無料アクセス解析

ジェイソン・ブラウン:「まさかあのプルシェンコと同じリンクに立つの?!」(3)事故・ソチ・ポニーテール

ジェイソン・ブラウンのインタビューの続き、完結編です。プルシェンコやジュベールと会ったときの反応、面白いですね。

ジェイソン・ブラウン:「まさかあのプルシェンコと同じリンクに立つの?!」(1)今後・子どものころ・尊敬する人物
ジェイソン・ブラウン:「まさかあのプルシェンコと同じリンクに立つの?!」(2)ジャンプが苦手

* * *

ジェイソン・ブラウン:「まさかあのプルシェンコと同じリンクに立つの?!」とソチで思った


http://rsport.ru/interview/20141205/792914029.html
マリヤ・ヴォロビヨワ/アンドレイ・シモネンコ

続き

冬季オリンピックで、Tシャツと短パンで歩けるとは想像してなかった。


(選抜大会であったアメリカ・ナショナルは、その後ソチにあなたを連れて行った運命的なものとなりましたが、その前に事故に遭っていましたね。加えて、降雪による航空便のキャンセルや遅延の問題もありました。このことについて、そのときはどう思いましたか?いずれにせよチャンスだと思ったのか、それとも馬鹿げた暗示だと?)

立ち止まって、起きていることについて考えるのが必要な瞬間だったんじゃないかと思う。ナショナルへと飛び立つ5日前に事故に遭って、首をちょっと怪我したけど、深刻なことにはならなかった。ひどい雪嵐のせいで車のハンドルがとられて、何度かくるくる回っちゃったんだ。誰も事故には巻き込まれなくて、僕の車だけ。親に電話したときは、涙で全身を濡らして、何が遭ったのかを話して、謝ったよ。でも親は、車だけのことだし、お前に何もなかったのが良かったと言って落ち着かせてくれた。

そのときこう意識したんだ。僕自身は怪我してないし、誰にも怪我をさせてない。車には僕しかいなくて、周りに他の車がなかった。僕は本当に運がいいって。それで、これは何かのしるしなんじゃないか、準備はできてるのだからナショナルに出るべきだって思った。ある種の試練を経験して、演技ができたことを神に感謝したよ。


(ソチ・オリンピックについて最初に思い出されるのは何でしょうか?表彰式で表彰台に立ったときでしょうか?)
全部覚えてるよ!記憶から滑り落ちるような瞬間はひとつもない。メダルを獲ったときも、閉会式も。個人戦のフリーで最終グループに入って、最後に滑った時とか…。具体的にこの瞬間というわけじゃないけど、オリンピックは一瞬のように過ぎてしまったと言いたい。


(でも何か普通じゃない、おかしいことなどの思い出もあるんじゃないでしょうか?)

正直言うと、初めてのオリンピックだから、こういった大会で何が普通で何が普通じゃないのかってのはただただわかんなかった。何もかもが新しく、普通じゃなくてなれないことだらけ。でも、冬季オリンピックで街なかをTシャツ短パンで歩けるとは想像もしてなかったよ!ソチでは毎日がすばらしい太陽の天気だった。だから、本当に冬季オリンピックにいるのか?!っていう疑問がときどき頭をよぎるくらいだったよ。


(黒海で泳ぎましたか?)
ええ、泳いでないけよ、泳ぎたかったけどね!でも、ソチにはジュニアグランプリファイナルでも来てて、オリンピックのときよりももっと海に近いところに泊まってたんだ。そのときも泳ぎはしなかったけど、海にちょっと手を入れてみたり、石で遊んだりはした。だから、ソチの海に行ってきたとは言えるね!


(ロシア人の友人はできましたか?)
ロシアのスケーター大好きなんだ。アデリナ・ソトニコワの大ファン、だって可愛いんだもん。リーザ・トゥクタムィシェワもただ信じられないようなスケーター。それから、オリンピックでエヴゲニー・プルシェンコと会ったんだ!国別対抗戦前の練習で初めてはちあわせた。「あのプルシェンコと同じリンクに立つんだ、なんてことだ!この世界でいったいなにが起こってるんだ」って思ったね。そうしたらプルシェンコがこっちに振り向いて「やあ、ジェイソン!」って言ったんだよ。たぶん、僕の目の両方とも「何?何?」って書かれてたと思う。一歩後ろにさがって、息を吐いて、彼がいかに信じられないようなスケーターなのかって言ったんだ。それからちょっと喋ってたんだけど、それでどれだけの力が与えられたことか!


(誰かがあなたのことを考えているということを想像できますか?)

もうクレイジーだね。


(どうして?あなたは街なかでも見分けられますよね…)

それがもうクレイジーなんだ!本当にこの人のことを考えていたんですかって答えちゃう。僕だったら、エヴゲニーみたいな人を見たらもう気を失っちゃうよ。そのソチでブライアン・ジュベールを初めて生で見たときのことも覚えてる。更衣室に入って、「あっ」ってその場で凍りついちゃった。プルシェンコが初めてオリンピックに出た2002年、僕はまだ7歳だった。そして今、そんな偉大なスケーターに会うと、口を開けてテレビの前に座っていたちっちゃな男の子に戻って見つめちゃうんだ。そんな人たちの1人であることなんて、もうファンタジーの境界線だね…。


(あるコーチがこんなことを話していました。街で彼女のところにあるおばあさんが近づいて、オリンピックでの彼女の教え子の演技について感謝したそうです。その瞬間に、これがまさに自分がやっていることの本当のモチベーションなんだと理解したと言っていました。似たような経緯はありますか?)


ね、そういったことはたくさんあって、どれを最初に話していいかもわからないくらい!「えっ、こんなことがありうるなんて想像もできなかった!」と思わせるようなことが、年に何回かは絶対にある。例えば、こんな話がある。僕が練習しているコロラドからほど遠くないところに軍事基地がある。あるときスターバックスにいたら、軍の制服を来た人が近づいてきた。「最近駐在してた中東から戻ってきたところだけど、そこであなたのオリンピックでの演技を見たよ。あなたは誇りだ。立派に戦って、我が国を代表してくれた」って言ってくれた。

それを聞いて、どう答えていいかわからなかった。もう少しで泣きそうだったよ。「命の危険を犯してアメリカのために戦っている人たちと、僕が同じだなんてありうる?僕と?彼らはそう、戦ってるけど、僕が?」って思った。たぶんこれが、僕に起こった最も感動的なストーリーの1つ。でも、たくさんあるけどね。


(食後のデザートに、ポニーテール風の髪型についてお聞かせください。なんども髪を切るように勧められたけれど断っているという記事を読みました。現時点ではどんな状況なんでしょうか?「尻尾」の安全は?)


安全だよ!まあ、オリンピックの前には切るべきか切るべきでないか悩んだこともある。でもその後ポニーテールを残すと決めた。やっぱりある種僕のトレードマークだからね。というわけで近いうちに切るつもりはない。コーチが「ねえ、フリーのために髪を半分上に上げようか」って言ったとき、なんかすごく驚いちゃって。コーチは僕の反応をみて、「ああ、ポニーテールの法律違反になるとでも思ってるの?」って。コーチは、僕はなにか変わらなくちゃいけないと思ってるみたい。でもみんな僕のポニーテールが好きみたいだから、今のところは残してる。

(終)

テーマ: フィギュアスケート | ジャンル: スポーツ

エヴゲニー・プルシェンコ一問一答(7)ライサチェック、ソチの出来事、好きなアイスダンサー(終) | Home | ジェイソン・ブラウン:「まさかあのプルシェンコと同じリンクに立つの?!」(2)ジャンプが苦手

コメント

コメントの投稿


非公開コメント