くまでやっているので、少し移動すれば夕食も可能。

テーマ: フィギュアスケート | ジャンル: スポーツ

アリーナ・ザギトワ:本田真凜がクリーンなら、私にはミスをする権利がないとわかっていた(前) | Home | アレクサンドル・サマリン:この銅メダルは、この先もっと練習しなくてはならないという指標

コメント

コメントの投稿


非公開コメント