無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エリザヴェータ・トゥクタムィシェワ:ワールドで3Aを跳ぶのは不安

リーザのワールド前のコメントがR-Sportにありましたので、紹介します。

 

フィギュアスケート世界選手権の映像写真集。(羽生結弦選手 他…)


* * *

トゥクタムィシェワ、ワールドで3Aを跳ぶのは不安だと認める


http://rsport.ru/figure_skating/20150317/815605895.html
マリヤ・ヴォロビヨワ

練習ではトリプルアクセルは、うまくいったりいかなかったり。新しいエレメントだから、すぐには安定して跳べない。他のジャンプと並べるともっと難しくなった。3Aを跳ぶと、最大限に乱れることにも準備しておかなくちゃいけないし、力の配分も変えなくちゃいけなくなる。もちろん不安だけど、今、将来のために練習するという課題があるのであって、今回の大会(ワールド)だけに向けたものではない。

将来は3Aなしじゃどうにもならない。フィギュアスケートは、やはり技術の面でも前に進まないと。それで、私の立場は、このエレメントを安定して跳べるよう、今その基礎を敷く必要がある、ということ。


(あなたはワールドの優勝候補の1人ですが、3A はリスクで、そのせいで狙っているメダルが捕れないなんてこともありえます。)

わからないけど、それに備えられるかどうか見てみよう。練習ではうまくできても、全部ダメになることだってある。でも、競技会は、ご存知の通り、ぜんぜん違うから。100%容易ができていても、理想的に演技ができることを期待しちゃいけない。人の心理状態は変わりやすいから、誰にも失敗しないなんて保証はない。

テーマ: フィギュアスケート | ジャンル: スポーツ

浅田真央、インドネシアのスポーツサイトが選ぶ「最も美しいアジアのアスリート」の1人に | Home | メンショフ:ワールド出場を目指しキャリア続行

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。