無料アクセス解析

エヴゲニー・プルシェンコ一問一答(4):好きなプログラム、ペテルブルクの状況、キノコ狩り

プルシェンコ一問一答の続きです。まだありますが、残りはしばらく先になります。

* * *

(ペテルブルクのフィギュアスケートは、モスクワとの競争に耐えられず「死につつある」というのは本当ですか?)
それは事実で、悲しいこと。今、サンクトペテルブルクにはペアが1組しかいない。以前は大量にいたのに。ロシア選手権で戦える男子が1-2人、女子も少ない。そう、サンクトペテルブルクのフィギュアスケートは、残念ながら、死にかけている。財政支援がすべてモスクワに行っているのが原因だ。コーチへの給料について挙げてみても、モスクワと違ってコーチは赤字の状況にある。そのせいで、コーチの多くが地方に行くか、モスクワへと移動している。同じ傾向がスケーターについても言える。多くのスケーターが引っ越していったけれど、彼らにはマンションが割り当てられ、給料も支払われるべきなのに、残念ながら何もされていない。そういった問題があるんだ。あと、モスクワではものすごい速さでスケートリンクが立てられてるんだ!サンクトペテルブルクでは、ああ、そんなことはない。そんなに多くはいらないけど、せめてモスクワに今あるくらいには近づきたい。でも、今、アレクセイ・ニコラエヴィチ・ミーシンとタマラ・ニコラエヴナ・モスクヴィナの学校が開かれて、この偉大なコーチへの財政支援が向かうんじゃないかと思う。そうすればまた彼らのところにスケーターが来るようになるだろう。それでサンクトペテルブルクのフィギュアスケートが回転を始めるんだ。そう僕は願ってる。


(こんにちは、エヴゲニー!フィギュアスケートの伝説、3度のオリンピック金メダリストがロシアにいることに感謝します!(そう、エヴゲニー、あなたのことです) あなたは氷の上で自身の感情をとても鋭く伝えてくれます。可能性があったら、過去に滑ったすべてのプログラム(エキシ含む)のうち、どれを滑りますか?)
質問に感謝。でも、僕は3度じゃなくて、2度のオリンピック金メダリストで2度のオリンピック銀メダリストなんだ。もちろん、3度のオリンピック金メダリストになりたいけどね。将来そうなることは排除しないでおくよ。

好きなプログラムについては、この20年間でたくさん創ってきた。でも、「トスカ」「アルビノーニのアダージョ」「剣の舞」「セックス・ボム」「ジプシー・ダンス」が大好きかな。すべてに歴史がある。今、その名前を挙げると、それが生まれた頃のことを思い出す。僕のコーチであるアレクセイ・ニコラエヴィチ・ミーシンが提案したアイディアは面白いじゃないかと思う。5つのプログラムを1つのフリーにまとめて「Best of Plushenko」。どれも最高で、僕の好きなプログラム。最近ルーマニアに行ったんだけど、そこでファンからもう1つ同じようなのを創って欲しいって頼まれたんだ。僕は、たぶん「Best of Plushenko 2」を創るって言ったよ。フラグメント用はまだたくさんのプログラムがある。また5つのプログラムからエキシプロを1つ創ろうかな。


(ジェーニャ、今年はキノコ狩りにはいきました?)
サンクトペテルブルクから200kmのところにダーチャ(別荘)があるけど、そこは本当に原生で、今年はキノコが大量にあった。実際、ダーチャから400メートル以内に大量に、とくにベールィがたくさんあったから、どこにも出る必要がなかったくらい。今年は素晴らしいキノコ・シーズンで、もちろんキノコ狩りをしたよ。

テーマ: フィギュアスケート | ジャンル: スポーツ

マクシム・コフトゥン:「最初のエレメントで「死んだ」」 ~羽生・ハンヤン衝突の影響 | Home | 2014中国杯SP観戦記録:チケット入手、羽生ばかりの戦利品、個別の感想

コメント

コメントの投稿


非公開コメント