無料アクセス解析

ヤロスラフ・ブガエフ「スミルノフの手術にはより傷つけない手法を採りたがったが、不可能だとわかった - 伝統的な開放式でせざるを得なかった」

スミルノフの怪我はやはり深刻なようですね。ロシア代表チームの担当医師のコメントです。
早く治ってもらえるように今一度願っておきます。


* * *

ヤロスラフ・ブガエフ「スミルノフの手術にはより傷つけない手法を採りたがったが、不可能だとわかった - 伝統的な開放式でせざるを得なかった」
マリヤ・ヴォロビエワ
http://www.team-russia2014.ru/article/figur/12031.html

膝蓋靭帯断裂はフィギュアスケートだけの怪我ではなく、どんなスポーツでもあるものだ。非常に深刻な怪我で、靭帯の長さがあまりなく、その半分は骨にくっついていることが治療を困難にする。腱が骨とがくっついている部分を固定するのが難しい。サーシャ(スミルノフ)にもこの問題が起こった。断裂部分を骨組織に特別なボルトで固定している。手術の際にはより傷を付けないような手法を採りたかったようだが、それは不可能だと分かり、結局伝統的な開放式で行わざるを得なかった。やり方はいろいろあるが、この場合は適用するのが好ましくなかった。靭帯は非常に短く、腿の筋肉からの張力が非常に強く光学的な手術も難しかった。このような怪我からの通常の回復期間は3ヶ月から6ヶ月だが、期間が短くなるようできることは全てやっている。

(手術の次の日にはすでにスミルノフに対し起き上がって歩くことを課題として与えていたが、それは回復プロセスの加速のためだったのか)
いや、これは一般的なものだ。サーシャまだ最新のギプスのようなものをつけており、靭帯が回復するよう長い時間付けていなくてはいけないものだ。多分、1ヶ月半くらいは。リハビリ・プログラムにも入っているものだ。プログラムについてはミュンヘンの専門家が今作っている。

(スミルノフは、ずっと膝に不安があり、練習や試合ではずっと麻酔を射っていたと言っていた。もしかすると慢性的なものなのでは?)
常にスポーツで圧力をかけていると慢性的な炎症が発生する。サーシャの場合は、膝蓋靭帯の炎症だった。最新の手法も含め保守的な治療をずっと続けており、最近は改善が見られていた。しかし、鎖は一番弱いところが壊れるものだ。炎症が頻繁に起こっている場所は、他の場所よりかなり弱っており敏感になる。なぜ炎症が起こるかだって?そういった解剖学的特徴があるからだ。しかも、サーシャは経験のあるスケーターだ。このようなことが他の要素とあいまって、こんな結果となった。

(治療プロセスについて)
11月中旬までサーシャはドイツにいるが、その先どこでリハビリを続けるかはまだ決まっていない。

(スミルノフがオリンピックまでに回復する可能性は)
サーシャの怪我はフィギュアスケートでは珍しいものだ。観察の経験があまりない。今はサーシャが早く回復することを単に願うだけだ。その先の決定はロシアスケート連盟が採択する。


テーマ: フィギュアスケート | ジャンル: スポーツ

スケートで学ぶロシア語2:羽生結弦2012ワールドFSロシア語実況(2)感嘆詞・感動を伝える言葉 | Home | アレクサンドル・スミルノフ「もしかすると、オリンピックの代わりにワールドに向けて調整するかも」と、ソチ後現役続行宣言

コメント

コメントの投稿


非公開コメント