無料アクセス解析

カロリーナ・コストナー:まだキャリアを終えるとは決めていない

リプニツカヤポゴリラヤのインタに続き、コストナーのインタも抄訳してみました。怒涛の更新です。日曜で良かった。

カロリーナのインタは深いですね。いろいろなことを考えつつも、きちんと自分の中で整理しているという印象を受けます。前のロングインタでもその印象は同じでした。これからの彼女が楽しみです。まだキャリアを終えるかどうかわからないと言ってますしね。

* * *

カロリーナ・コストナー:まだキャリアを終えるとは決めていない


http://rsport.ru/figure_skating/20140329/739371607.html
アンドレイ・シモネンコ

キャリアを終えるかどうか、まだ決めていない。ワールドまでは、そんな決断を下すことは私にとって難しすぎた。これが最後の演技だって思いながら滑るなんてできなかった。これから日本に3週間とどまって、ツアーに参加する。ショーに出ることが気に入るかどうか、見てみる。いずれにせよ、私はスケートを続けるし、スケート靴を箱にしまったりはしない。今はまだ、たとえば1年後にどんなことを思っているかはわからない。今は、私の身体がちゃんと機能していて、様々な面で進歩していると感じている。

人生というのは、とても面白いもの。まったく行くとは思っていなかった方に連れてかれることもあるけど、そこに人生の美しさがある。ソチまでははっきりとしたプランがあった。私に何がどのように起きるかをちゃんと知っていた。でも今、オリンピックのメダルを獲ってから、1つの輪が閉じたと感じている。これはまったく新しい感覚。今、この感覚が私をどこに連れて行くのか見たいと思ってる。だから、数ヶ月は計画を立てたくない。

ワールドに出場することの本質は、結果だけではなくて、自分を限界で機能させることができるかということでもある。それが求められるときに、自分の限界を広げられる。今日はそれがうまくいなかったから、その失望を隠すことができない。本当にもう一度心からやり直したいと思っているプログラムについて語るのはとてもつらい。でもやり直しはできない。それがスポーツだから。演技は一度だけ、それで最高に遂行しないといけない。

テーマ: フィギュアスケート | ジャンル: スポーツ

ソトニコワ:シーズン最高の滑りを見せたのは、誰よりもまず浅田真央 | Home | (追記あり)アンナ・ポゴリラヤ:「木製のメダルというのは悔しいけど、今はこれでいい」

コメント

コメントの投稿


非公開コメント