無料アクセス解析

セルゲイ・ヴォロノフ:ユーロでメダルを獲れなかったら(2)五輪を2度耐えて、すべてに哲学的に対処するようになった

昨日アップしたヴォロノフインタの続きです。


(1)ユーロ不調の理由
(2)五輪を2度耐えて、すべてのことに対して哲学的に対処するようになった
(3)GPS日本大会で最下位になって引退を考えた
(4)ペテルブルクでまともに接してくれたのはプルシェンコだけだった
(5)チャンや小塚が見たら、どうおもうかなあ

* * *

セルゲイ・ヴォロノフ:ユーロでメダルを獲れなかったら。太陽が消されなかったら。


http://rsport.ru/interview/20150201/803590355.html
マリヤ・ヴォロビヨワ/アンドレイ・シモネンコ

続き

もしメダルが獲れなかったら、自分に問いかけただろう。お前は弱虫か、それとも強い人間なのか。


(食欲は食べている間に出てくるともよく言われます。あなたのメダルの貯金箱に新しいメダルが欲しいという食欲は膨らんでいますか?)

こういいたい。私の頭はまともに働いている。グランプリ・ファイナルの銅メダル、グランプリシリーズでの銀メダル、昨年のユーロでの銀メダル…こういったものすべてが全体で、これまでの結果よりも良い結果が自分に期待されている、ということを示している。それをどんなに考えないようにしても、ここストックホルムでもある順位より下に落ちたくないと思っていた。

みんなフリーで「失敗しまくった」から良かったものの、そうでなければ全く違った結果になったかもしれない。このユーロで、私はスケーター的には運が良かったということはよくわかっている。ただ、同時に、結果はすべて相対的なものだということを忘れてはいけない。私の3位という順位は、衰退と評価されるかもしれない。そんな結論をする人をこの目で見てみたいものだ。たった1つの大会で、そんな風に絶対的に判断してはいけない。

シーズンかけてうまくやってきて、ここではそんなに美しくなかったかもしれないが、それでもメダルを獲ったんだ。おそらく、すべてがこう収まる価値があったんだと思う。多くのことに耐えてきたから、成功が私側に立つ瞬間がここでやってきたんだろう。これ以上不運が続くのもたくさんだよ、たぶん。


(一瞬でも、こんな思いがよぎりませんでしたか。あとちょっとで、自分の耳のようにメダルを見ることができなかったかもしれないと。そんな状況になったら、きつい一撃になったのでは。)

オリンピックを2度耐えて、すべてのことに対して哲学的に対処するようになったんだ。最終的には、太陽を消す人はいない。そんな状況になればもちろん悔しかっただろうし、きつかっただろうし、もしかするともっと醜悪になったかもしれない。そんな状況は、強者だったら鍛えられるだろうが、弱者は壊れてしまう。

もしメダルが獲れなかったら、自分にいつものように問いかけただろう。お前は誰だ?弱虫か、それでも強い人間なのか、と。だから言っているとおり、順位は何であれ適切に受け入れる必要がある。この結果は、そこにいる誰でもなく自分自身で得たもので、自分自身でそこに向かって歩いてきたものだ。それは受け入れなければいけない。


(セルゲイ、自信のキャリアを「~まで」と「~から」に分けたりしていますか?何か具体的なキャリアの分岐点はありますか?例えば、忘れかけていますが、あなたは2008年と2009年のロシア選手権2度の金メダルを持っています。この結果は、乱暴な、言い方ですが、もう過去のスケーター人生だと?)

良い質問だ…。どう答えていいかもわからない。でも待って、1人の人間に人生は1度きりだろう?しかも、人生は永遠ではない。スケーターのキャリアも1つだけだ。引退と復帰というのもあるという人も多いかもしれないが、それはただスケーターのキャリアの線が点線になるだけのことだ。結局キャリアは1つ。ロシア選手権のタイトルだって、苦労して、誠実に、そしてしっかりと掴んだものだ。だから、それが自分にとって何か過去のもので、昔のものだと言うことはできない。ナショナルでは全部獲っていて、それぞれの色のメダルが2つずつあるとよく覚えてるよ。

あのときを今と比べると、より若く、細かいところまでまだ入り込めていなかっった。今は、完全にフィギュアスケートの一瞬一瞬を満喫し、味わっている。以前はスケーティングも結果も意識していなかった。2008年のユーロデビューを今のことのように覚えている。4位だったが、フリーでは(2007年ワールド金メダリストの)ブライアン・ジュベールを上回って銅のスモールメダルを獲ったんだ。それで家に帰ってきて、言ったんだ。「なんかメダルを獲った!」って。

それで、去年になってやっと、これだけの時間を経てその記録を破れたんだという意識ができた。まさにそのときにわかったことは、いかなる結果であれ、評価する必要があるということだ。だから、ストックホルムでの銅メダルについても、何度だって言える。まずはこんな結果を手にしてから、批判と議論に身を投じろと。

続く


テーマ: フィギュアスケート | ジャンル: スポーツ

セルゲイ・ヴォロノフ:ユーロでメダルを獲れなかったら(3)GPS日本大会で最下位になって引退を考えた | Home | セルゲイ・ヴォロノフ:ユーロでメダルを獲れなかったら(1)ユーロ不調の理由

コメント

コメントの投稿


非公開コメント