無料アクセス解析

エリザヴェータ・トゥクタムィシェワ:私は、浅田真央や他のスケーターのように、3Aを跳ぶ初めのうちの1人にならなくちゃいけないと決めた。

上海ワールド2015女子シングルSP後のリーザのインタビューについて、おそらくこの前に上げたものと同じ時のインタかと思われますが、詳細が掲載されているので紹介します。

非常にスケオタの評価が高いみたいですね↓
* * *


エリザヴェータ・トゥクタムィシェワ:「コーチには、3Aを跳ばせてくれないのならワールドには行かないって言った」


http://fsrussia.ru/intervyu/920-elizaveta-tuktamysheva-treneram-skazala-chto-bez-trojnogo-akselya-na-chempionat-mira-ne-poedu.html
オリガ・エルモリナ

(あんな難しいジャンプを簡単に跳びましたね!)

正直、自分でも驚いたくらい。3Aを入れたプログラムを大会で初めてクリーンに滑った。3Lzと3T-3Tのコンビネーションを跳ぶのにすごく集中した。アクセルを跳ぶと、なんでもあり得るから。跳べるかもしれないし、できないかもしれない。でもいずれにせよ、このジャンプの後は急に集中して、他のエレメンツに注意を向けなくちゃいけない。3Aを跳び始めたばかりの頃、こんな風に素早く身体を締めた後は、ずっと前からやっているエレメンツに入るのも難しくなった。

鳥肌が立ったくらい。まさか夢じゃないよね?って思った。ワールドで3Aを跳んでやった!その後も、残りのエレメンツすべてちゃんとできた。


(ウォームアップでもきれいな3Aを跳んでいました。)

ええ、いずれにせよ体の締めを感じられるよう、3Aを試さなくちゃいけないから。アクセルでは体の締め方が違ってるから、素早い回転に対して身体を準備する必要がある。


(ドイツとサンクト・ペテルブルクで2回3Aをにチャレンジしましたね。最初は全くうまく行かず、2回めは良くなりましたが、他のエレメンツがうまく行きませんでいた。ワールドは違うレベルの大会ですから、3Lz(※原文ママ)をワールドで跳ぶか跳ばないか、迷いはありませんでしたか?)


いいえ、コーチたちにはまっすぐに、3Aを跳ばせてくれないならワールドには行かないって言ってた。コーチたちは、もしかすると迷っていたのかもしれないけど、私は違う。フィギュアスケートは成長しなくちゃいけない。将来は女子もこのジャンプを跳ぶようになる。3Aはこんな夢か幻のようなエレメンツじゃなくて、普通のエレメンツになる。フィギュアスケートは前に進まないといけない。私は、浅田真央や他のスケーターのように、3Aを跳ぶ初めのうちの1人にならなくちゃいけないと決めた。ショートでクリーンに滑って2位にはなりたくない。


(点数には満足ですか?)
ええ、私の計算だと、だいたい獲れるはずの点数がもらえたと思う。


(なぜこのジャンプをフリーではなくショートに入れたのでしょうか?)


フリーには入れない。だって、3Aの後にまだ7つもジャンプを跳んで他にもエレメンツをしなくちゃいけないのは、精神的にとってもつらいから。それに、プログラムを作り替えたり、音楽も作りなおさなくちゃいけなくなるから、ワールドまで残された時間では不可能だった。


(3Aを跳び始めたのはいつですか?)


クリーンにうまくできたのは、お正月の後のタルトゥ合宿。その後練習で3Aを試して、大会でも2回跳んでみた。アクセルを跳び始めたのは、だいたい2ヶ月半前。


(ワールド前にも、あなたが3Aを跳ぶということが知られていました。そのため、あなたは自動的に注目の的になったわけです。身の回りでの盛り上がりにはどう対処しましたか?)

すべてのことに表面的な態度をとってた。それにコーチたちにも、自分の仕事をして周りの雑音には注意を向けるなって言われていたし。ただ滑って、あとは様子を見よう、って。

テーマ: フィギュアスケート | ジャンル: スポーツ

セルゲイ・ヴォロノフ:ウォームアップと演技の間に麻酔を射ってくれた医者のお陰で、助かった | Home | トゥクタムィシェワ:ワールドで3Aを跳ぶ夢を見たかと思った

コメント

コメントの投稿


非公開コメント