無料アクセス解析

アレクセイ・ミーシン「ジェーニャ・プルシェンコは今調子をかなり上げてきている」:ガチンスキー、リーザ

ミーシンがガチ・リーザ・ジェーニャの状況を報告しています。

やはりリーザとガチはパニン記念は練習のつもりだったようですね。特にリーザは流してる感あったし…。ジェーニャも調子が良さそうで良かったです。

11月、待ち遠しいですね。

* * *

アレクセイ・ミーシン「ジェーニャ・プルシェンコの調子はいまかなり良くなってきている」
http://www.team-russia2014.ru/article/figur/11963.html

パニン記念では、リーザ(トゥクタムィシェワ)とアルトゥル(ガチンスキー)は練習の体勢で滑って、テストスケートを行った。予定通りのできで、大変満足だ。アルトゥルは4回転と3Aを跳んだ。リーザもスケーターとしての成熟した技術を見せた。ただ滑るだけではなく、滑って踊れるんだ!アルトゥルも偉かった。もうグランプリシリーズの初めの大会が迫ってきている。昨日と今日はスケーターはお休みで、10月14日からまたリンクに上るが、水曜日にはカナダに向かう。グランプリシリーズから期待するものは何か?何も期待していない、期待するのではなくてやらなくてはだめだ。好成績を獲得してくる!

ジェーニャ・プルシェンコは今調子をかなり上げてきている。体力的にも、技術的にも。すでに4回転もスターだった時代に近づいてきている。2010年バンクーバー前よりも悪くなく、昨シーズン前よりも良い状態だ。彼の準備が進んでいることは嬉しい!でもジェーニャを大会という条件内で見るのは公式の大会を待とう。今のところ、練習プロセスを見る限り全てが順調に進んでいる。しかし、公式大会というのは全く違った感覚だというのはすべての人に明らかだ。だから、11月はじめにリガ(ラトヴィア)で行われるボルボ・カップを待つことにしよう。


テーマ: フィギュアスケート | ジャンル: スポーツ

アレクサンドル・スミルノフ「もしかすると、オリンピックの代わりにワールドに向けて調整するかも」と、ソチ後現役続行宣言 | Home | アレクサンドル・スミルノフ「今日の課題はベッドから起きて立つこと!」

コメント

コメントの投稿


非公開コメント