無料アクセス解析

カロリーナ・コストナー:誰でもどこかの時点で、自分の人生をスポーツに捧げるか、そうではないかを決めなくてはなりません

GPSロシア2017で銀メダルを獲得したカロリーナ・コストナーが、リプニツカヤの引退についてコメントしていましたので、紹介します。



フィギュアスケーターのコストナーが、リプニツカヤの現役引退決定についてコメント


https://www.gazeta.ru/sport/news/2017/10/23/n_10725722.shtml
2017/10/23 / Gazeta.ru


ええ、(リプニツカヤについて)そのことは知っています。(スケーターが若くして引退することについて)その件についての私の意見です。誰でもどこかの時点で、自分の人生をスポーツに捧げるか、そうではないかを決めなくてはなりません。フィギュアスケートはとても難しいスポーツです。幼いときから信じられないような高いレベルでフィギュアスケートをしていたら、どこかの時点で難しさを感じ始めます。というのも、普通のティーンネイジャーでありたいと思うからです。もっと学校に力を入れたいとか、大学で自分の力を試したいと思う人もいるでしょう。それだけじゃなく、ただ友達と遊んだり、休みにパートナーとどこかに行きたいものです!でも、それができないんです。

このために、女子は誰でもどこかの時点で決断しなければいけないんです。自分のやってきたことを捨てるのは、ひどく難しいことです。

誰にも現役引退の決定を批判する権利はありません。ユリヤに、自分自身の道を見つけられるよう、そしてとても幸せとなるよう祈ります。彼女は本当に素晴らしいフィギュアスケーターでしたし、引退のことを恥ずかしく思ったり悲しくなる必要はまったくありません。

テーマ: フィギュアスケート | ジャンル: スポーツ

セルゲイ・ヴォロノフ:30歳、人生はまだ始まったばかり(前) | Home | GPSロシア:男子SP:羽生結弦(タラソワ解説)

コメント

コメントの投稿


非公開コメント