無料アクセス解析

アレクセイ・ヤグディン:「五輪金で貰ったのは…」(2)フィギュアスケートから鮮やかさが消え去ろうとしている

ヤグディン・インタの後半です。
スケート連盟といろいろ禍根を残しているようですが、俳優業に新しい道を切り開いているようですね。賛否両論のようですが…。

また、適宜改行を加えています。

* * *

アレクセイ・ヤグディン:「オリンピックの金メダルに対してもらったのは、ブラック・チョコ100kgのバウチャーだった」


http://www.kursiv.kz/news/details/mental_pabulum/aleksey_yagudin_za_olimpiyskoe_zoloto_mne_dali_vaucher_na_priobretenie_100_kilogramm_chernogo_shokol/?sphrase_id=107040

(続き)

(アレクセイ、金メダルをとったときに通常クレムリンに招待されるはずが、あなたは招待状を受け取りませんでした。泣くくらいがっかりしたと言われていますが…)
そんなこともあった。タチヤナ・アナトリエヴナ・タラソワと一緒にオリンピックで優勝した。どの国でも、オリンピックの後はアスリートを大統領パーティに呼んでねぎらうものだが…。そのときは…プーチン?今もプーチンだけど(笑)。で、率直に言うと、私にとってそれが人生で一番重要な瞬間にはならなかった。大統領とは会わなかったから。

でもタチヤナ・アナトリエヴナ(・タラソワ)は、たしか11人をオリンピック金メダリストにまで育てた人だが、彼女にとっては大統領と会って感謝の言葉をもらうという事実が重要だった。それでタラソワは本当に数日間号泣していたよ。もうショックで強烈な一撃だったんだ。連盟からこんな敵対的な行動があるとは思ってはいたんだけど。

ソルト・レイク・シティのロシア・ハウスでも、私のために乾杯をする時、私の苗字をどうやって発音するのかも知らなかったくらいだったしね。カザフではそんな問題はないでしょう、まだ連盟は大きくないから…。私にとって、その瞬間も、今でも、タチヤナ・アナトリエヴナ(・タラソワ)のためにとても悔しく思っている。私自身はそういったことに冷静に対処しているが。

(オリンピックに対してメダルや褒章は与えられたのでしょうか?)
褒章はその後で渡された。12年前は今とはまったく違っていたけどね。今は自動車やマンションがもらえるけど、そのときは…。ところで、最近イリヤ・アヴェルブフと思い出してたんだが、オリンピックの金メダリストとして私がもらったのは、100kgのブラック・チョコレートの無料バウチャーだった。その時のオリンピックチームのスポンサーがどこかのチョコレート工場だったんだ。アヴェルブフには50kgのチョコレート無料券が提供された。アヴェルブフはもちろんどこにも電話しようとしなかったけど、私の母は、ソ連時代の市民として、この100kgをもらおうと最後まで頑張ってたよ。でも、結果はでなかったけどね。そのときのオリンピックのユニフォームにはOlympicの綴りも間違って載っていたくらいだから…。

(オリンピックでロシアの国旗が掲げられたときはどう感じられましたか?)
ある程度の期間、オーストリアとフランスで暮らしていたことがある。でも今は、私がロシア人でロシアのために演技ができたことを誇れる。ロシア人ジャッジが見る大会では全く勝てなかったけどね。とても悲しいことだけど、事実だ。オリンピックについていえば、もう無気力だった。表彰台に立っていても、なにが起きてるか理解できない。疲れてて、スポンジみたいに押しつぶされて…。

(中略)

(アレクセイ、俳優としてのキャリアを継続される計画のようですが、演劇界での仕事はどのように進んでいますか?)

キャリアを終えたアスリートには同じ疑問が起こる。「この先どうするか?」 そう考えている期間は、誰にも何も分からない。人生にはいったい何があるのか?私たちはスポーツで大人になったのであり、私たちを取り巻く生活環境の中で大人になったわけじゃない。だから、アスリート全員にとって、普通の生活の中に自分を見つけるというのがとても重要になる。満足感やアドレナリンをもたらしてくれる職業を見つけることが。その意味で私は幸せな人間だ。快感をもたらしてくれる仕事があるのだから。それはショーに出演して、何らかのイメージを創りだすこと。普通の人には4回転ジャンプなんて必要ないんだ。3回転だって、フリップかルッツかだって、何のジャンプをしたのかもわからないんだから。普通の人に必要なのは、感覚だったり、エネルギーだったり…。小さなスペクタクルだ。

フィギュアスケート自体も以前の方がかなり面白かった。6.0システム時代には、イメージを創造することができた。今は、残念ながら、演技者はとても厳しい枠にはめられている。最大限の点数を獲るためにロッカーだの、スリーだの、図形をすべて描かなくちゃいけないんだ。フィギュアスケートから個性や鮮やかさが消え去ろうとしている。

それで近年は、多数のプロジェクトによってだけ変わり始めたんだ。私たちは氷上の俳優になった。私はこの方向で今後も進んでいきたい。今のところ3つの芝居があるけど、残念ながらそんな頻繁にはできていない。劇場は半年前から私のスケジュールを押さえようとするけど、その機会を提供できないからだ。でもまさに演劇に、私は入りたいと思う扉を見つけた。

(後略)
(終)


テーマ: フィギュアスケート | ジャンル: スポーツ

アリョーナ・レオノワ:それが新しいアリョーナ・レオノワ!(前) | Home | アレクセイ・ヤグディン:「五輪金で貰ったのは…」(1):ミーシン、タラソワとも喧嘩した

コメント

コメントの投稿


非公開コメント