無料アクセス解析

浅田真央の帰還【ロシア論評記事】(前)

浅田真央の復帰について、Sport Expressのヴァイツェホフスカヤ記者が論評記事を書いていますので、2回にわたり紹介します。

原発言を細かくチェックしたわけではないので何とも言えませんが、結構ニュアンスが違う書き方になってるような・・・?

(追記)後編をアップしました。
浅田真央の帰還【ロシア論評記事】(後)彼女は再びプリマになれるのであろうか?

浅田真央の帰還


http://www.sport-express.ru/figure-skating/reviews/877308/
エレーナ・ヴァイツェホフスカヤ / Sport Express

彼女はそれでもやはり戻ってきた。

浅田真央が復帰すること、あるいは、少なくともそれに向けて全力を尽くすであろうことは、3月にはすでに明らかだった。この3度の世界女王が、ほぼ1年にわたるインターバルを経て、真剣な練習を再開したときから。

浅田が佐藤とともに練習を開始したのは、2010年9月という、最近のこと。ラファエル・アルトゥニヤン、タチヤナ・タラソワといったロシア人を含む、多くの指導者の列の後のことだった。月曜日に日本で行われた記者会見。自分をきちんとした状態に完全に戻すまでは、コーチに見てもらえるようお願いすることはできないと思っていたことを、真央はそこで確認した。2014ワールド後、1年間休んだことについて、彼女はこう語った。

「誰に対しても秘密にすることではありませんが、オリンピック・シーズンは、とても大変なものになりました。特に、精神的な面で。空っぽになったし、ある程度、自分と残した成績についてがっかりしたというのもあります。オリンピック前は、日に16時間も練習しなくてはいけませんでした。言い換えれば、1年半もの間、リンクと練習以外に何も見ていませんでした。生活のすべてが唯一の目的の追求に捧げられていました。すべてが終わったとき、世界はリンクの周りだけを回っているわけではない、という思いにとらわれるようになりました。フィギュアスケートというのは、私の人生の一部でしかない。周りには、面白いこと、美しいもの、知らないことがとてもたくさんある。そして、もし私が立ち止まらなければ、それらすべては私のそばを通りすぎていってしまうかもしれない、そういった思いに。」

* * *

競技を休んではいたものの、浅田は時間を無駄に過ごすことはしなかった。大学院を修了し、学位を取り、振付にも力を入れ、新しい音楽を聴いて自身の「音域」を広げた。その中で、ますますこんな思いが浮かぶようになった。十分に長く、またタイトルに恵まれたキャリアではあるけれども、氷上で何か大切なことは言いきれていないのではないか。こんなにまでリンクが意識を離してくれないのであれば、つまり、帰らなくちゃいけない。

そして、再び記者会見の場。

「冬にはもう、氷上で良い仕事ができたときの嬉しさという感情を懐かしく思っている自分にふと気が付きました。たぶん、そのときに初めて、私はまだリンクでやっていないことがある、そう思ったのでしょう。ファンとの交流も大きかったと思います。休んでいる間に、私にありがとうと言ってくれて、また復帰を願ってくれるお手紙を皆さんからとてもたくさん頂きました。そういったお手紙を読むのは、涙がでるくらい嬉しかった。

ソチ・オリンピックと埼玉ワールドでの演技は、技術的には理想的なものではありませんでした。今振り返ると、何が失敗の原因だったかがわかる気がします。それらを直し、より良い結果に到達するための力、意欲そして可能性が私にはあります。

復帰は新たな意味を持つべきだとは思っていますが、そのためには、プログラムの振付での新しさと、技術的な面での難易度の両方に関連した、なにか新しいものが必要です。私はまだその準備ができていません。怪我を避けるためには、体力的にもより強力なトレーニングをしなければなりません。でも、もう1シーズン休むつもりはありません。

今のところ、プログラムの大まかな準備をしているところです。以前の叙情的なスタイルを残そうと考えています。しかし、なるべく早く最大限の負荷にまで上げるために、生活の習慣を壊すのは浅はかなことです。コーチも同じ考えです。

どれだけ早くジャンプを戻して、以前のレベルに到達できるのかはわかりませんが、1年間のお休みで技術に破滅的な影響があるとは思っていません。氷上での動きの1つ1つを覚えていると思っています。一方で、どんな行動にもその結果というものはつきまといます。1年も休んだ後にリンクに入って、すぐに4回転ジャンプが跳べるはずはありません。日々の練習、氷上での経験の蓄積、新しい経験が必要です。皆さんのご期待に応えられるよう、全力を尽くします。」

続く

テーマ: フィギュアスケート | ジャンル: スポーツ

浅田真央の帰還【ロシア論評記事】(後)彼女は再びプリマになれるのであろうか? | Home | フィギュアスケート・マスターズへの道(6)とりあえず振付完了、しかし問題が…

コメント

コメントの投稿


非公開コメント