無料アクセス解析

稀代のジャンパー、エリザヴェータ・トゥクタムィシェワ(前)ミーシンの指導を受けるようになった経緯

本日12月17日は、リーザことエリザヴェータ・トゥクタムィシェワの18歳の誕生日です!!!!おめでとうございます!!!

というわけで、PROSPORTが、これまでのインタビューなどから彼女の歴史についてまとめて紹介していましたので、前後編(たぶん)で紹介します。

* * *

稀代のジャンパー、エリザヴェータ・トゥクタムィシェワ


http://prosport-online.ru/articles/tukhtamysheva226
マリーナ・クルィロワ


エリザヴェータ・トゥクタムィシェワは、14歳になり最初のグランプリ大会で優勝し、自分の名前を皆に知らしめた。

「名前にはあまり興味が無い」と、よく名前を間違って紹介されるのではと質問したときにリーザは話していた。「知ってるのは、この苗字はタタールのもので、中世に「トフタムィシ」というハンがあったということだけ。たぶん、そこから全部来てるんだと思う。」

リーザ自身は、14歳になるまで両親と妹と一緒にグラゾフで暮らしていた。ウドムルト共和国の最北にあり、モスクワからは1000km強の場所にある。しかし、リーザは違う単位を使うことに慣れている。サンクト・ペテルブルクから27時間。まさにこれだけの時間を電車で過ごして、アレクセイ・ミーシンの指導に辿り着いていたのだ。そして、2週間ごとに、オリンピック金メダリストのエヴゲニー・プルシェンコは、自身のコーチをこの期待されるスケーターと分け合うことになった。

ミーシンはベルゴロドの大会でリーザを見た。それから、リーザと練習していたスヴェトラーナ・ヴェレテンニコワに、リーザを自分の指導に連れてくるよう依頼した。

「アレクセイ・ニコラエヴィチ(・ミーシン)が私の中に何を見たのかはわからない」と、リーザは将来のコーチとの最初の面会を思い出す。「まだ不器用で、ひどく稚拙だったし、エレメンツ実施の技術も、スケーティング技術も違ってた。グラゾフにはリンクが1つしかなくて、フィギュアスケーターも、ホッケー選手も、単に好きで滑っている人も、みんなそこで練習してた。リンクが破滅的に足りなかった。でも私たちは陸上トレーニングをたくさんしてたから、高くジャンプすることはできた。アレクセイ・ニコラエヴィチ(・ミーシン)は、たぶん、私から何がでてくるのか、試してみようと決めたんだと思う。それで、彼のところに練習に来るよう提案してきた。それから、私がかなり早く学習することや、多かれ少なかれ美しく腕を動かしてなんとか滑ることができるってわかったみたい」。

2年後、リーザはほぼすべてのジャンプを習得し、その中には最も難しい3回転半のアクセルも含まれていた。しかしこれだけでは、ミーシンがすぐに彼女をサンクト・ペテルブルクに移り住むよう招待するには足りなかったようだ。数年間、彼はトゥクタムィシェワをよく観察するだけだった。

「最初にペテルブルクに行ってから、練習にはもっと真面目に取り組まないといけないんだってわかった。1ヶ月半、スヴェトラーナ・ミハイロヴナ(・ヴェレテンニコワ)と一緒にグラゾフで練習してたけど、リンクをより頻繁に使えるようになった。残りの時間は、「ユビレイヌィ(註:サンクト・ペテルブルクのホームリンク)」で過ごした。ちょっと大変だった。寮に住んだり、ホテルに泊まったり。寮の方が便利だったくらい。キッチンがあって、せめてちゃんとした朝食、なんかカーシャ(穀物のおかゆ)とかは作れたし。でも何よりも大変だったのは、家族、両親と離れて暮らさなくちゃいけないことだった」。

アレクセイ・ニコラエヴィチ(・ミーシン)が最終的に決断を下したのは5年後のことで、家族全員と一緒にサンクト・ペテルブルクに引っ越すよう提案したのだ。引っ越しは母親が担当した。この直前に、リーザの家族にひどく悲しいことがあった。父親が亡くなったのだ。

「そのとき、アレクセイ・ニコラエヴィチ(・ミーシン)は私たちをとても助けてくれた。部屋も見つけてくれて。私はほとんどの時間を合宿や大会で過ごしてた。ママとジェンカが、妹なんだけど、荷物を運んでくれて。私が新しい部屋に着いたときには、もう多かれ少なかれほとんど準備ができていた。ママが後で教えてくれたんだけど、車2台に私たちの荷物は全部乗ったんだって。」

引っ越しは良い方向に向かった。リーザはエヴゲニー・プルシェンコやアルトゥル・ガチンスキーと同じグループで練習するようになり、アレクセイ・ミーシンが常に監督してくれるようになった。

「小さいけど、とっても仲の良いグループ。だいたい、男の子とか大人の男性と練習するのは楽だって気づいた。たとえば、アルトゥルとはよく喋ってる。楽だし、面白い。アレクセイ・ニコラエヴィチ(・ミーシン)の指導のもとで練習するのは、歓びばかり。端から見ると、彼は厳しくて、無愛想に見えるかもしれない。でも本当はぜんぜん違うの。とても良い人で、いつでも助けてくれたり、支えてくれたりする準備がある。なんでも1人では決めずに、どうやったら良くなるのか、どうしてそう考えるのかを話して、説明しようとしてくれる。コーチたちや振付師たちが集まってすべてを議論するの。幸いなことに、プログラムを滑るのは私で、私が気に入らない音楽で滑ることができないということをコーチたちは理解してくれている。最近アコースティック・ロックにハマッて、ガンズ・アンド・ローゼスが大好きなんだけど、将来のプログラムに彼らの曲の何かを提案しようと思ってるくらい。アレクセイ・ニコラエヴィチ(・ミーシン)は私がロックを好きなことも知っていて、スコーピオンズが「ユビレイヌィ」でコンサートをしたときにはチケットを取ってくれたの」。

続く

※追記(2014/12/19)

続きをアップしました!
稀代のジャンパー、エリザヴェータ・トゥクタムィシェワ(後)ソトニコワ、成長期、4回転、趣味

テーマ: フィギュアスケート | ジャンル: スポーツ

コンスタンチン・メンショフ「2018年五輪への切符をかけてエヴゲニー・プルシェンコと戦う可能性は排除しない」 | Home | ロシア記事:男の歴史 - ヴォロノフ・フェルナンデス・羽生

コメント

コメントの投稿


非公開コメント