無料アクセス解析

ISI Freestyle4大会の結果(自分で滑るスケート)

※自分で滑るスケートの記事です。ご関心の無い方はお戻りください

なんとか無事、ISI Freestyle 4の大会が終わりました。
なんと、優勝です!

参加者1名ですが・・・。

今日、友人に撮ってももらった動画を見ましたが、うーん、反省点だらけですね。昨日はなんとかまとめたと思っていましたが、肩とか腕の使い方がぞんざいで汚いし、フリーレッグは伸びてないし、つなぎで2箇所失敗してるのはともかくとして全体的に適当感が否めませんね。エリック・ボンパール杯のパトリック・チャンFSを見た直後に自分のプロを見てしまったせいだけではありません。

私の最大の課題は3つ。
・肩甲骨を下ろす(緊張と怖さで肩をすくめてしまう)
・フリーレッグを足先まで伸ばす
・手先まで気を使う

【エレメンツ】
バックスパイラル(右足) 
スタンドスピン 
シングルループ 
バックスパイラル(左足) 
ワルツジャンプ-ハーフループ-サルコウジャンプ 
シットスピン 
ステップシーケンス 
フリップジャンプ 
ハーフループ 
シットスピン 

【音楽】
映画「Бриллиантовая Рука(A Diamond Arm)」より、「Лето прошло(Summer has gone)」

というわけで【動画】
ISI Skate Hong Kong Freestyle4:


友人が2階から取ってくれました。3~4秒切れちゃっています。

リンクが40m×20mと狭いのでリンクいっぱいに滑ってるように見えますw 一応ホームリンクなのですがスパイラル前に壁に近づきすぎる癖は直りませんでした。

3分間練習でフリップを3回試みるも3回とも転倒という恐ろしい結果に萎縮する。苦手なシットスピンはなぜかうまくいく。緊張で心拍数上がってるのに血が回ってない感じで、手先が真っ白だった。

冒頭、インサイドイーグルでいきなりつまづく。右足のバックスパイラルのとき、思ったよりフェンスが近くて怖くなって腰が回ってしまい、予定より早く終わってしまった。

スタンドスピンが短いのはプログラムどおり。ループジャンプ。の着氷後全然伸びてないな・・・。ランジから左足バックスパイラルが焦りすぎ。

ワルツジャンプから3連はまあまあよさそう。ハーフループがちょっとチートかも。ここはコーチから、「気合を入れるとワルツジャンプが高くなりすぎたり、ハーフループが高くなりすぎたりしてコントロールできなくなるから、力を抜いて確実に行け」と言われていたので全身ダラっとした感じになってます(そういう意味じゃない)。

シットスピンは思ったよりうまく行った。腰がまだ高いが、横からの写真を見る限り及第点上げても良い感じ(膝角度105度くらい)。規定の6回転も何とかクリア。

ステップシーケンスも焦りすぎ。とくにバックアウトスリー→モホークのところが速すぎてちゃんとターン後のキープができてないから減点対象。後半の方が良い感じ。

ステップのあとのつなぎで躓いてますね。ここは時間にゆとりを持たせるために入れているので全部やる必要はないのですが、本当はRFIセミサークル→トウステップ→アウトモホーク→フリップ。セミサークルから体重移動しようとしたらバランス崩してトウステップ入れられず。

フリップは練習のときにさんざん転んでたので、置きに行ったのがまざまざとわかりますね。これがなんとか降りれたのでそのあとは心なしかリラックスしたような滑りになってると思います。

最後のジャンプは、規定のフリップ、ループ、ハーフループのうち失敗したジャンプをもう一度やるための復活ジャンプなのですが、全部降りれたときは踏切と着氷が怪しくなることが多いハーフループをやることになっていました。

最後のシットスピンはちょっとバランスを崩して左足を氷に付けてしまっていますね。実はこのスピンをやるときに少し貧血気味?になっていたようで、このシットスピンで結構目が回っていました。そのせいもあり最後の決めポーズも失敗w

でもまあ、怪我でここ半月くらいほとんど練習できなかった割にまとめられたと思います。次はアクセルを入れたいな・・・!


テーマ: フィギュアスケート | ジャンル: スポーツ

エリック・ボンパール:FSロシア語解説&ロシア人:羽生、ソトニコワ、ポゴリラヤorパゴリラヤ? | Home | GPSエリック・ボンパール杯SP結果・コメントと、その裏で熱い2つの戦いが:羽生、ソトニコワ、ポゴリラヤ

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

トラックバック

管理人の承認後に表示されます

2016.12.08 (Thu) 21:49 |