無料アクセス解析

エヴゲニヤ・メドヴェジェワ:ミシェル・ルグランの「シェルブールの雨傘」は、柔らかく軽快で、私にとても合っている

JGPS第1戦フランス大会で優勝した、エヴゲニヤ・メドヴェジェワのインタビューがありましたので紹介します。ルッツはやはり気にしているみたいですね。

ワーグナーも「夏の夜の夢」を書いてるんですか?メンデルスゾーンの勘違い?

* * *

エヴゲニヤ・メドヴェジェワ:ミシェル・ルグランの「シェルブールの雨傘」は、柔らかく軽快で、私にとても合っている


http://www.team-russia2014.ru/article/figur/17660.html
アレクセイ・スバコフ

シーズン最初の大会は、とても落ち着いて、自信を持って行けた。クールシュヴェルはきれいなところで、大会に向けて調整するのが気持ちよかった。ほかに強い人たちが出場したことも、少し元気づけてくれた(笑)!この大会は、新しいジャッジシステムという意味では、出場者全員にとっての実験でもあったし、この先の大会に出場する子たちにとっての経験ともなった。特にルッツの点数に明らかに影響してる。ロングエッジをできるだけ修正して、将来は正しく跳べるよう頑張る。シーズン最初の大会で金メダルを穫れたのは嬉しい。実験するのには慣れてないから(笑)!

(新しいプログラムにはもう慣れましたか?)
新しいプログラムは、新しいイメージで、いつも滑るのが楽しい。ショート・プログラムはミシェル・ルグランの「シェルブールの雨傘」。柔らかく軽快な曲で、私にとても合ってると思う。フリー・プログラムはギュンター・ワーグナーの「夏の夜の夢」と「チャック」のタンゴ。これは別の面から可能性を開いてくれる。違ったイメージを見せるのはいつも面白い。

(今シーズンの課題は)
ジュニア・グランプリ・ファイナルに行くことと、ジュニア・ワールドでいい演技をすること。それから、ロシア選手権のシニアに出る予定。ロシア選手権では自分のレベルを見せるのがまず必要。今シーズンんは、シニアの国際大会には年齢制限で出られないから。

テーマ: フィギュアスケート | ジャンル: スポーツ

JGPS第1戦仏男子FS:リー、山本、ワシリエフ、サマリン、佐藤 | Home | 小ネタ集:新プロ(レオノワ、ヴォロノフ、リプニツカヤ)

コメント

コメントの投稿


非公開コメント