無料アクセス解析

2014の振り返りと今年の目標2015(自分で滑るスケート)

自分で滑るフィギュアスケートの記事なので、興味のない方はブラウザの「戻る」をどうぞ。



* * *

2014年も無事に終わりました。スケートの練習は、途中2-3週間、1ヶ月ほどの休みが3回ほど入りましたが、週に1-3回の練習を続けられて良かった。

今年は初のマスターズに出場することができました。12人中5位ということで、思ったよりも良い成績をもらえて嬉しかったです。しかし、周りはアクセルやダブルを入れていますので、こちらも習得したいところですが、道は険しい…。

技術的には大きな進歩はありませんでしたが、スケーティングは前に比べればマシになったとコーチには言われています。

新しいジャンプは結局習得できていません。2Lo<<を何度か片足着氷したくらいでしょうか。1A以上のジャンプで今一番いい感じなのが2Loだったりします。1Lzはスランプで今ぜんぜんダメですが、1F以下はまあまあの低空飛行を続けています。

スピンでは、シットスピンが安定してきましたし、変形シットスピンにも挑戦中。キャメルスピンはもう少し?まだまだ確率が低い状態です。バックスクラッチは以前に比べて姿勢がきちんとできてきている感じがしますが、まだプログラムに入れるほどの安定性はありません。2014年の一番の収穫はスピンかも。

ターンなどのステップは、フォアブラケットとチョクトウのステップを練習中。良くはなっていると思いますが、まだ綺麗に見せられるほどにはなってませんね。

2014年からアイスダンスも始めました。基礎的な動作の練習(シャッセ、スイングロール、スライドシャッセ、クロスフォーワド、クロスビハインドなど)から、ダッチワルツ、キャナスタ・タンゴ、スイング・ダンス、フェスタ・タンゴ、チャチャまでひと通り覚えました。まだ組んで滑るのは怖いですが、少しずつ慣れています。

プログラムについては、自分振付・昨年から引き継いだロシア映画ST「サマー・ハズ・ゴーン」はマスターズとスケートジャパンで滑り納めました。その後練習している「スイング・メドレー by Big Bad Voodoo Daddy」は9月公開予定でしたが大会への申し込みが遅れ出場できませんでした。今は1:30バージョンにして、スケートジャパン2015(6月?)向けに練習しています。マスターズ用の新しいプログラムは、音楽は決まりましたが音源編集の段階です。今回はコーチに振り付けていただくことにしました。

* * *

さて2015年ですが、こんな目標を立てました。
・ジャンプ: 1A, 2S, 2Loの習得
→やっぱりアクセル跳びたい。でも、現在の実現可能性は2Lo>2S>1A。

・スピン: キャメル、キャメルシット、バックスクラッチ、バックシットの習得
→キャメルとバックはもう少しな感じがする。マスターズまでには…?

・ステップ: フォアのロッカー、カウンター、ループ、バックブラケットの習得。バックスリー、ダブルスリーの安定化。スピードに乗ったままフォアのターンをしっかりできるようになること。
→新しい技術を練習しつつ、簡単なターンをスピードを出しても乗れるようにする。

・スケーティング: 体重移動がしっかりとできるように。
→ここは常に練習が必要なところ。

* * *

需要はさほどないと思いますが、今年は普段の練習やプログラム作成の模様もブログに書いていきたいと思いますので、ご関心のある方はどうぞ。

では、今年もよろしくお願いします。

テーマ: フィギュアスケート | ジャンル: スポーツ

ラファエル・アルトゥニアン:ソルトレイクでミーシン、タラソワと並んで立ったとき、これが私のキャリアすべてだと思った | Home | イーゴリ・ボブリン:結弦は練習中に死んでしまうんじゃないかと思ったくらい、身を捧げている

コメント

コメントの投稿


非公開コメント