無料アクセス解析

ユリヤ・リプニツカヤ:『ページはめくられた。私には新しい人生と、新しい計画がある』(後)

現役引退を発表したユリヤ・リプニツカヤのロシア・スケート連盟公式サイトへのインタビューの後編です。

(参考)
ユリヤ・リプニツカヤ:『ページはめくられた。私には新しい人生と、新しい計画がある』(前)



ユリヤ・リプニツカヤ:『ページはめくられた。私には新しい人生と、新しい計画がある』


2017/9/12 / オリガ・エルモリナ / ロシア・スケート連盟公式サイト


続き

(では、お話いただけますか?)


テレビ番組から始めましょう。その番組のあと、ママは白髪になってしまって、私にも白髪が増えたくらいでした。その代わり、ショーの製作者にとっては良かったことでしょう。視聴率も高かったみたいです。そう、その番組では、ザノジンという名字の人が出ていました。この方は、私がモスクワ国立大学に入学して、この情報は信頼できると主張していました。しかし、私の大学入学は、もしうまくいったらという計画にしかありません。一年後にモスクワ大学への試験を受ける予定です。将来はスポーツ・マネジメントに取り組みたいと思っています。興味がありますし、私の過去の人生とも関係しているからです。

2つ目は、いろいろな番組を渡り歩いている、私の父だとあえて名乗る人物です。ここで問題です。どうしてテレビの番組制作者はそんなことを許したのでしょうか。この人は明らかに詐欺師です。たとえ彼が同じ名字であったとしても、彼に回答を急かす決まりはないはずです。その人は私には何の関係もありません。彼が私について話したことは…ただただ、猿ぐつわをかませたいですね。聞くに耐えません!

私の父についてはよく知っていますしどこに住んでいるのかも知っています。ですので、警告します。似たようなケースが繰り返される場合、私を利用してPRしたいと考えている私の「パパや親戚」がテレビに現れる場合には、裁判所で会いましょう。

ある新聞に記事が載りました。読んでいるときは、笑い話かと思っていました。その記事にあった真実は、たった2単語だけでした。ユーリャとリプニツカヤだけ、それだけです!いったいどうして、私が現役引退をする決心にあたかも影響を与えたような青年を考えだしたんでしょう?匿名を希望する私の家族の親戚の発言が引用されていました。私には、そんなことができるような親戚も友人もいません。記事すべてが、全部まったくの記者のファンタジーでした。著者には作文で満点をあげましょう!


(そんな状況なのにユーモアの感覚を忘れていないのは素晴らしいことです。いま夢見ていることは何ですか?)

夢見ていることですか?人生の中で興味を持って取り組めることを何よりも見つけたいです。たくさんのご提案があり、いろいろなプロジェクトがあって、私はいま岐路に立っています。結婚式を飾るために呼ばれて座るだけのことはできないし、したくないです。自分自身で参加したいですし、自分自身が最大限に興味を持てることをしたいと思っていますが、それは勉学なしではうまくいかないでしょう。ですので、いまは私の第1位は勉強です。家庭教師を付けて積極的に英語を学んでいます。しばらくは勉強に集中して、その後になって見えてくるでしょう。もちろん、並行して他のことも試したり、何か自分のために見つけようと思います。ショーには出ないのですかと訊かれますが、今のところまだできませんししたくないです。そういったご提案はありますが。時間が経てば、もしかするとなにかが変わってリンクに惹かれるかもしれないので、そのときに考えます。

でも、コーチにはならないというのは確実です。仕事をスケートと関係させるというのは別の話です。でも、教育がなければどこにも行けません。興味というのは趣味ですが、趣味は趣味であって、仕事は教育が必要です。


(ページはもうめくられて、あなたの夢や計画はすべて未来へ向かっていると言えますか。)

ええ、私には新しい人生と、新しい計画があります。スケート終えて残った習慣は、自分を管理すること、明確なスケジュールを組むことです。自由な時間ができると、今はかなり頻繁にできるようになりましたが、すぐにどうやってその時間を埋めようかと考え始めます。一点で留まり続けることがないよう、すべきことの段取りを書き込みます。1日の計画ができると、素晴らしい気分になって、全部時間通りにできるよう努力します。休みの日は郊外の別宅に向かいます。

ずっと馬が好きだったことを皆さんご存知でしょう。いま、私には自分の馬が現れました。モスクワにです。郊外の別宅の近くに民間の厩舎があって、馬術をしたり、馬に乗って30-40km散歩したりできます。私の趣味の一つで、とても楽しいので時間を費やすことは惜しくありません。馬はダコタという名前で、トラケーネン種です。背が高くでモデルのような外見で、性格も良いんです。本当に夢のようです!


(それは良いですね!付け加えることはありますか?)

スケート連盟と、私を助け、支えてくれたすべての人に感謝したいです。特に、もう元コーチになってしまいましたが、アレクセイ・エヴゲニエヴィチ・ウルマノフ・コーチには感謝しています。一緒に練習していたときには、最大限に集中してくれて、助けてくれて、そして問題が起きたときにはいつもすぐに反応して、解決してくれました。こことはまったく違った生活でしたが、ソチでの練習はとても気持ちが良かったです。ソチのチームはとても友好的で、みんながお互いに親切にするという空気でした。このチームと結果が出せていたら幸せでしたでしょう。そして、そうならなかったことを残念に思っています。でも、もう一度繰り返しますが、そういった方々と練習できたのは楽しかったです。

ファンの皆さんには、愛してくれたこと、信じてくれたこと、理解してくれたこと、そして待ってくれていたことにありがとうと言いたいです。いま、私のところにはたくさんのメッセージが来ます。時には答えようとすることもあります。純粋な心から書いてくれる人もいて、メッセージを読むと、涙が流れる時もあります。でもやはり笑うことの方が多いです。私に対してこんなに温かく向き合ってくれる人たちがいて、とても嬉しいです。

私を足蹴にして、嫌っていた人たちにもありがとうといいたいです。時にはそれで考え込んで、先に進まざるを得なくなったから。

単純に、みんなありがとう!


(ありがとうございます、ユーリャ。)

(終)

テーマ: フィギュアスケート | ジャンル: スポーツ

ロンバルディア杯(映像):男子SP:1宇野2ブラウン3ケリー8ペトロフ9ラズキン17佐藤 | Home | ユリヤ・リプニツカヤ:『ページはめくられた。私には新しい人生と、新しい計画がある』(前)

コメント

コメントの投稿


非公開コメント