無料アクセス解析

GPF男子FS羽生結弦タラソワ解説:本物の男の滑りでした

GPF男子FSで1位の羽生結弦タラソワ解説です。聞き取れる範囲で訳してみました。まだ他の人を見れてない…全日本、というか全露までには・・・!

タラソワは解説もうやらないんですかね…?確かにGPFとか長丁場で大変そう。



1 羽生結弦

219.48=120.92+98.56
※すこしピッチ変えて音をずらしてるみたい

タラソワ:この音楽で、この動きで…日本の音楽が彼に何か力を与えてるように見える。

(4-3)やった!

プログラムの最後にこんなステップ…どこから彼は力を得ているのかしら…。

日本は彼をどれだけ長いこと待っていたのか。どれだけ彼を日本全体で愛してるのか。それは、彼がどれだけ練習をしているのか、そして彼の潜在力を見ていたから。限界はないということを。やっぱり、この日本の音楽が彼にさらなる力を与えていると思う。

もう完璧。彼はもう1本4回転が跳べるでしょうね、笑いながらでも。

優勝したペア(ストルボワ・クロモフ)も見ていたのね、彼らも理解していることでしょう。彼らも、人間離れした練習や才能、コーチの言うことを聞き入れる能力、それらすべてををここに見ている。彼らも諦めることはないでしょう。新しい世代だから。

ただただありがとう。ここに居られたこと、この演技を見る歓びを得られたこと、コメントができたことに。コメントすることは何もないけど。ただ、今日の完全に天才が滑っただけ。してきた練習は明らか。もう何年も、羽生が何度も転んで、立ち上がって、学んで、さらにその先へと進んできたか、私たちは見てきた。

そして今、彼はいかに強くなったかを見ている。(ジャンプで)彼の肩は下がらずに開かれ、拡げた両手が素晴らしく機能している。今日、本日見てくれたみなさん、ありがとう。とてもおもしろかったでしょう、これからも見てくださいね。あとは何もすることが残ってない。彼の滑りは私たちが何かすべき可能性を与えてくれないから…何か儀式をする必要もない。彼自身がシャーマンだから。

(解説:これからオーサーは何をすればいいんでしょう。彼は引退してしまうのでは。)何言ってるの、まったく逆よ。なんで彼が引退しなくちゃいけないの。彼はもっとうまくいく、そう思う。私も教えてたけど、優れたスケーターを教えるのは大きな幸せなの。彼は他の人も指導することでしょう、他のこともするでしょう。教えることに飽きなければ。

やっぱり男子は一番面白いわね、男性たち、ありがとう、こんな歓びを伝えてくれて。女子も今日とても良かったけど、青年はやりたいことをやり遂げた、滑りきった。彼は子供の頃いつも泣いてたのを覚えてる。全身全霊を捧げたから。本物の男の滑りでした。

(解説:本日はアレクサンドル・グリシンとタチヤナ・タラソワでした、またフィギュアスケートでお会いしましょう)私はそうは思わないけど。

テーマ: フィギュアスケート | ジャンル: スポーツ

羽生結弦:自分のことだけを考えるなんてできない(前)ルッツとループはまだ十分な質ではない | Home | JGPF男子FS:1チェン2アリエフ3ゾウ4山本5サモヒン6サドフスキー

コメント

No title

いつも楽しみに拝見しております。ぜひ、他の選手についても、タラソワさんと解説者の話している内容が聞いてみたいです。翻訳をお願いします!

2015/12/17 (Thu) 13:34 | lemontea #JnL5IrC6 | URL | 編集

コメントの投稿


非公開コメント