無料アクセス解析

ケガ は 靴 の せい ・・・ ?

12月に入ってから、レッスンをほとんど受けられていません。
スケートの練習で転んで足首を捻った、というのであればすぐにでもブログのネタにして「気をつけましょう」的にまとめられたのですが。先週末にウクライナのキエフに遊びに行ったときに、街を歩いていたら右足が痛みだして、まともに歩けなくなりました。捻ったわけでも転んで打ったわけでもなく、踏み込むときに右足のかかとに近い部分の外側が痛くて歩けない。原因が分からないので、不安になって病院に行ってみました。

診断結果は、1)痛風か2)足底筋膜炎のどちらか、ということで、九分九厘2)。足のカーブに合わない靴を履いて長距離歩いて、負担がかかったのが悪いらしい。

でも、お医者さんに言わなかったことがある。
その靴でキエフを散歩している時、ループ・ジャンプの陸トレをしていたことを・・・。



そりゃ負担がかかるわな。確かに痛い部分はループの踏切で力が入る部分だ。

上半身の回転を下半身より遅らせて回転速度を上げるという意味が分かりかけて、ちょっとがんばっちゃったんですよね。その陸上ジャンプではループの1回転が楽にできるようになって嬉しかったのですが、そのせいで、今週もレッスンをお休みしてしまいました。だいぶ良くなったので、来週からは復帰したいのですが、忘年会シーズンのため1回できれば御の字の状態。社会のしがらみから外れて自由になりたい!とはあんまり思っていないのですがお付き合いよりもスケートをやりたい気持ちがあるのは否定できないです。伊代はまだ16だし。

ただ、上の動画を見ても分かると思いますが、シングル・ループには回転速度は要らないんですけどね~。きちんと踏み切りができていないので高さと幅がないのがそれ以前の問題かと。

というわけで、陸トレをするときにはちゃんと足のアーチにフィットする靴を履いてやりましょう、という教訓でございました。


テーマ: フィギュアスケート | ジャンル: スポーツ

2011年1回目 自主練メニュー | Home | フィギュアスケートは武道である

コメント

コメントの投稿


非公開コメント