無料アクセス解析

カザフ主任コーチ「デニスのライバルは羽生結弦」(後)アブザルとモロゾフ

本日朝にアップした記事の続きです。深刻なアブ先不足。

FIGURE SKATING FINAL 2014-'15
シーズン総括/羽生結弦の2014-'15
羽生のライバルに直撃 ハビエル・フェルナンデス 「スケートと恋と人生と」
男女世界フィギュア速報
女王争いの行方 トゥクタミシェワ/ラジオノワ/G・ゴールド/宮原知子
特別対談 鈴木明子×本田武史 「フィギュアはここまで“進化”した」
本田真凜、望結の母が語る 「我が子をスケーターにする方法」
Number 875号は4月2日(木)発売です。



* * *

カザフスタン・フィギュアスケート主任コーチ「ワールドに出場するのはデニス・テンだけ」


http://sport.zakon.kz/4697583-glavnyjj-trener-rk-po-figurnomu.html
ジリャラ・アザンベコワ(アルマティ)

続き

(カザフスタン男子シングルのもう1人、アブザル・ラキムガリエフについてはいかがでしょうか?なぜワールドに出場しないのでしょうか。)

ルールのため、アブザル・ラキムガリエフはワールドには出場しない。カザフスタン選手権では見ることができた。難度の高い3回転ジャンプすべてを持っている素晴らしいスケーターで、4回転を跳ぶのも見たことがある。しかし、彼にはコーチ陣からの注意が足りていないと思われる。今はニコライ・モロゾフのチームで練習していてるけれども、ニコライは多くの国のたくさんのスケーターを指導する、傑出したコーチ。注意の多くを日本やロシアのスケーターに割いている。

アブザルにはあまり注意を向けてもらえず、彼はだいたい自主練習をしている。自主練習とコーチについて練習をするのでは、結果に大きな差がでる。コーチは、スケーター自信が、練習を映像に撮っても気づけないような細かい欠陥まですべて見てくれる。アブザルには、クリーンな軸、軽やかな滑り、柔らかい着氷がまだまだだと思う。

そういった細かなところから、全体の評価が積み上がる。いずれにせよ、大きな大会でカザフスタンを代表してくれるスケーターが2人いることは喜ばしい。

カザフスタンの代表チームはより強くなった。デニス・テン、アブザル・ラキムガリエフ、リーザ・トゥルシンバエワがいて、ダンスも大会に出られるようになった。ジュニアには素晴らしい男子も出てきている。トップは、テンとトゥルシンバエワ。


(ワールドにはなぜアイスダンスのカリーナ・ウズロワとイリヤス・アリ組が出場しないのでしょうか。)


2人はシニアに移行して、アンジェリカ・クリロワの下で練習している。自分たちの出場計画があって、今年は3大会、つまりザグレブの大会と、ユニバーシアード、それから四大陸選手権を目標としていた。シニアのワールドでカザフスタンを代表するためには、もっと準備をする必要がある。もっと滑りを詰めて、自信を持たないと。


(ダンスはもう1組いますが、今シーズンをパスした理由は?)

ダリン・ジュヌソフは、今、クセニヤ・コロプコワと滑っている。彼女はロシア代表だったが、すぐにカザフスタン代表として大会に出場できるわけじゃなく、間を開けなくてはいけない。このダンサーたちを待って、カザフスタンのダンスが2組になることを期待している。出場者が多くなれば、動くのも楽になる。


(最後に、上海ワールドでどんな結果を期待していますか?)

デニスが、四大陸選手権で見せてくれたような滑りで、優勝することをとても期待しているし、信じている。4回転2回、そのうち1回は3Tとのコンビネーション、3Aが2回という武器がある。難度が最も高く、華麗なプログラムになっている。一番重要なのは、集中して、クリーンにすべてを滑りきること。

(終)

テーマ: フィギュアスケート | ジャンル: スポーツ

セルゲイ・ヴォロノフ:「寝込んで2.5kg痩せたけどもう心配ない」「ワールドに戻ってくることができたんだ」 | Home | カザフ主任コーチ「デニスのライバルは羽生結弦」(前)羽生に対するデニスの優位性

コメント

織田くんもニコライはミキちゃんばっかりで僕は見てもらえてないとか言ってたな‥

2015/03/21 (Sat) 09:13 | #- | URL | 編集

コメントの投稿


非公開コメント