無料アクセス解析

プルシェンコ:羽生のミスは怪我の影響では/ヴォロノフの力は尽きていない

プルシェンコがイタル・タス通信に、今回のGPF男子の結果についてコメントしています。羽生やヴォロノフが言及されています。

* * *

プルシェンコ:GPFでの羽生結弦のミスは怪我の影響では


http://itar-tass.com/sport/1646055

オリンピックシーズンでの大勝利のあとは、大会に出場するためのモチベーションを見つけるのがいつも難しいが、羽生にはこの問題はない。ショートとフリーでのジャンプでのミスは、GPS上海大会での怪我の影響では。あんな衝突があったら、自分を取り戻すためだけで時間がかかる。羽生はバルセロナで、フリーで2種類の4回転を跳んで、ミスはあったけれども最高記録に近い点数を出し、最高クラスの演技を見せてくれた。

ファイナル出場者はみんな4回転をプログラムに入れてきて、しかも多くはフリーで4回転を2回、または3回も跳ぼうと努力してる。こういった傾向は今後も継続するから、大きな大会で優勝を狙うスケーターは、新たな4回転、ルッツとかを修得するだろう。

今シーズン、セルゲイはとても良い滑りを見せている。もしフリーで、4回転2回をミス無しでできれば、ロシア選手権で優勝したりユーロで金メダルを狙ったりする力が完全にある。ヴォロノフのポテンシャルはまだまだ尽きていない。

テーマ: フィギュアスケート | ジャンル: スポーツ

ロシア記事:僕らのヒーロー - リーザ・羽生・ヴォロノフ | Home | セルゲイ・ヴォロノフ:羽生はオリンピック金メダリストだし、私だってがっかりはしていない。自分自身との永遠なる戦いはまだ先もずっと続く。

コメント

コメントの投稿


非公開コメント