無料アクセス解析

靴の修理 & 自主練@ヨーロッパでパート

先日もここに書きましたが、右足の靴のネジがダメになってしまいました。
コーチに言われたとおり、新しくネジ穴を開けて填めてみました。

スケート靴 修理後

左側の一番下に填めました。その上はたんに挿しただけです。右側は追加せず。

コーチからは、「全部の穴にネジをしめろ!ジャンプの着地があるからしっかりと」とは言われてましたが、エッジの位置がずれてないか全く自信がない状態でそれはかなりリスキィでは?と100%信じることができず、取りあえず1カ所だけ。これでエッジの位置がおかしかったら、上の上の穴で調整すれば良いかと。最初から止まっている場所だけ、横の調整ができるんですね。何で全部の穴でそうしないんだろうか。

よく見たら気づくかもしれませんが、実はネジ、少し傾いてるんですよね。一応固定はできているので大丈夫かとは思いますが、経過観察します。

せっかくなので、自主練に行ってきました。いつものレッスンを受けているゴーリキーパークではなく、ヨーロピアンデパートの7階にあるスケート場です。ここは、氷の質がかなり良い!そして土曜日の朝は人がいないので練習のしがいがあるところですが、原則「フィギュアのエレメントの練習は平日16時までのみ」なんです。ステップについてはOKのようですが、スピンとジャンプは、混んでなければ監視員も見逃してくれるというグレーの状況。

今回、人が5人くらいしかいなかったので、ステップを中心にジャンプとスピンも一寸練習してきました。靴も問題ないようです。

一人上手な人がいて、シットスピンやスパイラル、1S、1L、1F、ループを練習してました。ループやりたいなぁ・・・。

【今日の練習の成果】
・BOセミサークル:出だしが上手く行かないのと、LBOにうまくのれなくて、フラットに乗ってしまっているのか円が作れず真っすぐ進んでしまうときがある。LBOはエッジを意識したら多少まともになった。出だしは要研究。

・アップライトスピン:入りのとき、左足のひざは徐々に伸ばして行くようにしないと軸が取れない。軸が取れれば5回転くらい行ける。これに限っては、氷の面が悪い方が調子が良いような・・・。

・サルコウ:LFO→LBIのスリーの後、右足を前に出してくるときに一瞬地面に付けると跳べて片足着地もできるのだが、地面に付けないでやると上手く行かない。しっかりとLBIに乗れてないのか?それとも体重移動がおかしいのだろうか?

・BIからのスリーターン:表面が綺麗なので、自分のターンのトレースが読める。最初はターンのところがきれいでなく、幅広く削れていたので、エッジをすべらせないようにきっちりとエッジチェンジするようにしたらかなり上手く行くようになった。ターン後、しばらくそのエッジで滑れるようになった。

・BIセミサークル:FOサークルのような手と視線の動きなのか?手も足もでない状態ではなくなったが・・・。

モスクワのスケート場でBIセミサークルやっている人見たことないなぁ・・・そういえば。

・ツィズル:左右とも2回転が目標。右足のはバックスクラッチスピンにつながるのか?ただ、前に進まないでその場で回転してしまう・・・これはもうバックスクラッチスピンか?2~3回転は行けるけど。

・片足スネーク:氷が綺麗なので、力をあんまり入れなくても進むんですよね。いつものところよりも膝も曲げている意識ないのに進む進む。

テーマ: フィギュアスケート | ジャンル: スポーツ

20100913 スケートレッスン@ゴーリキーパーク | Home | 当面の目標:バッジテスト初級・1級

コメント

リンクのご報告

初めまして。
靴裏の処理について調べていた際、こちらのコメントに辿り着き、参考にさせて頂きました(記事自体はそれ以前もちょくちょく、拝見しておりました)。
ご報告が遅くなりましたが、ブログにもリンクを掲載させて頂いております。
(コメント欄の御紹介なので、どの様にご報告しようかと迷いました)

2016/01/18 (Mon) 16:34 | プリンセス・プリケツカヤ(仮名) #- | URL | 編集
Re: 止めビスの穴埋め

ポッポさん、丁寧にありがとうございます!
(ブログシステムの関係か、コメントの承認ができない状態です。)

まだ穴埋めしてない状態です。靴に悪いでしょうか・・・。
ロシアにいるので竹ひごの入手が難しいのですが、先生に聞いて直してみます。

> 穴埋め参考に
> 私は竹ひご(加熱していないので釘とは言わない?)で埋めています。
> 木製の丸棒は使わないで下さい。真っ直ぐ縦に割れて行きません。
> 修理に用意するもの。
> 竹ひご3Φ(1本20~30円程度です)
> きり又は細いドリル(1Φ以下)止めビスのセンター決め。
> ナイフ又は目の細かなノコギリ
> ハンマー
> 爪楊枝1本(穴の深さを調べます。)
> マジック(靴底と同色)
> ドライバー
>
> 手順
> 1.爪楊枝で穴の深さを調べて下さい。
> 2・竹ひごの先端を釘状に尖らせます。(鉛筆削りを使うと楽です)
> 3.爪楊枝で測定した長さより約5MM程長くしてカットします。(竹釘の完成)
> 4.穴に指で竹釘を強くねじ込みハンマーで軽く叩込んで下さい。
> 5.出ている竹釘をカッターで切断し、ハンマーで叩込み高さを揃えます。
> 6.竹釘の打ち込み面を着色します。
> 7. ブレードを置いて上から穴の中心にキリでマーキングします。
> 8.中心にマーキング出来たらキリで少し穴を開けて下さい。(1~2mm)
>                    (ビスの誘導穴です。)
> 9.ドライバーで取付ビスを締めて下さい。
> 中で竹が割れて革を押し開き固定できます。もし穴が大きい様でしたら、
> 竹箸で竹釘を作って下さい。
>
> ブレードを外さない場合は、しっかり竹釘を打ち込んで、ブレードと靴の
> 隙間にナイフを差込み切断して下さい。
>
> 瞬間接着剤は水分に出会うと白濁し接着力が低下します。あなた様の場合、
> 布で革を押し広げているので大丈夫だと思います。2~3ヶ月緩まなければ、
> 止めビスは錆びて抜けなく成っていると思います。
> 工具店で止めビスを購入する場合、ステンレスや真鍮製は選ばないで、錆び易い
> 鉄製を選んでください。ビスは錆びる事で緩ま無くなります。
>
> 瞬間接着剤は、冷凍庫で保管して下さい。常温に戻せば使用出来ます。
> 1度使った接着剤でも2~3年は使用可能です。

2011/01/03 (Mon) 02:58 | IWANOFU #- | URL | 編集

コメントの投稿


非公開コメント