無料アクセス解析

2019/20シーズンのGPS枠についての考察(女子)~ロシア女子を中心に~

2019/20シーズンのGPS枠について、現行ルールが変わらないという前提で誰が枠を取れるか考えてみました。
まずは女子から。抜けとかもあると思いますので、何か有りましたらコメントかツイッターまで。


フィギュアスケートLife Extra フィギュアスケート観戦の副読本 (扶桑社ムック)

2019/20シーズン グランプリシリーズ出場枠



1.シード
a) 世界選手権2018で6位以内 - 2枠
1 ザギトワ
2 トゥルシンバエワ
3 メドヴェデワ
4 紀平梨花
5 坂本花織
6 宮原知子

b) a)で空きが出る場合、それ以下の人が繰り上がる。

c) 10年以内の世界選手権で6位以内に入っていたがそれ以降大会に出ていなかった選手 - 2枠
・オズモンド
・コストナー?

2.招待選手
a) 世界選手権2018で7-12位 - 2枠
7 テネル
8 サモドゥロワ
9 ベル
10 イム
11 デールマン
12 ヘンドリクス

c) 世界選手権2017または2018で7-12位に入り、18/19シーズンを休んだ選手は自国枠で推薦可能(必ずしも枠がもらえるわけではない)

2018 10位 長洲未来
2017 7位 ワグナー

d) ISUスタンディングで24位以内と、SBで24位以内だがISUスタンディングで24位以内でない選手 - 1枠

ISUスタンディング
6 三原舞依
7 樋口新葉
9 ソツコワ
12 コストナー
13 コンスタンチノワ
16 トゥクタムィシェワ
18 白岩優奈
19 ルカヴェリエ
21 チェン
22 パガニーニ
23 リンドフォース
24 トルソワ

SB24位以内でISUスタンディング25位以下
7 シチェルバコワ
10 コストルナヤ
17 山下真瑚
18 サハノヴィチ
19 スイ
20 タルシナ
21 グバノワ
22 ×カヌィシェワ(年齢制限)
24 キム

e) ジュニア世界選手権2019メダリストとJGPF2018/19金メダリストは推薦可能

Jrワールド2019
1 (トルソワ)
2 (シチェルバコワ)
3 (スイ)

JGPF2018/19
1 (コストルナヤ)

f) 開催国枠 - SB75位以内で推薦可能

アメリカ
・リン
・ヒックス
・ハレル
・アンドリュース
・ウェッセンバーグ
・グレン
・ワン

カナダ
・シャルトラン
・マレー
・オーストマン

フランス
・メイテ

中国
・チェン

ロシア
・レオノワ
・タラカノワ
・グリャコワ
・シニツィナ
・ワシリエワ
・パネンコワ
×ツルスカヤ

日本
・本田真凜
・横井ゆは菜
・荒木菜那
・吉岡詩果
・住吉りをん
・川畑和愛
×松田悠良
×本郷理華

i) 各スケーターが出場できるのは最大2大会
j) 1大会に各国は3人までエントリー可能(=6大会で最大18枠)

(ロシア)
2枠 ザギトワ、メドヴェデワ、サモドゥロワ(合計6枠)
1枠 ソツコワ、コンスタンチノワ、トゥクタムィシェワ、トルソワ、シチェルバコワ、コストルナヤ、サハノヴィチ、タルシナ、グバノワ
(合計9枠)

自国枠分3枠はトルソワ、シチェルバコワ、コストルナヤにあげる? となるとリーザ1枠??


(日本)
2枠 紀平、坂本、宮原(合計6枠)
1枠 三原、樋口、白岩、山下(合計4枠)
+自国開催枠(3枠以内)




テーマ: フィギュアスケート | ジャンル: スポーツ

ロシア・フィギュアスケートニュースまとめ(2019/3/24):オーサー トゥトベリゼ トルソワ | Home | ロシア・フィギュアスケートニュースまとめ(2019/3/23):羽生結弦 プルシェンコ ザギトワ コリャダ トゥトベリゼ サマリン

コメント

コメントの投稿


非公開コメント