無料アクセス解析

ルカヴィツィンNHK杯コメント:羽生結弦はまだシーズンの準備ができていない/日本男子の強さ/ヴォロノフ

レオノワやメンショフさんのコーチであるルカヴィツィン・コーチが、NHK杯男子FS直後にインタビューでコメントしていたので紹介します。

その後に出た羽生やヴォロノフのインタビューの前のコメントだと思いますが、割と的確なコメントを出しているのが面白いですね。

* * *

エヴゲニー・ルカヴィツィン:オリンピック金メダリストの羽生結弦はまだシーズンの準備ができていない


http://rsport.ru/figure_skating/20141129/791546914.html
アンドレイ・シモネンコ


羽生の準備不足
私の意見だが、羽生はまだシーズンへの準備ができていないんじゃないか。今はパンクがあまりにも多いし、今日の練習でもそれは明らかだった。その後の6分間練習では4Tも4Sもできていて、しかも素晴らしかった。しかし、エレメンツを個別にするのと、通しで滑るプログラムの中でするのとでは違うし、しかも大会でだ。今のところ羽生はできていないことは明らかだ。

羽生の準備不足の理由を挙げるのは難しいし、彼のコーチに向けるべき質問だと思うが、中国での事故のあと、準備期間が1週間飛んでしまったことは大きな意味を持つ。しかし、上海での衝突の前にショートを滑っていたが、あまり成功とは言えなかった。そういうわけで、私の見方では、オリンピック金メダリストは、具体的にあの衝突の後遺症のためというよりも、全体的に準備不足なんじゃないか。


日本の男子シングルは、ベンチの補欠まで高い評価
村上大介については、これまで素晴らしい演技を見せたことがなかったが、ここではフリーで素晴らしい4回転を2度成功させ、ショートでも4回転を跳んだ。

日本の男子シングルの何が価値があるかと言うと、ベンチの補欠にある。上位に突然問題が起こっても、全体として結果には影響が出ない。羽生がまだ準備不足なら、その代わりに、日本で何番手かはわからないが村上が、楽に、確実にグランプリシリーズ大会で優勝した。

無良の演技は非常に悪くなかったといいたい。フリーでは、アクセルでパンク、3Fを途中で開いてしまったことで、点数がそれ相応のものとなり、やられてしまった。ちょっと気合が入り過ぎたことと関係してるのだと思う。しかし、グランプリファイナルで無良は強敵となろう。

100%で言うのは難しいが、ヴォロノフは2回めの4回転に入った時にちょっと開き気味だったから3回転になってしまったんじゃないか。4回転を跳べるという自信があまりなかったように見えた。しかし全体としては、そのミスは印象を損ねるものではまったくなく、2位という功績に値するものだ。セリョージャのメダル獲得とグランプリ・ファイナル出場を祝したい。また必要なときにすべきことをしてくれた。

テーマ: フィギュアスケート | ジャンル: スポーツ

カロリーナ・コストナー:WADAの検査官に嘘をついたけど、シュヴァーツァーがドーピングしてるなんて知らなかった | Home | ロシア記事: ロシア選手権 in スペイン - 羽生の勇壮

コメント

コメントの投稿


非公開コメント