無料アクセス解析

マクシム・コフトゥン:自己実現ができていないという思いが、将来自分を食べつくすとわかった(後)

マクシム・コフトゥンのインタビュー、後編です。


マクシム・コフトゥン:自己実現ができていないという思いが、将来自分を食べつくすとわかった(前)




マクシム・コフトゥン:自己実現ができていないという思いが、将来自分を食べつくすとわかった


http://fsrussia.ru/intervyu/3729-maksim-kovtun-ponyal-chto-chuvstvo-nerealizovannosti-v-budushchem-menya-sozhret.html
2018/5/12 / オリガ・エルモリナ、タチヤナ・フレイド / ロシアスケート連盟

続き

プルシェンコ・アカデミーで練習がうまくいかなかったのはなぜでしょうか。)


ジェーニャのところは素晴らしいアカデミーなのですが、リンクが標準の大きさではありません。プロフェッショナルを育てるのは難しいですし、ジェーニャも常に出先にいます。しかし自分には待つ時間はありませんでした。キャリアを続ける決断をしてから、練習したいと本当に思いましたし、プログラムを振り付ける必要もありました。


(去ることをジェーニャとインナ・ゲルマノヴナ(ゴンチャレンコ)にどう説明したのでしょうか。)


すべて正直に話しました。男性同士では仕事の話は簡単です。ジェーニャと話して、友人として分かれる事になりました。ジェーニャは「いつでも電話して」と言ってくれ、成功を祈ってくれました。

その後、インナ・ゲルマノヴナと合いました。CKSAのエレーナ・ゲルマノヴナ(ブヤノワ)のところに戻ると話しました。彼女は「わかりました。それが正しい決断だと思います」と応えました。わかってもらえて嬉しかったです。別れは問題なく、否定的なものはまったくありませんでした。休みの日にダーチャ(郊外の別宅)にも招待してくれました。あらゆることについて、インナ・ゲルマノヴナに感謝しています。一緒に練習している間、お互いにすごく近づいたと思います。


(エレーナ・ゲルマノヴナ(ブヤノワ)に電話するのは難しかったのではないでしょうか。)

最初にメッセージを書いてから電話して、会いました。彼女はもちろんとても驚いていました。まったくこんなことを思っていもいなかったようです。2時間以上も話しましたが、もっと短いように感じました。その後、彼女は長いこと考えていました。4月1日に、スケート靴を持って16時の氷上練習に来くるよう連絡をもらいました。新たな人生が始まりつつあるとわかりました。


(復帰はいつでも簡単なことではありません。うかがいたいのは、何のために、ということです。)

適当にとか、やる気がないとか、そういった練習をしている時期がどんなスケーターにもあります。そういったとき、もし自分が引退したらすべてが素晴らしいものになって、すごい人生が始まるんじゃないかと思えました。自分の間違いで何かを理解するということもありますから、これは自分が通らなければならなかったものなのかもしれません。自分で何かにぶつかるまでは、理解できないという。自分がまさにそうでした。自己実現ができていないという思いが、将来自分をただ食べ尽くすことになるとわかったんです。


(同じチームに良い演技をする選手がいることで焦りはありませんか?)

スパーリングがあれば、それで成長ができます。ただ、すべてのことを正しく受け入れる必要があります。形だけ整えるのではなく、太陽のある場所は争わなければなりません。

人やファンの信頼を取り戻さなければなりません。最近はSNSで自分のことがあまり書かれなくなりました。もちろん、名前も知っている献身的なファンもいます。その他の人たちについては、結果が必要です。結果が出れば愛されますし、結果がなければ愛は去ってしまいます。でも、どんなスポーツでもそうでしょう。

ここ数ヶ月でたくさんのことを理解しました。たくさん話したり約束する必要はないとか。頭のスイッチを入れて、氷上で示せばいいということです。遅れてもやらないよりはまし。たぶん、もうちょっと早くても良かったんだろうと思いますけどね。

(終)

テーマ: フィギュアスケート | ジャンル: スポーツ

(速報)2018/19シーズン ロシア強化選手 | Home | マクシム・コフトゥン:自己実現ができていないという思いが、将来自分を食べつくすとわかった(前)

コメント

コメントの投稿


非公開コメント