無料アクセス解析

当面の目標:バッジテスト初級・1級

ロシアでフィギュアスケートを習い始めて、コーチの教え方で気になったことがある。基本的に、模範演技を見せて、それを見よう見まねで模倣させて、ミスを修正して行くというタイプ。

例えば、私は自主練習で勝手にスリーターンとかを練習していたので、フォアスリーターンの場合、教本のとおり上半身を最初にひねって、ターンをすると同時にひねりを解放するというやり方でなんとかターンできるようになっていました。

そこで、コーチからフォアアウトサイドスリーターン左足を習うのですが、さすがコーチ、上半身のひねりのない美しいスリーターンをやってくれます。最初はそのマネをして、左手を前、右手を後ろにしてターンしようとするが全然うまくできません。教本だと、左手をうしろ、右手を前にして上半身をひねって、その力でターンをすると書いてあるので、それで練習していたからです。うまくできないので、教本どおりのやり方で練習していたら、コーチから修正が入ってしまいます。

結局、コーチのスリーターンも、そうは見えないだけでちゃんとひねりを使っているのでしょうが、そのメカニズムを理解しない限り上手くできないのではないかと・・・・。
今となっては、コーチほどではないですが、上半身に思い切りひねりを入れなくてもLFOスリーターンができるようになったので、こうして振り返れるのですが。

でも、自己流でやった限界として、LFOスリーターンはちょっと苦手ですね。ターン後の姿勢がうまく取れない状態。要練習です。

というわけで、コーチが教えてくれるもの以外にも新しく技を覚えていきたいなと。その指針になりそうなのが、バッヂテスト。内容はこちら。

まずは初級と1級をがんばります。
【初級】
1.FOハーフサークル:OK
2.FIハーフサークル:OK
3.BOハーフサークル:出だしが微妙、練習中、だいたいOK
4.BIハーフサークル:練習したことない。
5.フォアストローク、プログレッシブとストップのステップ:プログレッシブって何ですか?あとストップはあまり練習したことない。
6.バックワードクロスでパラグラフ・パターンを2周:パラグラフ・パターンって何ですかね。

→BIハーフサークル、プログレッシブ、ストップ、パラグラフ・パターンの練習が必要。
動画探すか~。

【1級】
1.スリージャンプ:OK
2.トウ・ループ・ジャンプ:自己流で着氷してるが習ってない
3.サルコウ・ジャンプ:習い始め、できそう。
4.ジャンプ・コンビネーション:自己流で1S+1T、1T+1Tは着氷
5.アップライト・スピン(5回転以上):確率は高くないができそう。練習中
6.フォア・チェンジ・ハーフ・サークル:何のことでしょうか・・・。
7.ワルツ・スリー・ステップ:反時計回りはOK。時計回りは要練習
8.バッククロスとフォアアウトエッジによるカーブのステップ:説明文を読んだら行けそう。フォアアウトは得意。
9.フリースケーティング(2分)少なくとも必須要素とステップ・シークエンスを含む:楽しそうだ

→トウ・ループ、フォア・チェンジ・ハーフ・サークルを自主練習する。

初級・1級はなんか行けそうな気がしてきた。

【2級】
1.ループ・ジャンプ:×
2.フリップ・ジャンプ:×
3.ルッツ・ジャンプ:×
4.ジャンプ・コンビネーション(ループ、フリップ、ルッツを入れた物):×
5.クロス・スピンまたはバックスクラッチ・スピン(5回転以上):×
6.シット・スピン:×
7.フォア・アウト/インのスリー・ターン・ステップ:○
8.フォア・アウト/インのダブルスリー・ステップ:練習中、行けそう
9.フォア/バックのスパイラル:× 足が上がらん
10.バックのスリーターンとモホークのパワーステップ:???バックスリーターンは練習中。モホークは実は苦手かも。

→ちょっと課題が多すぎます。当面の目標か。

テーマ: フィギュアスケート | ジャンル: スポーツ

靴の修理 & 自主練@ヨーロッパでパート | Home | スケートレッスン@ゴーリキーパーク 20100908

コメント

ロシアのバッジテスト

日本にはバッジテストがあり、米国、カナダ、韓国にも同様のテストがありますが、ロシアにもバッジテストはあるのでしょうか?

スポーツマスターという制度があることを知りましたが、こちらは技能に対する認定ではなく、試合で活躍したか?を評価するシステムのようです。

2017/06/26 (Mon) 23:33 | 3Lz3Lo3T #- | URL | 編集

コメントの投稿


非公開コメント