無料アクセス解析

アルトゥル・ガチンスキー:「タラソワは要求が多いが、自信を吹き込んでくれる。フリーは脳みそが爆発する感じ」

ガチンスキーのインタがスケ連HPに掲載されていましたので、紹介します。インタビュアーが「鳥肌が立つ」と言い、ガチンスキー自身も「脳みそが爆発する感じ」というタラソワプロ、早く見てみたいですね。また、ここでやっとミーシンへの感謝の言葉が出てきたのが、一番変わったところなのかもしれません。

* * *

アルトゥル・ガチンスキー:「自分をひっくり返した」


http://fsrussia.ru/intervyu/187-artur-gachinskij-vyvernul-sebya-naiznanku.html
オリガ・エルモリナ

(アルトゥル、ノヴォゴルスクでの(テストスケートで)ショートを滑り始めてすぐ、あなたが別人になったように見えました。どう受け入れられるか、不安でしたか?)
もちろん、不安はあった。でもそれは自分がどれだけ素晴らしいか見せたいからじゃない。自分がどれだけ変わったのか、違ったように滑るようになったか、滑りが鮮やかになり感情が現れ、プログラムには新しいステップがあると皆に知ってもらいたいというのが、自分に取ってはより重要だった。この8ヶ月間、CSKAで滑り、たくさんの練習をして、自分が立ち止まっていないこと、停滞から脱出し前へと進んでいることを。つまり、タチヤナ・アナトリエヴナ・タラソワのもとへと移ったのが無駄ではなかったと。新たな人生を始めたのが無駄ではないことを。

(どうやってタチヤナ・アナトリエヴナ(・タラソワ)はあなたをひっくり返しにすることができたんでしょうか。フリーのプログラムは鳥肌が立つほどでした…)
正直言うと、フリーでは自分自身もひっくり返りそうになった。いずれにせよ、最後まで全力を出そうと頑張った。でも、本当に自分をひっくり返すことができた。タチヤナ・アナトリエヴナ(・タラソワ)はスケーターに自信を吹き込むことができる。それに加えて、ステップをかなり練習したし。サーシャ・ウスペンスキーとマクシム・ザヴォジンがサポートしてくれた。彼らとの練習で、滑りがより解放されたものになった。自分にちょっと違ったスタイルができたんじゃないかと思ってる。

タラソワは人に対してとても要求が多い。毎日スケーティングやステップなどを練習するよういつも主張している。人を説得する能力もある。最初の会話から、すべてがうまくいくはずとなぜか信じるようになった。

(でもうまくいかなかったら?)
占いをするのはすきじゃない。でもなにがあろうとも、始めたところに戻ることはいつだってできる。でも今回は、過去の過ちを繰り返すことなく、違った考えやアイディアを持ってすでに前に進んでいる。ピリオドを打つという考えは浮かばなかった。それ以外にやることはある?

(今シーズンへの準備について、練習したいという意欲と、コーチが与えてくれたものの割合はどんな感じでしょうか)
100対100。コーチ陣からのサポートも100%あったし、自分の意欲も100%。モスクワに戻ってくるとき、つらく真剣な練習に前から調整していたし、昔のあやまちをすべて忘れて前へと進むと決めた。

(解放された滑りというのに話を戻すと、タチヤナ・アナトリエヴナ(・タラソワ)は、あなたが観衆の中でも自由でいることに慣れるよう、特別にイリヤ・アヴェルブフのショーに送ったということですが)
そのとおり。ショーでは何度か滑る機会があって、3Aも3Fも跳んだ。もらったいろいろな衣装でショーに臨んだ。すべてを急いでやらなくちゃいけなくて。ショーが行われているあいだに、そのショーに自分を合わせなくちゃいけなかったから。ウォームアップの場所もない。リンクは小さい、標準的ではないものだった。普通のスケーターにとっては慣れない条件というか、辛い条件だった。でもショーへの参加は疑いもなくプラスになった。もう小さな問題に迷うことはなかった。1,2でリンクに出る。自分のナンバーと並行して、追加的にショーの振付を学ぶ。難しいところはあったけど、その困難でまた鍛えられた。この経験が跡を残さないことはないとなぜか信じている。将来それは顕在化するだろう。

(詳細なインタビューは出てるので、新たなプロについて簡単におねがいします)
ショートは「Cry me a river」、フリーはセルゲイ・ラフマニノフの「パガニーニの主題による狂詩曲」。どちらのプロもとても気に入っている。フリーはもう脳みそが爆発するような感じ。自分が完全に別人になったと、今これまでになかったほど認識している。自分に目標を掲げそれに向かっていく。自分の人生に新たなページを開けたのは良かった。

それから、おそらく、前のコーチであるアレクセイ・ニコラエヴィチ・ミーシンや、振付のタチヤナ・プロコフィエワ、自分と一緒に練習してくれた方々皆さんに感謝の言葉を言わないのは、正しくないことだろう。僕のために多くのことをしてくれて、教えてくれたから。

テーマ: フィギュアスケート | ジャンル: スポーツ

【プロフィール】 サハノヴィチ / セラフィマ | Home | JGPS第1戦仏男子FS:リー、山本、ワシリエフ、サマリン、佐藤

コメント

コメントの投稿


非公開コメント