無料アクセス解析

エリザヴェータ・トゥクタムィシェワ:生活はまったく変わっていない(前)来シーズンはフリーにも3Aを組み込みたい

リーザが拠点にしているサンクト・ペテルブルクの夕刊紙にリーザのインタビューがありましたので、前後編で紹介します。

 * * *


エリザヴェータ・トゥクタムィシェワ:生活はまったく変わってない


http://vppress.ru/stories/Elizaveta-Tuktamysheva-Moya-zhizn-niskolko-ne-izmenilas-29400
ヴェチェルヌィ・ペテルブルク

スーツケースにパンダが入りきらなかった



(フリーの後、ワールドで優勝したと感じられていなかったような印象でした。得点が発表された後も、コーチと何か落ち着いた握手をして、政治家がよくやるような「大きな満足」の表情をされていました。)

ええ。演技のすぐ後は、フリーを滑って空っぽになっていたので。それに、疲れてたから。やり遂げたことについて、感情や意識はあとからやってきたの。


(ストックホルムでのユーロで初めて採用されて、上海ワールドでもあった、「緑の部屋」はどうでしたか?滑り終わったスケーターがその後にリンクインするライバルたちの演技を見るという…。)

うん、悪くないと思う。自分のあとに滑る人の反応を見るのは面白い。まだ2回しかやってないけど、気に入ってる。


(あなたがこの緑の部屋でエレーナ・ラジオノワで抱き合いながら座っていた場面を覚えています。)


ほら、見てのとおりもう落ち着いてたの。一番大切なのは、滑り終わって、それが悪くなかったということ。


(あなたが以前言っていましたが上海で優勝した後、ワールドの期間中夢見ていたショッピングをする時間はありましたか?)

残念ながら、その時間はなくて。エキシの準備をしなくちゃいけなかったから。その他にもたくさんやることがあったし…。


(上海からぬいぐるみを持って帰ってこなかったのはどうしてですか?あなたのためにあんなにリンクに投げ入れられたのに!あんな大きなパンダも…。)

残念だったけど、大きすぎてスーツケースに入りきらなかったから、全部は持ってこれなかったの。でも全部まとめてあったから、もしかすると大会側があとで送ってくれるかも…。


(今、あなたの生活は変わる、あるいはもしかするとすでに変わったとお感じですか?ワールドで優勝してから。)

いいえ、まだそうは感じてない。自分が変わろうと思ってもいないし。


4回転ジャンプはまだ早い



(上海の話に戻りましょう。ショートでは3Aに彩られた華麗な演技を見せてくれましたが、自分でも驚いたとおっしゃられていましたね。いったいどうやって、すぐに自分を取り戻したのでしょうか。また、ショートとフリーの間の2日間はどのようなお気持ちで過ごされたのでしょうか。)

ええと…ショックはだんだんと抜けていって、地面に足をつけてフリーの練習を続けないといけないっていう感覚が戻ってきた。私のショートの演技について、本当にいろいろな話がされていたから。だから、そこから距離を置かないといけなかった。

(中略)

(さてライバルたちに新しいサプライズは用意していますか?例えば、4回転トウループやサルコウのような。)

今のところ大切なのは、到達したものを補強すること。休みは2日間だけとって、それから練習を続け、日本での国別対抗戦の準備をする。来シーズンは3Aをフリーにも組み込みたい。4回転については話すのはまだ早い。


(来シーズンは、アデリナ・ソトニコワやユリヤ・リプニツカヤが戻ってくることが期待されます。エヴゲニヤ・メドヴェデワやセラフィマ・サハノヴィチも成長しています。それに、エレーナ・ラジオノワやアンナ・ポゴリラヤもどこにも行きません。アリョーナ・レオノワのことも忘れてはいけませんし。なのに、ワールドとユーロのロシアの枠はたった3つしかないのです…。)


でも、競争があるっていうのはただただ素晴らしいこと。競争がなければ、ロシアのフィギュアスケートに進化もなかったかもしれない。

(続く)

※更新しました
ロシアン・フィギュアスケート・フォレヴァ - エリザヴェータ・トゥクタムィシェワ:生活はまったく変わってない(後)ボレロを採用するのに心配はなかった

テーマ: フィギュアスケート | ジャンル: スポーツ

2015/16シーズン主要国際大会日程一覧 | Home | スケート靴を履いたマタドール(後)ユヅルと一緒に練習できるのは運が良かった

コメント

コメントの投稿


非公開コメント