無料アクセス解析

エレナ・ラジオノワ:好きなことだってちょっと疲れることもあるでしょ!(前篇)

ラジオノワのインタビューが来てましたので、紹介します。

後編になりますが、ショートはフラメンコ、フリーはラフマニノフで振付したそうです。曲はまだわかりませんが…。しかし、インタを読めば読むほどいい子だなあと思いますね!

* * *

エレナ・ラジオノワ:好きなことだってちょっと疲れることもあるでしょ!


http://rsport.ru/interview/20140529/748852155.html
マリヤ・ヴォロヴィヨワ

移動のあとでちょっとぼうっとしてて、脱力状態みたいだけど、今でも大丈夫。

韓国から戻ってきたばかり。ナタリヤ・ベステミヤノワとイーゴリ・ボブリンのショーに出てた。ショーに出発する前はCSKAで練習してて、新しいプログラムに取り組んでた。でも今はもう休みのことしか考えられない。

(休みはもう目の前ということですか?)
うん。正直、けっこう疲れてる。精神的にも消耗してるように感じる。だから本当に休みたいの!でも、あんまりリラックスしすぎるのもダメだってよくわかってる。この先には、とっても大変だけど充実すべきシーズンが待ってるから、きちんと準備しないといけない。

(来シーズンの前に、このシーズンでどんな記憶が残ってるのか教えてください)
このシーズンは、本当にとっても満足。だって、まずジュニアワールドで優勝するっていう目標を達成したから。シニアのレベルで戦っていくのはとても大変だってわかってた。グランプリ・ファイナルでもみんなとても強かったし。現実的に達成できるような目標は、ジュニア・ワールドでもう一度優勝することだと思ってた。あと、ソチ・オリンピックで持った感情はもう絶対忘れない!ロシアでのオリンピックにちょっとでも参加できたことはとっても嬉しいし、ソチから忘れられない記憶をもらってきた。ロシアのスケーターをとっても応援してて、ロシア・チームが1位になれってずっと思ってた。だから、このシーズンで記憶に残ってるのは、オリンピックとジュニア・ワールド。その他、シーズンは私にとって素晴らしかったから、あとは来シーズンはもっと良くなることを願うだけ!

(オリンピックでは何を見られましたか?)
ソチにいたのは数日だけ。スケートのエキシに参加した。オリンピック公園を散歩して、女子シングルを見て。

(アデリナ・ソトニコワとユリヤ・リプニツカヤ応援して、心配していましたか?)
テレビじゃなくて観客席から大会を見るとぜんぜん違う感覚だっていうのがわかった。もちろんロシアのスケーターを応援してたけど、正直、スケーターみんなを応援するようにしてたの。だって、スケーター全員がきちんと演技をして、一番良いプログラムを見せられて、一番良い成績がとれたらと思うじゃない。だから、観客席に座って、文字通り全員を心配してた(笑)。

(ご自身がエキシのためにリンクに上がったとき、どんな気持ちでしたか?)
まず、このロシアでのオリンピックに参加するよう招待されたことに、すごく誇りと名誉を感じた。ショートの前はとても緊張してたの、だってオリンピックだよ、誰も裏切れないじゃない!エキシだけだったけど、他のスケーターみんなと一緒で、一番いいナンバーを見せなくちゃいけなかったから(笑)。

ワールド2連覇は過大評価していない
(レーナ、あなたはフィギュアスケー史上唯一のジュニアワールド2回の優勝者であることについて、自分を独特だとちょっとでも感じていませんか?)
優勝した時は、幸福感があって…。今はその感情はちょっと冷めたけど、でも時々そのことを思い出す(笑)。少なくとも、私自身にとってはとっても嬉しい功績だから!でも、それはジュニアワールドだし、私のキャリアにとって言わばちょっとしたステップでしかないということも思いだす。だって、この先にはもっと重要な大会と、勝利が待ってるんだから。自分の成績を過大評価する必要はなくて、ただ功績に喜びつつも、もっと上に上がれるよう頑張らなきゃ。

テーマ: フィギュアスケート | ジャンル: スポーツ

エレナ・ラジオノワ:好きなことだってちょっと疲れることもあるでしょ! (後編) | Home | アンナ・ポゴリラヤ:頭のなかはもうシーズンオフ、完全なリラックス・モード(後編)

コメント

コメントの投稿


非公開コメント