無料アクセス解析

アンナ・ポゴリラヤ:ハードルをすごく下げてしまったとよく理解している(後)クリーンなのにリーザとレーナに得点差があった

昨日のポゴリラヤインタの続きです。新しいジャンプも楽しみですが、怪我だけはなきよう祈願。

ロシアン・フィギュアスケート・フォレヴァ - アンナ・ポゴリラヤ:ハードルをすごく下げてしまったとよく理解している(前)なんにもできないことを受け入れられなかった

 * * *

アンナ・ポゴリラヤ:ハードルをすごく下げてしまったとよく理解している。


http://rsport.ru/interview/20150407/821340586.html
マリヤ・ボロヴィヨワ/R-Sport

続き

どこに問題があったのかはまだわからない



(アーニャ、シーズン当初には、準備は冷静に進めていて、コンディションも良く、プログラムは面白いのができあがったとおっしゃっていましたね…。シーズン中の演技の不安定さの問題はどこにあったのでしょうか?)

それは難しい問題。練習中は、本当にこんな風になるなんて予兆は全然なかったから。今シーズンはいっぱいいっぱいだった。最初は元気に始まって、最後は静かに終わるっていう…。ユーロでは銅メダルを獲ったけど、唯一心残りなのは、レーナ・ラジオノワとリーザ・トゥクタムィシェワとの得点の差が大きかったこと。みんなクリーンに滑ったようだったのに、20点近くも離されるなんて、理解するのは大変だった。もちろん、いずれにせよメダルは獲れたとみんな慰めてくれたけど、自分ができることすべてをやったのに得点が全然高くなかったことが気になった。銅メダルはとても嬉しかったけどね!


(ワールドではミスがなかったわけではありませんが、別個にアクセルを跳んだトゥクタムィシェワのショートの点数を見ると、宇宙的な点数でしたが、どうお考えですか?)

新しいジャンプを学ぶしかない。他に何があるの(笑)?来シーズンにはもう、何か驚かすことができるよう頑張る。4Tはもう試してみたけど、いつも半回転足りなくて、氷にお腹を打ったりひどい倒れ方をした。3Aも、ずっと前のことだけど試したことはある。でもそれも回転が足りなくて、膝を強く打ったりして。なんとか、もっとよく考えて、こう言った難易度の高いジャンプを習得する問題にアプローチしないといけない。もしかすると、専門家を招待しないといけないかも。


(トゥクタムィシェワが女子シングル全体を前に動かす刺激を与えたことには同意されますか?)


ママは前から新しいジャンプを学ぶ必要があると言っていたけど、私たちは3年間ずっと同じことを繰り返していた。リーザは、自分を例にして、私たちみんなを新たな段階に推し進めてくれた。


(全体的には、今シーズンにはまったく満足していないようですね。)


もちろん!特に、昨シーズンは最後に初出場したワールドで4位だったから、今シーズンはハードルがすごく下げてしまったとよくわかってる。練習ではまったく問題なかったからなおさら、コーチも私も、なんでこんなことになったの?って茫然とした。気持ちの問題なのか、それとも他にも何かあるのか。でも今のところ、どこに失敗があったのか、特定はできてない。


(今後の練習計画はご存じですか?)


今の優先課題は試験だけど、その後は新シーズンのことを考える。でも、正直言うと、今後何が待っているのかを考えるのも全然できてない。でも、このあまりにもストレスが多かったシーズンから、新たな波へと切り替えられるよう頑張らなくちゃね。

テーマ: フィギュアスケート | ジャンル: スポーツ

エレーナ・ラジオノワ:今シーズンには大満足(前)浅田真央と同じ大会に出られたっていう幸運に巡りあえた | Home | アンナ・ポゴリラヤ:ハードルをすごく下げてしまったとよく理解している(前)なんにもできないことを受け入れられなかった

コメント

コメントの投稿


非公開コメント