無料アクセス解析

ロステレコム杯2日目男子フリー映像&インタ抄訳:メンショフ、ガチンスキー、町田、コフトゥン、ミーシャ・ジー

昨日からネットが繋がりづらくなっていて、ニュースサイトがほとんど見れてません・・・。ブログにはなんとか繋がったので、いまさらかも知れませんがロステレコム杯男子フリーの映像&インタ抄訳を。

* * *

(映像)
・町田樹:ロステレコム杯FS1位172.10=89.60+82.50  
http://youtu.be/6oi5rMI652E
4Thd,4T+2T,3A+3T,3Axso,3Lox,3Lzx,3F+2T+2Lo,3S SP2FS1総合1位257.00 ファイナルおめ!!

・マクシム・コフトゥン:ロステレコム杯FS4位147.81=67.15+81.66
http://youtu.be/HIb2lZQ_PeI  
4Sfall,2Sdf,4T,3Ax,3Asox+SEQ,1Lz,3S+2T,2A SP1FS4総合2位240.34 こちらもファイナルおめ!

・コンスタンチン・メンショフ:ロステレコム杯FS3位150.60=76.10+74.50
http://youtu.be/MDzqP-EHJyc
4T,3T,3A,3Lzhd,3A+3T,3Sx,3Lo+2T+2Tx,2Ax SP4FS3総合4位223.03 やっぱり魅せてくれた

・アルトゥル・ガチンスキー:ロステレコム杯FS6位 139.31=68.59+71.72-1
http://youtu.be/Kt1wk0eD3OE
4Tfall,3T,3Aso,3A+2T,3Lzx,3Lox,3Sx,2A+2A+SEQx SP5FS6総合6位211.49

・ミーシャ・ジー:ロステレコム杯FS8位127.05=62.97+67.08
http://youtu.be/RYpgz1NKQUs
3Afall,3A<SP8FS8総合8位190.28

ミーシャ・ジー、INが7.21、さすが。音楽のつなぎが凄かった。ChSp1は全選手最高のGOE+1.60!!!

* * *

(インタ)
・メンショフさん「オリンピック争いに割って入る」
http://fsrussia.ru/news/935_konstantin-menshov-gotov-vmeshatsya-v-olimpijskuyu-borbu/

今日は練習も良かったが、それでも大変だった。FSでは4Tをコンボを単体で跳び、2回めの4Tは3Tに。対処が難しかった。3大会連 続でジャンプがつらくなった。ニースと日本の方が楽だった。もちろん2回めの4Tを意識的にしなかったわけではない。2回の4Tを予定していた。

全体としては満足。ただ、220点という点数に張り付いて超えられなかったが。今日の滑りについては満足、集中できた。ただ、最後には疲れが出てしまった。力は残っていなかったが、なんとかできた 。

オリンピックについては、争いに割って入る準備がある。そのためにはクリーンに滑らなくては。もちろん、今はマクシム・コフトゥンが、その他の誰よりも難易度の高い構成だ。しかし、PCSも稼がなくては。努力する。

(ルカヴィツィン・コーチ: コースチャが決心して後半で3A+3Tを跳んだのは良かった。演技中に考え、計算していたということだ )

・ アルトゥル・ガチンスキー「あとは4回転を思い出すだけ」
http://fsrussia.ru/news/934_artur-gachinskij-ostalos-tolko-vspomnit-chetvernoj/

演技は悪くなかった。今日は滑るのが楽で。自分でも期待していなかったほど。しかしどうしてトウループで転倒したのかはわからない。ウォームアップではう まく行っていたのに。でもその後はなんとかなった。アクセルを後半にしたり修正したりプロを変えたことも考慮にいれないと。

しかしほとんど全てを思い出したということが嬉しい。LzもLoもSも不自然さなく良い質のジャンプができた。最初のアクセルは残念。へまをした。アクセルに立ち向かわなければならなかった。うまく行っていたのに。でもその後はすべてうまく行った。トウループだけが問題。なんどもやっていて、大きな失敗もしていなかった。ただ、大会ではネガティブな影響もある。がっかりした。

(スケートアメリカでの滑りと比べると) ここでは感情も入って、違った心持ちだった。プログラム、振付をもっと見せることができた 。プログラムの難易度を上げる構成変更をしたのはとても良かった。すでに言ったとおり後半の方がジャンプが多くなったが、これにはプラスもマイナスもある。ただ、今は4回転ジャンプをどうにかすることだけが必要だ。あとは全部思い出せる。

(スケートアメリカの後でコーチと構成変更について決めたの?)
そう、スケートアメリカのあと。なぜかというと、アメリカでもフィンランドでもトウループができていたからだ。4回転2回を入れてプロの難易度を上げても良いだろうと 。

(ロシア選手権には2回めの4回転は入れる?)
ありうる。コンディションが良いときの大会前の練習ではサルコウとトウループができていた。ループもやろうとしているが、まだ障害がある。目指すところがあるということだ 。

(どうして3度めのコンボをしなかったの?)
3度めのコンボを付けなかったのは愚かだった。計算できなかった。ルッツでも、サルコウでもループにでも付けられた。でもこれはみんなが待ってくれるよう引っ掛けをしていたんだ。(※ここ少し意味不明)

つまり、プロを難しくしてもっと滑りこまなくてはいけないということだ。練習で滑り込めていた後半はできた。練習は1週間だけだったけど、全てかなり楽に出来ていた。あとは4回転を思い出すだけだ。練習ではうまく行っているが、大会ではお尻から着氷してしまうから。


テーマ: フィギュアスケート | ジャンル: スポーツ

カロリーナ・コストナー長インタ:子供の頃、6.0を夢見てた | Home | ロステレコム杯2日目女子フリー:リプニツカヤ「祝うものがあればよかったんだけど!」、コストナー、トゥトベリゼ

コメント

コメントの投稿


非公開コメント