無料アクセス解析

GPSロシア:羽生結弦SP:タラソワ・ヤグディン解説

2018年GPSロシア大会男子SPで1位を獲った羽生結弦の演技の、タラソワヤグディンの解説を訳しましたので紹介します。聞き取れない部分は意訳です。



2018年GPSロシア大会 羽生結弦SP




ヤグディン
結弦をこの目で見られることができることをとても嬉しく感じています。羽生結弦と同じ空間で会うのは、人生で初めてです。


(演技中無言)


ヤグディン
勇気を持って言うけれど、私はどうしてこの瞬間までこの2度のオリンピック王者の演技をこの目で見てこなかったのだろうか。タチヤナ・アナトリエヴナ(タラソワ)、しかしこれは現実世界のフィギュアスケートの神ですね。


タラソワ
そう、現実のものです。まったくの現実です。ただ、彼とブライアンに感謝です。彼の国に、こんな天才が生まれ、全世界に贈ってくれたことに。私たちを驚かせ、私たちを感動させる人を。ジャッジがどんな評価をするのか想像もできません。私がジャッジだったら、プラスを出すのを惜しいとは思わないでしょう。なぜなら、人生で+5を付けることはもうないということになりそうだからです。絶対に。そしてこれ以上の喜びを得ることもないかもしれません。でも、ジャッジは彼に+4を付けるでしょう。おそらく、彼らは人生は永遠のものと考えており、まだ別の天才を見ることができると考えているからです。こんな大きな喜びを与えてくれて、本当にありがとう。


ヤグディン
スケーターが実際に、こんなに冷静に、こんなに落ち着いて、最も難しいジャンプをを遂行するとは…、しかも、こんなに音楽を、一つ一つの動きを感じながら…。


タラソワ
一つ一つの細胞を彼は感じているのです。彼の一つ一つの細胞が音楽を感じているのです。


ヤグディン
もちろん、羽生は本当に練習中毒で、完璧主義者なのでしょう。しかし、こういった才能というのは、何よりもまず生まれながらのものだと思います。


タラソワ
もちろんです。観客も泣いています。昨日オーサーと話したのですが、羽生は今年からまったくの別人になったと彼は言っていました。オープンで、楽しそうで。彼は昨年まで、(オリンピック)優勝に非常に集中していたと。彼にとっては、オリンピックで2回金メダルを取る必要があったのでしょう。オリンピック王者となって、自分自身となるために。楽しんで練習ができるよう、そして新発明のための練習ができるように。新技術のための練習をして、多くの新しいことを学ぶために。

やったー!世界記録!幸せですね。


ヤグディン
そうですね、このホディンの地(注:メガスポルトのある地名)に信じられないような出来事が起こりましたね。このような天才的な演技で男子のショートプログラムが締められました。私とタチヤナ・アナトリエヴナ(タラソワ)はただスタンディング・オベーションです。これを見たあとでは座っていることは不可能です。


タラソワ
ステップシークエンスのときにはもう立っていました。座ってるなんて無理です。

テーマ: フィギュアスケート | ジャンル: スポーツ

GPSロシア:羽生結弦FS:タラソワ・ヤグディン解説 | Home | GPSフィンランド:羽生結弦SP(タラソワ解説)

コメント

コメントの投稿


非公開コメント