無料アクセス解析

エレーナ・ラジオノワ:「国歌を聴いたら、感動があふれた」

GPSスケートアメリカ女子で優勝したラジオノワのインタビューがありましたので、紹介します。昨年は二試合とも浅田とあたり優勝はしていなかったのですが、初優勝と言われてると以外に思うほど、ここずっと素晴らしい滑りですね。

* * *

エレーナ・ラジオノワ:「国歌を聴いたら、感動があふれた」


http://fsrussia.ru/intervyu/398-elena-radionova-kogda-slushala-gimn-menya-perepolnyali-emotsii.html
タチヤナ・フレイド

とっても嬉しい。優勝できた初めてのグランプリになった。この優勝、私はずっと忘れない。

今、感動で溢れてる。2位でも3位でも表彰台に立つことと、自分の優勝という栄誉のために、自分の国の国歌が演奏されるのは、まったく違う。ロシアの国歌を歌ってたとき、私の中はすべてがドキドキしてた。伝えられない感覚。言葉で言うのはとっても難しい。

こういった瞬間がもっとあればと思う。一番高い段に立って、金メダルを掛け、国歌を聴いて、自分が1番だって感じたい。

(この大会で一番うれしかったことは?)
フリーで集中できたこと、アメリカでの演技前の恐怖に打ち勝てたこと。おかしいんだけど、フリーの前は全然緊張しなかったの。なんでかはわからない。でも完全に落ち着いてた。だから、プログラムの中でもまったくそのとおりにできた。

もちろん、成長する先は常にある。でも今この瞬間、シカゴでプログラム全体をやりきった。

(次のグランプリはフランスですね。)
ええ、ボルドーで。どうやって調整をするか、まだコーチと話してない。でもリラックスすることはまずない。ジャンプやスピン、全部いつもどおりに練習を続ける。

(今シーズン、プログラムがとても異なってますね。ダンサブルなショートと、セルゲイ・ラフマニノフの音楽に乗せた深いフリー。どちらの方がすきですか?)
両方とも好き。あえて違うふうに、対照的に創った。ショートは、実際、より踊る感じ。フリーはでは感情や線の美しさ、滑りの軽やかさを見せたい。

(セルゲイ・ラフマニノフの音楽は深く、大人の作品です。どのように受け止めていますか?)
自分にとっては何か新しいもの。新しいものは、いつも面白い。でも、最初はこのプログラムはうまくできなかった。でも振り付けをしてできあがったら、すぐに恋に落ちたの。

毎年コーチと一緒になって、何か新しいイメージやアイディアを見つけようと努力するのが、とっても気に入ってる。そのおかげで成長できる。

(女子での競争が増す中で新たなシーズンを始めるのは大変じゃなかったですか?)
そのことは考えない、スポーツはスポーツだから。ただいっぱい練習すれば、うまくいく。

(次のロシア選手権がシーズンで一番難しい大会になるのでは?)
そうかも。否定はしない。でも競争が激しいことは、スポーツからは切り離せない部分。リーザ・トゥクタムィシェワが話していたことが正しいと思うけれども、そのおかげでロシア女子スケートが前へと進んでる。

(優勝でシーズンが始まりました。おそらく、良い夏を過ごしたんでしょうね。)
夏は本当に濃かった。昨シーズンの終わりにショーに参加して。ロシア中をツアーでまわって、それから韓国で出演。戻ってきて、両親とニースに休暇に向かった。フランス、とっても気に入ったの。そのあとノヴォゴルスク合宿。それから日本でショー。そしてまた合宿。夏の終わりにCSKAでの練習にとりかかった。

(比較的最近、ジャパン・オープンに参加されましたが)
日本では、演技をするのがいつも素晴らしくて、気持ちが良くて楽。観客がスケーター全員を応援してくれるから。でもジャパン・オープンは特別な大会。一種のチーム戦で、初めて参加したの。チームの士気とは何か、初めて感じて理解した。実際、全然違う感覚なの。チームのメンバー、アーニャ・ポゴリラヤ、ハヴィエル・フェルナンデス、トマシュ・ヴェルネルのことを、自分以上に応援してた。彼らがすべてうまく行きますようにって。誰も裏切ることなく、女子で優勝できたのは嬉しい。チームで優勝できたのは2倍嬉しい。シーズンの最後にある日本での国別対抗戦にもとっても出たい。これは必要な経験だと思う!

(最後の質問。今日の滑りを見ていると、カロリーナ・コストナーにとてもよく似てきたと思った。自分ではどう思う?)
カロリーナは私の尊敬する方。彼女の滑りが本当に好き。夏はスケーティングを多く練習した。自分の滑りが、彼女のように軽く、エレガントになるよう努力した。あなたが気づいてくれたことがとても嬉しい。ありがとうございます。

テーマ: フィギュアスケート | ジャンル: スポーツ

エリザヴェータ・トゥクタムィシェワ:「マラソンを最後までちゃんと滑りきれた」 | Home | スケートアメリカ女子SP:1位リーザ2位レーナ3位ゴールド8位今井&日本女子の世代交代についてのコメント

コメント

素晴らしい!

素敵なインタビューのご紹介ありがとうございます。レーナは外見のみならず発言も素晴らしいですね!ますます好きになります。エリック杯での演技も楽しみです!

2014/10/28 (Tue) 00:03 | chii #- | URL | 編集

コメントの投稿


非公開コメント