無料アクセス解析

GPSロシア:羽生結弦FS:タラソワ・ヤグディン解説

2018GPSロシア男子FSの羽生結弦の演技に対するタラソワヤグディンのコメントを紹介します。よく聞き取れない部分は意訳です。



GPSロシア羽生結弦FS




(4S)

タラソワ
跳びましたね!

(4T)

タラソワ
跳びましたね!

(4T-1Eu-3S)

タラソワ
跳びましたね!

(演技後)

ヤグディン
しかし、私たち人間はみな、もちろん時には疲れることもあるということをただ示しています。こういった滑りもなくてはならないのでしょう、というのも人生で理想的なことがいつも起きることはなく、このような天才的な人間でも、常にすべてがうまくいくわけではないからです。

すべてが上手く行かなかったわけですが、羽生の最初の4S、4Tは素晴らしかったですが、最後がうまく行きませんでした。しかし、彼はあまりに惑星の先を行っているので、余裕を持って勝つのに十分でしょう。氷上にいるアレクサンドル・マヨロフが気の毒ですね、リンクに今あるぬいぐるみを避けるのが大変そうです。


タラソワ
ねえ、コメントすることも忘れていました。彼が戦っていることから、とても大きな喜びを受け取っていたからです。もちろん、今日の怪我と転倒のために、ちょっといつもの彼とは違っていました。しかし、彼は戦い、そんな状況から抜け出そうとしていました。彼はさらに付け足そうとし、戦い、諦めず、大会に出場しました。いつも話していますが、才能というものは、完全に新しい展望を私たちに開けてくれます。彼とともに、私たちは地平の向こうに隠されているものを見ているのです。というのも、私たちの将来を見ているからです。ですので、そのことに対して彼に対して大いなる感謝です。


ヤグディン
私とタチヤナ・アナトリエヴナ(タラソワ)と何度も話したのですが、頭を使って滑る必要があるということです。ジャンプがうまく降りられなかったのを見られたかと思いますが、本来はその後に3Tのコンビネーションを付けるはずでした。しかし彼はそれを予測して、オイラーからその後3Sにつなげました。これは、彼が氷上にいるときは毎秒コントロールしていて、頭が働いていることを示しています。


タラソワ
シングル選手には頭が働いていることが一番重要です。脚を出す必要があるという刺激を頭が出すのですから、頭なしではありえません。

このあと彼のところに行って、私が感じた喜びに対して、私が受けた教訓に対して、感謝したいと思います。また、フィギュアスケート・ファンから渡すように頼まれた素晴らしい絵を渡します。私は、私たちの未来を開いてくれる人が大好きです。


ヤグディン
羽生結弦は、とてもたくさんの大会で優勝してきて、2度のオリンピック金メダルを獲っているのに、この青年にはこの競技スケーターとしてのキャリアを続けようという力と希望があります。彼は実際の氷の王であり、たくさんの商業的提案やショー出演の依頼があるでしょうし、実際にショーには出演していますが、それでも彼は競技の道を選びました。


タラソワ:
最も困難な道を選んだんですね。これなしでは生きられないのでしょう。

テーマ: フィギュアスケート | ジャンル: スポーツ

ロシア選手権:男女シングル順位表(2000-2018) | Home | GPSロシア:羽生結弦SP:タラソワ・ヤグディン解説

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

2018/12/12 (Wed) 18:26 | # | | 編集

コメントの投稿


非公開コメント