無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

来シーズンからの新ルール(ISU1861):ジャンプについての変更

ISUコミュニーケーションNo.1861にて、来シーズン以降のルールの変更について公表されました。ジャンプ、スピン、ステップについていろいろと変更がなされています。ジャンプについて、ざっと見た部分をまとめてツイに流しましたが、こちらにまとめておきます。

なお、原文はこちら(PDF)。

* * *







とりあえず来シーズンとその次は、今までと同様プリパレーションでフリップとルッツをコールするみたいですね。その先は、実際のエッジで判断する事になるかもしれません。そうなると、例えばフリップ2本とルッツ2本を入れているプログラムの場合、例えばフリップがエッジエラー取られるとルッツ4本扱いになり、2本が無効になるということでしょうか。これについては議論継続のようですが。基本的に、エッジエラーでベースバリューを減らすなどの厳格化が見られますね。

また、ショートの規定ジャンプの遂行がより厳格になるようです。規定の回転数に満たないとノーバリューになるという…。コンボの最初がダブったりしたらその時点0点確定と。厳しい…。

テーマ: フィギュアスケート | ジャンル: スポーツ

エレーナ・ブヤノワ:「ソトニコワは、何が欲しいかをいつも知っていた」(2) | Home | ソトニコワ「日本では観客が立ち上がってくれたから、私の思いを伝えることができたと思う」

コメント

コメントありがとうございます

>ももんがさん

はじめまして、コメントありがとうございます。

私はツイでも呟きましたが、テクニカルにはあんまり文句ないんですよね。大会ごとに今回は認定が厳しいなとか甘いなというのはありますが、1大会の中では同じ基準で判定しているように思えるので。テクニカルは名前も出ますしね。

PCSとかGOEとかの方がどちらかというとどうなのかなーと思うところはありますね。

2014/04/29 (Tue) 10:56 | ユーリ #- | URL | 編集
No title

はじめまして

エッジ判定についてですか2007-8シーズンに厳格化された時 踏切時の実際のエッジで判定するようになったと思っていたのですがにこれまでも「入り」が正しければ認定されるはずだった ということなのでしょうか?
ルッツに関しては踏み切り時のエッジで厳しく判定しているように見えます。しかし入りさえあっていればOKだったならばインサイドで踏み切っていないフリップが認定されている理由がわかりました。

どちらにしても回転不足を含め判定基準がばらばら・全てのジャンプを正確に判定できない現状のままテクニカルの権限だけが拡大されることには反対です。 

2014/04/29 (Tue) 09:44 | ももんが #- | URL | 編集

コメントの投稿


非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。